GPU情報

Sapphire、Radeon RX 7900 Vapor-Xシリーズグラフィックスカードを発表、20個のVRMと3つの8ピン電源コネクタを備えたカスタム設計を採用

更新日:

Sapphireは、AMDの最新のAIBパートナーとして、次世代Radeon RX 7900 Vapor-Xシリーズのカスタムグラフィックスカードのティーザーを発表しました。

Sapphire Radeon RX 7900 Vapor-Xグラフィックスカードのティーザーでは、プレミアム品質のカスタムPCB設計を垣間見ることができる。

発売予定のAMD Radeon RX 7900シリーズグラフィックスカードの冷却システムのみを公開している他のメーカーとは異なり、Sapphire Technologyは、ハイエンドVapor-X冷却システムのPCBを初公開してマーケティングキャンペーンを開始した。

同社はすでにNitro+シリーズのグラフィックスカードを公開していますが、Vapor-XはToxicシリーズと同様にプレミアムセグメントでワンランク上の位置づけにあります。

カスタムPCBを見ると、中央に巨大なAMD Navi 31 GPUダイがあり、ベーパーチャンバーヒートシンクデザインを利用し、PCBは高品質の20フェーズVRMデザインを使用しているようで、トリプル8ピンコネクターインターフェースを通じて電力が供給されるようになっています。

カスタムPCBを見ると、中央に巨大なAMD Navi 31 GPUダイがあり、ベーパーチャンバーヒートシンクデザインを利用し、PCBは高品質の20フェーズVRMデザインを使用しているようで、トリプル8ピンコネクターインターフェースを介して電力を供給していることが分かる。

他の製品では、トリプルスロットまたはクアッドスロットクーラーデザインを採用していることを考えると、SapphireがRadeon RX 7900 Vapor-Xカスタムグラフィックスカードにも同様のがっしりした冷却装置を使用することが予想されます。

AMDは、Radeon RX 7900 XTXおよびRX 7900 XTグラフィックスカードをリファレンスフレーバーで発売する予定であると伝えられている。

AIBカードは準備中ですが、最近の噂によると、小売店頭に並ぶのは発売後1-2週間後とのことです。

AMDのAIBパートナーがカスタムデザインを公開するのは、PowerColorとASUSに続いてSapphireが3社目となります。

両社ともラインアップを完全には明らかにしていないが、次世代RDNA 3搭載ソリューションのデザインについては、簡単な紹介にとどめている。

 

AMD Radeon RX 7900シリーズグラフィックスカードは、2022年12月13日よりAMD.comから、また12月中旬よりASRock、ASUS、Biostar、Gigabyte、MSI、PowerColor、Sapphire、Vastarmor、XFXおよびYestonなどの主要ボードパートナーから発売される予定である。AMD Radeon RX 7900 XTXのSEPは999米ドルで、AMD Radeon RX 7900 XTのSEPは899米ドルです。

AMDより

また、AMDがNVIDIAのRTX 40シリーズよりも優れたローンチサプライを用意するかもしれないとお伝えしましたが、レッドチームの本音は、まずはリファレンスデザインをユーザーに味わってもらいたいということのようです。

ハイエンドGPUの分野では、NVIDIAとAMDの両社がしのぎを削る、熱い12月になることは間違いないでしょう。

ソース:wccftech - Sapphire Teases Radeon RX 7900 Vapor-X Series Graphics Cards, Custom Design With 20 VRMs & Triple 8-Pin Power Connectors

 

 

 

 

解説:

SapphireがRDNA3のブランドVaper-Xを立ち上げる

Radeon専業メーカーの雄SapphireがRDNA3用のブランドVaper-Xを立ち上げるようですね。

私の記憶にはちょっとありませんが、過去(HD7000世代)にもVaper-Xと言うブランドを使っていたことがあるようですね。

Toxicと同じようなイメージで、従来のNitro+の一つ上のブランドとして使用するようです。

※ コメントでご指摘をいただきましたが、Nitro+に重ねて追加ブランドとして使うようです。

 

恐らく、Toxicと同じようにRDNA3世代のみのブランドになってまた当面使われなくなるのではないかと思いますが、それだけに特別感が半端ないです。

チームAMDは

ASRock、ASUS、Biostar、Gigabyte、MSI、PowerColor、Sapphire、Vastarmor、XFXおよびYeston

このメーカーですが、XFXは中国の税務当局につるし上げられたと聞いていましたが、ブランドとしては無事だったようですね。

RDNA3は8Px3、TDP450W可能な最強OCモデルがRTX4090を超えられるのかどうかも注目です。

同等レベルの製造技術を使ってGeofrceを超えられるのかどうかですね。

円安でPCパーツの価格が上がり過ぎているのでイマイチ盛り上がりに欠けるのが非常に残念ですが、RDNA3 VS RTX4000シリーズ、どっちが上なのかは非常に興味がありますし、結果が楽しみです。

 

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 7900 XTXをamazonで検索する

Radeon RX 7900 XTをamazonで検索する

 

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2023 All Rights Reserved.