CPU情報

AMD Ryzen 5 3500 6コア、6スレッドCPU仕様リーク-最大$150の価格帯を目指して、最大4.1 GHzクロック

投稿日:

AMDは、OEMと消費者の両方に間もなく発売される新しいRyzen 3000プロセッサの開発を静かに進めています。 新しいプロセッサには、TUM_APISAKによってリークされたRyzen 5 3500などのモデルが含まれています。

AMD Ryzen 5 3500は最高のバリューCPUを目指します– 6コア、最大4.1 GHz、約150米ドル

AMD Ryzen 5 3600はすでに199ドルで販売されていることを考慮すると、AMD Ryzen 5 3500は間違いなく150米ドルのバリュー市場を目指しています。

X以外の多くのRyzen 3000シリーズプロセッサがここ数週間でリークし始めており、これもその1つです。

200米ドル未満の市場にはまだ拡大の余地があるため、AMDは新しいオプションを追加しています。

彼らがこれまで持っていた(200ドル未満の)唯一のRyzen 3000製品はRyzen 5 3600でしたが、下端はまだZen+アーキテクチャに基づいているRyzen 3000 APUでカバーされています。

さて、仕様を見ると、Ryzen 5 3500は6つのコアと6つのスレッドを特徴とします。

そうです、この部分ではマルチスレッドが欠落しているので、12スレッドを手に入れるにはさらに50ドルほど払わなければなりません。

このチップは、3.6 GHzベースと4.1 GHzブーストのクロック速度を備えていると言われており、チップを手動でオーバークロックすることもできます。

X以外の部品を考慮すると、Ryzen 5 3500は65WのTDPを搭載できます。

プロセッサは、3DMark Firestrike Physicsベンチマークでも12,800ポイントを獲得しています。

 

AMD Ryzen 3000 シリーズ CPU ラインナップ

CPU名Ryzen 5 3500Ryzen 5 3600Ryzen 5 3600XRyzen 7 3700Ryzen 7 3700XRyzen 7 3800XRyzen 9 3900Ryzen 9 3900XRyzen 9 3950X
コア数/ スレッド数6/66/126/128/168/168/1612/2412/2416/32
ベースクロック3.6 GHz3.6 GHz3.8 GHz不明3.6 GHz3.9 GHz4.1 GHz3.8 GHz3.5 GHz
ブーストクロック4.1 GHz4.2 GHz4.4 GHz不明4.4 GHz4.5 GHz4.3 GHz4.6 GHz4.7 GHz
キャッシュ (L2+L3)35 MB35 MB35 MB36 MB36 MB36 MB70 MB70 MB72 MB
PCIe レーン数 (Gen 4 CPU+PCH)404040404040404040
TDP65W65W95W65W65W105W65W105W105W
価格(USドル)$149 US?$199 US$249 US$279 US?$329 US$399 US$449 US?$499 US$749 US
価格(日本円)20,000程度26,16030,86036,820程度43,41851,25157,673程度65,61898,492程度

※ 黄色の欄はは未発売のモデル、日本価格はamazonの販売価格(マーケットプレイスは除く)。未発売の日本価格に関しては現行モデルの価格から計算した概算を示しています。

 

このチップの競争相手は、IntelのCore i5-9500とCore i5-9400Fです。

両方のプロセッサーは、それぞれ200ドル以下の米国市場で販売され、200ドル以下の市場に置かれています。

Core i5-9400Fの小売価格は、Intelが公式にリストしているものと比較してはるかに低く、145ドルという低価格で入手できます。

また、これらのプロセッサは、クロック速度が異なる6つのコアと6つのスレッドをロックします。

Core i5-9500はより高い3.0 GHzベースと4.4 GHzブーストで調整され、Core i5-9400Fは2.9 GHzベースと4.1 GHzブーストクロックで調整されています。

両方のCPUは65W設計であり、Ryzen製品のクロック速度を考慮すると、近接した競争となります。

Ryzen CPUは明らかに最新の7nmアーキテクチャを採用しているため、ほとんどの場合、比較的低価格で比較的簡単にIntelベースのパーツを優位に立てることができます。

また、PCIe Gen 4.0のサポートと、それに対応する機能豊富なX570プラットフォームも優れています。

CPUが150ドルで発売される場合、150ドル以下のまともなオプションを探しているメインストリームユーザーにとって間違いなく市場を大きく揺さぶる存在になります。

ソース:wccftech  - AMD Ryzen 5 3500 6 Core, 6 Thread CPU Specifications Leak Out – Up To 4.1 GHz Clocks, Aiming The $150 US Price Point

AMD Ryzen Logo

解説:

AMDのCore i5 9400/FキラーRyzen 5 3500が登場します。6コア6スレッド、ベース3.6GHz、ブースト4.1GHzとかなり近接したスペックでintelの売れ線CPUであるCore i5 9400/Fの市場を奪いに来ているのは明らかでしょう。

Core i5 9400/Fは6コア6スレッド、ベース2.9GHz、ブースト4.1GHzですから、ほぼ同一のスペックと言ってもよいと思います。

価格もほとんど同じ、PCI Express4.0に対応して、プラットフォームの互換性も保証されているSocketAM4だと将来のアップグレードも見込めますから、Ryzen3000シリーズの性能を考えるとかなりお買い得なCPUと言えるのではないでしょうか。

8コア16スレッド、12コア24スレッド、16コア32スレッドは買えないけど、Ryzen3000シリーズは使ってみたい、また、来年にはRyzen4000シリーズが出ますので、新製品が出て価格が下がったら12コアなり16コアの上位製品も購入したいと思っている方にとってはかなり良い選択だと思います。

そういったことも考えるとゲーミングPC向けの最下限のCPUであるCore i5 9400/FとモロにぶつかるRyzen 5 3500はかなり貴重なCPUでもあると思います。

今回話に上がったRyzen 5 3500も含めて、まだ4モデルが発売予定ということです。

これらのラインナップが揃えば品薄もかなり解消されるのではないかと思います。

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.