CPU情報

Intelは、Cinebenchを除くすべてで、第9世代のコアCPUラインアップがAMD Ryzen 3000よりも高速であることを示し、「実際の使用」パフォーマンステストを示しています

投稿日:

インテルが実世界のパフォーマンスベンチマークを使用して競合製品と比較してプロセッサをテストすると述べたComputex 2019を思い出してください。

Intelは「Real World」ベンチマークでAMD Ryzen 3000 CPUよりも優れた高速の第9世代Core CPUを示しています

Intelの実際の使用パフォーマンステストには、消費者が使用している最も人気のあるアプリケーションが含まれています。

これらのテストの目的は、特定のニッチを対象とするアプリケーションではなく、使用するアプリケーションで実際のパフォーマンスをユーザーに提供することでした。

Intelは、AMDとIntelがプロセッサのパフォーマンスを比較するために使用する人気のベンチマークであるCinebenchがレビュアーによって広く使用されていると主張していますが、実際に使用または実行したユーザーは全体の0.54%に過ぎません

現在、Intelはこれらの「Real-World」アプリケーションに基づいたパフォーマンスデータをリリースしており、結果は非常に興味深いものです。

繰り返しますが、Intelはこれらのテストに最も一般的な日常使用アプリケーションを使用しており、特定のニッチを対象とし、ハイエンドのデスクトップおよびワークステーションプラットフォームに適しているCinebenchのようなものよりも、主流のPCエクスペリエンスのより良い指標であると主張しています

インテルは間違いなく主流の数字を目指しており、HEDT市場でのパフォーマンスと価値空間の減少を考えれば、これらのテストがリリースされている理由を容易に理解できます。

 

Intel Real-World Usage Performanceスライド(画像クレジット:XFastest):

※ クリックで別Window・タブで拡大します

Sysmarkで使用されているベンチマークの1つには、最も一般的に使用されるアプリケーションのリストが含まれています。Intelは、それをReal-Worldアプリと呼んでいます。

その結果、インテルは、第9世代のCore i9およびCore i7プロセッサーの上位をAMDの最速Ryzen 9 3900Xと比較しました。 Intel Core i9-9900Kは8コアと16スレッドを誇り、Ryzen 9 3900Xは12コアと24スレッドを誇ります。

 

Sysmark 2018(Windowsデスクトップアプリケーションのパフォーマンス)では、Core i9-9900Kは7%高速でしたが、Core i7-9700KはAMDのRyzen 9 3950Xよりも3%高速でした。 AAA PCゲームでは、Core i9は6%でしたが、Core i7はAMDの12コアを2%上回っていました。

計算集中型ベンチマークパフォーマンス(SPECrate2017_int_base 1T)は、Core i9のシングルコアパフォーマンスが9%向上し、Core i7プロセッサのパフォーマンスが6%向上しました。

Webパフォーマンス(WebXPRT 3 – Edge)では、Core i7がRyzen 9 3900Xプロセッサーと同等であったのに対し、Core i9は3%高速でした。

最後に、Ryzen 9 3900X CPUのCore i9が0.65xを提供し、Core i7が0.49xのパフォーマンスを提供したCinebench R20マルチスレッドベンチマークがあります。

Cinebenchベンチマークは、AMD CPUがリードする唯一の比較テストであり、Core i9は他のすべてのベンチマークでリードしていることが示されています。

特にゲームテストに関しては、AMDはAssassins Creed:Odyssey and Ashes of the Singularityでのみリードすることが示されましたが、Core i7-9700Kは複数のタイトルでライバルよりも優れており、残りの部分では同等でした(+/- 3%)

しかし、IntelがCPUをAMDと比較したパフォーマンスの側面はベンチマークだけではありませんでした。

インテルはまた、実世界の流体シミュレーションベンチマークを使用して、IMC(メモリコントローラー)のパフォーマンスを示しました。 このテストでは、Core i7-9700Kが15分でシミュレーションを終了し、AMD Ryzen 9 3900Xが完了するまでに17分かかりました。

Intelが指摘するように、この特定のテストはメモリに大きく依存しており、IntelはAMDのInfinity FabricのコアからDRAMへの遅延が75ns、コアからコアへの遅延が78nsであると主張しています。

IntelのCore i7-9700KのDRAM遅延は62ns、コア間遅延は44nsです。

これらのベンチマークは興味深いものですが、Ryzen 3000シリーズプロセッサに関する私たち自身のレビューと他のテクノロジーアウトレットからのレビューはまったく異なる絵を描いていると述べたいと思います。

Ryzen 3000製品は、AMDがこれまでに提供した中で最も競争力のあるラインナップであり、優れたシングルスレッドパフォーマンスの向上と、さらに優れたマルチスレッドブーストを提供します。

繰り返しますが、これは主流の消費者の考え方を変えるインテルの宣伝スタントのように感じますが、現時点では市場シェアを見ると、intelは支持されているとは言い難いです。

Intel:AMDは素晴らしい仕事をしましたが、最高性能のCPUをまだ持っています

上のスライドに示した内容を繰り返して、IntelのTroy Seversonは、Gamescom 2019でPCGamesNに、パフォーマンスギャップを埋めることでのAMDの成果を認めながら、依然として最高のCPUを持っていると述べました。

「1年前にi9 9900Kを発表したとき、IntelのTroy Seversonは言います。「世界最速のゲーミングCPUと呼ばれていました。そして、何も変わっていないと正直に言うことができます。依然として世界最速のゲーミングCPUです。最近競争から多くの報道を聞いたと思いますが、外に出て実際に合成ベンチマークではなく実際のテストを行いますが、プラットフォームでこれらのゲームがどのように機能するかを実際にテストします。 Ryzen 9 3900Xに対して9900Kをスタックします。
彼らは12コアを実行しており、8コアを実行しています。」

「だから、あなたは私たちの競争から多くのものを聞いています」とセヴァーソンは言います。」私は非常に正直に、非常に率直に言って、例えば、彼らはギャップを埋める素晴らしい仕事をしました、しかし、私たちはゲーム用に業界で最高のパフォーマンスを発揮するCPUを保有しており、その優位性を維持します。」

PCGamesNでIntelより

数か月前、Intelの内部メモが流出し、Ryzen、Ryzen Threadripper、およびEPYCプロセッサでAMDの進歩にアクセスしていることを明らかにしました。

その間、AMDはサーバー、デスクトップ、ノートブックPCを含むすべてのセグメントでIntelからCPUシェアを奪い取っています。

AMDは最近、第2世代のEPYCサーバープロセッサを発売し、ほぼすべてのセグメントでIntelのXeonシリーズにヒットしました。

Intelが2020年までデスクトップパーツに14nmを使い続けているのはもう秘密ではありませんが、AMDは同じ年にさらに高度な7nm +を導入します。

Intelがデスクトップ部門で大幅な進歩を遂げない限り、またはそれまでは、AMDはライバルに対して支配的な地位に留まることをやめません。

ソース:wccftech - Intel Shows That Their 9th Gen Core CPU Lineup Is Faster Than AMD Ryzen 3000 In Everything Except Cinebench – Shows ‘Real Usage’ Performance Tests

 

解説:

まあ、仕事である以上、明確に自社製品が劣っていてもポジショントークせざるを得ないのでしょうが、やはりこういうのは見苦しいなと思います。

仕事でなくてもWEB上で必死にintelのためにポジショントークしている人たちがいるのですが、あれは何なんですかね(笑

Pentium4時代にはありましたが、今はさすがに露骨に事実と違うことを言ってしまうとSNS経由で大炎上してしまいますので、今ではうかつなことは言えません。

以前「超珍記事」について書きましたが、海外でintel大本営経由で超珍記事を出しているところがあるようですね。

私が各社のオフィシャルでおかしな発表のことを「大本営発表」と揶揄することがありますが、こういうことですね。

※ 第二次世界大戦末期、大日本帝国軍部が実現不可能な作戦を立てて多くの貴重な将兵を無駄死にさせたことからとっています。それでも大本営発表は「大勝利」と流されていました。

うちのサイトでもベンチマークの結果をいくつか翻訳しています。

参考:AMD Ryzen 9 3900X、SMTオンvs SMTオフ、vsインテル9900K

Ryzen 9 3900Xだとこちらですかね。

これを見ればわかる通り、一部のテストを除いてRyzen9 3900Xが勝っています。

元記事の中にもありますが、wccftechの行ったテスト結果もintelの主張とは大幅に異なっています。

まあ、intelの主張する測定環境というのがどんなものかわかりませんが、明らかに実態を反映していない環境で測定されたものかテストの内容そのものに問題があったのものと思います。

最近ではUserBenchMarkがなぜかシングルスレッド性能スコアの加重を重くしましたが、世の中にはintelのためにポジショントークするサイトやテストも多数存在しますので注意が必要です。

私は勝ってる方には辛口になりますが、明らかに嘘をついてる連中は強烈に辛口です。

事実をちゃんとありのままに報じないサイトはそのうちユーザーからの支持を失うと思いますが、言ってる内容を吟味して正しいことを言ってるのかどうかは判断できるようになってください。

良いものは良い、悪いものは悪いとはっきり書けないサイトというのは見てて哀れです。

今はSNSやサイト、動画できちんと真実を発信す人がたくさんいますので、変な嘘をついても通用しません。

公式発表ならバイアスがかかってもやむを得ないと思いますが、何のゆかりもないのに変なバイアスがかかってる記事を書いてる方には猛省を促したいところです。

PR記事ならちゃんとPRってつけるべきだと思います。

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.