「メモリ関係」 一覧

DDR5が4800 MT / sの速度で登場、今年最初のSoC

2020/03/31   -メモリ関係

ケイデンスは、IPソリューションとIC設計および検証ツールの開発に注力しているファブレスの半導体企業です。本日、第5世代のDDRメモリの開発努力に関する最新情報を投稿しました。これにより、新しい標準の ...

コロナウイルスの流行によるDRAM / NAND需要の混乱の中でも、BairdによってアップグレードされたMicron

2020/03/03   -メモリ関係, その他

※ BairdとはRobert W. Baird&Co.のことで、アメリカの多国籍独立投資銀行および金融サービス会社です。 Bairdのアナリスト、Tristan Gerraは、月曜日にMicron ...

マイクロン、高性能スマートフォン向けに世界初のLPDDR5 DRAMを出荷

2020/02/07   -メモリ関係

Micron Technology、Inc.は本日、世界で最初の低消費電力DDR5 DRAMを出荷し、近日発売予定のXiaomi Mi 10スマートフォンに搭載されることを発表しました。 Xiaomi ...

中国が国内のDRAMチップの生産を開始

2019/09/28   -メモリ関係

中国の半導体産業は、家庭用の自家製製品、特に自家製製品の使用が最も望ましい政府施設に重点を置き、産業のあらゆる分野での独立を求めています。 China Securities Journalのレポートに ...

マイクロン、1zナノメートルDRAMプロセスノードの量産を開始

2019/08/21   -メモリ関係

Micron Technology、Inc.(Nasdaq:MU)は本日、DRAMスケーリングの進歩を発表し、Micronが1z nmプロセステクノロジーを使用して16 Gb DDR4製品の量産を開始 ...

10月の「Kioxia」としてのブランド変更

東芝メモリホールディングスは本日、2019年10月1日に正式にKioxia Holdings Corporationに社名変更すると発表しました。 Kioxia(kee-ox-ee-uh)という名前は ...

日本と韓国の意見の相違が世界的なメモリ供給を危うくする

2019/07/06   -メモリ関係, その他

VS 日経によると、日本と韓国の間で新たに確立された貿易制限は、単に化学物質の輸出を制限することによって世界的な記憶供給を危うくすることになるかもしれません。 報告書が言うように、日本は半導体製造に使 ...

Snapdragon 865はLPDDR5とオンチップ5Gモデムをサポートします

2019/06/18   -メモリ関係, その他

夏に入ると、クアルコムは次の主力製品であるSnapdragonスマートフォンプロセッサの開発の後期段階に入ることになるでしょう。 現時点では、チップはSnapdragon「865」と呼ばれる予定です。 ...

DDR4メモリのオーバークロック報告が盛んになってきました

2019/05/18   -メモリ関係

ADATA XPG SPECTRIX D60GはDDR4-5634 MHzでオーバークロック記録を破る 高性能DRAMモジュール、NANDフラッシュ製品、およびモバイルアクセサリーの大手メーカーである ...

AMD Ryzen 3000「Zen 2」メモリOC Beast、DDR4-5000使用可能

AMDの第3世代Ryzen(3000シリーズ)プロセッサは、古いRyzenチップが直面していた膨大な数のメモリ制限を克服するでしょう。 Zen 2では、同社はメモリコントローラをCPUコアから「IOダ ...

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.