CPU情報

Intel Core i9-13900KS 6GHz Raptor Lake CPUのベンチマークがリーク、12900KSと比較してシングルで最大19%、マルチスレッドで55%高速に。

投稿日:

At Intel Innovation on Sept. 27, 2022, Intel revealed its new 13th Gen Intel Core processor family powered by Intel’s performance hybrid architecture. The new processor family launched with six new unlocked desktop processors. (Credit: Intel Corporation)

Intelの6GHz CPU「Core i9-13900KS Raptor Lake」の最初のベンチマークがリークされ、既存の「KS」チップを大幅に改良していることが明らかになりました。

IntelのCore i9-13900KS 6GHz "Raptor Lake" CPUがCPU-z Benchmark LeakでCore i9-12900KS 5.5GHz "Alder Lake" を引き離す。

Intel Core i9-13900KSは、Raptor LakeのフラッグシップCPUとなり、24コア32スレッド、8Pコア16Eコアの構成となる。

CPUのシングルコアのブーストクロックは6.0GHz(1-2)コアで構成される。

このCPUは、68MBの複合キャッシュを搭載し、253Wを超える125WのPL1定格を実現する予定。

また、今回詳しく紹介した「エクストリームパフォーマンスモード」使用時には、最大350Wの電力を消費するCPUとなる。

  • Core i9-13900KS 8+16 (24/32) - 3.2 / 6.0 GHz - 66 MBキャッシュ、125W (PL1) / 253W (PL2)+)
  • Core i9-12900KS 8+8(16/24) - 3.4 / 5.5 GHz - 30 MBキャッシュ、125W(PL1)/ 241W(PL2)

Intel Core i9-12900KSと比較して、Core i9-13900KSは最大クロックが500MHz向上しており、オールコアの周波数も高速化されているはずです。

これにより、より多くのコアとスレッドを提供するため、特にマルチスレッドタスクにおいて大幅な性能向上を実現することができます。

Intel Core i9-13900KS 6GHz Raptor Lake CPUは、シングルコアテストで982.5点、マルチスレッド性能テストで18453.4点を記録しています。

Core i9-12900KSと比較すると、シングルスレッド性能で19%向上していることになる。

また、13900Kと比較して9.5%、Ryzen 9 7950Xと比較して25%、Ryzen 9 5950Xと比較して52%高い性能を記録しています。

マルチスレッドテストでは、Core i9-12900KSと比較して最大55%、i9-13900Kと比較して9%、Ryzen 9 7950Xと比較して18%、Ryzen 9 5950Xと比較して56%高速化されています。

 

 

 

CPUがどのような条件でテストされたのか、例えば、どのマザーボード、冷却、チップが純正速度で動作していたかどうかなどの情報は得られていません。

しかし、1つだけ確かなことは、このチップはAMDのRyzen 7000製品よりもはるかに多くの電力を消費することです。

第13世代Raptor Lake CPUの初期ラインナップは10月20日に発売される予定だが、Intel Core i9-13900KSは2023年初頭に数量限定で発売されることになるだろう。

価格設定は、米国で699~749ドルという数字に近いものになるはずだ。

ソース:wccftech - Intel Core i9-13900KS 6 GHz Raptor Lake CPU Benchmarks Leaked, Up To 19% Faster In Single & 55% Faster In Multi-Threaded Versus 12900KS

 

 

 

解説:

掟破りの最終兵器Core i9-13900KS

遂にラスボス登場。

Intelの最終兵器13900KSの噂が聞こえてきました。

性能は圧巻です。

6GHzに達するシングルコアブースト、圧倒的なシングルスレッド性能とマルチスレッド性能・・・。

しかし、その代償はあまりにも大きく、350Wと言う消費電力を要求するようです。

Threadripper以上と言う超ド級の消費電力でちょっと驚きです。

RTX4090はカスタムモデルは最高600Wに届くのではないかと言う話ですから、出来るだけ安く上げたかったら13900無印とRTX4090を組み合わせるのがいいかもしれません。

850Wだと13900K/KF/KSだとギリギリと言うかオーバーしそうな感じです。

これにハイエンドマザーとOCメモリとNVMeSSD、HDDなどを搭載するとオーバーしてしまうかもしれません。

それでも6GHzのシングルスレッド性能をたたき出す13900KSと言うモデルには価値があると思います。

今後、こうしたフラッグシップCPUはゲーマー向けではないという風になるかもしれません。

CPUに金をかけるよりはGPUをワンクラス上にした方がゲームは絶対快適になりますからね。

 

 

 

 

第13世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.