GPU情報

NVIDIA、新たなTU102 GPUベースのGeForce RTXグラフィックスカードを準備– GeForce RTX 2080 Ti SUPERか?

投稿日:

NVIDIAはこれまでに3枚のGeForce RTX SUPERシリーズグラフィックスカードをリリースしましたが、もう1枚は近いうちに市場に投入される可能性があります。

AIDA64では、GeForce RTXブランドの神秘的なグラフィックスカードが最新のベータ版リリースに追加されており、新たなハイエンドグラフィックスカードが登場することを示唆しています。

 

NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti SUPER TU102 GPUを搭載する可能性がありますが、今年のフラッグシップとなるSUPERはリリースされますか?

8月14日にリリースされた最新のAIDA64 Extreme BETA(V6.00.5151)は、不明なグラフィックカードのサポートを追加しましたが、このグラフィックカードはNVIDIAのTU-102 GPUに基づいていることを言及しています。

グラフィックカードの名前はNVIDIA GeForce RTX T10-8であり、命名スキームで確認されていることの1つは、これが実際にGeForce RTXファミリ内のゲーム製品であり、Titanまたはワークステーショングラフィックカードではないことです。

そのため、NVIDIAには、主力のGeForce製品であるGeForce RTX 2080 Ti SUPERと主力のTitan製品であるTitan RTXから始まる、TU102 GPUベースのグラフィックスカードがいくつかあります。

両方のカードは、RTX 2080 Tiを搭載したTU102 GPUに基づいており、Titan RTXと比較してダイがわずかにカットされています。

また、Titan RTXは、RTX 2080 Tiの352ビットバスと11 GBのGDDR6 VRAMと比較して、24 GBのGDDR6 VRAMを備えた完全な384ビットバスインターフェイスを備えています。

Titan RTXは、クリエータードライバーを使用した生産性ワークロード向けに完全に最適化されていますが、RTX 2080 Tiよりも高速でゲームをプレイできます。

NVIDIAは、すべてのRTXライン(RTX 2060、RTX 2070、RTX 2080)のSUPERバリアントをリリースしていますが、RTX 2080 TIは引き続きフラグシップとして維持されており、RTX SUPERの発売中にSUPERの交換は見られませんでした。

GeForce RTXファミリーの3番目のTU102 GPU参入者は実際にRTX 2080 Ti SUPERである可能性があるため、これはこの新しいグラフィックスカードの外観によって変わる可能性があります。

 

NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti SUPERスペック–期待すること

RTX 2080 TI SUPERに期待できるスペックのいくつかは、完全なバスインターフェイスと12 GBのGDDR6 VRAMを備えたロック解除されたTU102 GPUである可能性があります。

より高いコアとクロックも期待できます。 もう1つは、RTX 2080 SUPERで使用されていた15.5 Gbpsの代わりに、完全な16 Gbps GDDR6ダイを使用することです。

RTX 2080 SUPERには16 Gbpsのダイが搭載されていますが、安定性のために15.5 Gbpsにダウンクロックされています。 これを行う理由は、16 Gbps DRAMにはPCBリビジョンを介してのみ可能であるより高い安定性が必要だからです。

AIBはその余分な製造コストを新しいPCBに費やしたくないため、わずかに低い速度を使用することを選択しました。

ただし、RTX 2080 Ti SUPERは、フラッグシップ製品であるため、同じAIBにPCBリビジョンを要求する場合があり、16 Gbpsのフルスピードを実現するためにいくらかのコストを犠牲にする可能性があります。

NVIDIA GeForce RTX 20 SUPERラインアップ仕様:

Graphics Card NameNVIDIA GeForce RTX 2060NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPERNVIDIA GeForce RTX 2070NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPERNVIDIA GeForce RTX 2080NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPERNVIDIA GeForce RTX 2080 Ti
アーキテクチャー及びチップ型番Turing GPU (TU106)Turing GPU (TU106)Turing GPU (TU106)Turing GPU (TU104)Turing GPU (TU104)Turing GPU (TU104)Turing GPU (TU102)
製造プロセス12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN12nm FNN
ダイ面積445mm2445mm2445mm2545mm2545mm2545mm2754mm2
トランジスタ数106億106億106億136億136億136億186億
CUDAコア数1920 Cores2176 Cores2304 Cores2560 Cores2944 Cores3072 Cores4352 Cores
TMUs/ROPs120/48136/64144/64184/64192/64192/64288/96
GigaRays5 Giga Rays/s6 Giga Rays/s6 Giga Rays/s7 Giga Rays/s8 Giga Rays/s8 Giga Rays/s10 Giga Rays/s
キャッシュ容量4 MB L2 Cache4 MB L2 Cache4 MB L2 Cache4 MB L2 Cache4 MB L2 Cache4 MB L2 Cache6 MB L2 Cache
ベースクロック1365 MHz1470 MHz1410 MHz1605 MHz1515 MHz1650 MHz1350 MHz
ブーストクロック1680 MHz1650 MHz1620 MHz
1710 MHz OC
1770 MHz1710 MHz
1800 MHz OC
1815 MHz1545 MHz
1635 MHz OC
演算性能6.5 TFLOPs7.5 TFLOPs7.5 TFLOPs9.1 TFLOPs10.1 TFLOPs11.1 TFLOPs13.4 TFLOPs
メモリ容量・種類Up To 6 GB GDDR6Up To 8 GB GDDR6Up To 8 GB GDDR6Up To 8 GB GDDR6Up To 8 GB GDDR6Up To 8 GB GDDR6Up To 11 GB GDDR6
メモリ速度14.00 Gbps14.00 Gbps14.00 Gbps14.00 Gbps14.00 Gbps15.50 Gbps14.00 Gbps
メモリバス幅192-bit256-bit256-bit256-bit256-bit256-bit352-bit
メモリ帯域幅336 GB/s448 GB/s448 GB/s448 GB/s448 GB/s496 GB/s616 GB/s
補助電源端子8 Pin8 Pin8 Pin8+6 Pin8+8 Pin8+8 Pin8+8 Pin
TDP160W175W185W (Founders)
175W (Reference)
215W225W (Founders)
215W (Reference)
250W260W (Founders)
250W (Reference)
発売時価格$349 US$399 US$499 US$499 US$699 US$699 US$999 US
ファウンダーズエディション価格$349 US$399 US$599 US$499 US$699 US$699 US$1,199 US
発売時期2019年1月2019年7月2018年10月2019年7月2018年9月2019年7月2018年9月

価格については、GeForce RTX 2080 Ti SUPERの価格はRTX 2080 Tiと同じ価格で999ドルです。

カードの発売時期ははっきりとは言えませんが、すぐに聞けると予想しています。

この情報は、AMDが内部で「NVIDIA Killer」と呼ばれている独自のハイエンドNaviグラフィックカードをまもなく提供することが報告されてから数日後に来ます。詳細はこちら。

ソース:wccftech - NVIDIA Readies Another TU102 GPU Based GeForce RTX Graphics Card – Might Be The GeForce RTX 2080 Ti SUPER

解説:

無いと思われていたRTX2080Ti SUPERが発売されそうです。

今までRTX2080Ti SUPERは「ある」と「ない」両方のうわさが飛び交っていましたが、主にwccftechが「ある」、techpwoerupが「ない」という情報を出していました。

今回のソースはwccftechです。

コンピュータの診断・ベンチマークソフトウェアAIDA64の内部データにそれらしき記述があったとのことです。

まあ、こうしたソフトは内部的にハードウェアのデータを持ってないと正しく認識できないので情報の信頼性は高いと言ってもよいでしょう。

RTX2080Tiに使われているTU102はかつてないほど巨大と言われたダイですので、新設計でこれ以上のものを作って販売するというのは現実的ではなく、あるとしたらフルシリコンでかつメモリ高速版ということになるのではないかと思います。

考えられるのはTU102のフルシリコンかつRTX2080SUPERのメモリが16Gbpsですので、同様にそちらを採用するということですね。

私はRTX2080Ti SUPERは無いと思っていた派です。

理由は単純、RTX2080Tiユーザーはともかく(まあそれでも痛いと思う方は多いと思いますが・・・)30万以上するTitan RTXユーザーに対して後から半値以下で高性能なGPUを発売するのは商道徳的にどうかと思うからです。

しかし、nVidiaはそんなことは全く関係なく発売するようですね。

今後はTitan RTX のみならず、RTX2080Tiユーザーも買い控えする人が出るかもしれません。

発売から1年たたずにこういった話が出るのは今後のマーケティング上で大きなマイナスだと私は思います。

前にも書きましたが、アメリカの著名マーケッター ジェイ・エイブラハム氏はその著書の中で、「顧客とはあなたが搾取するための人ではなく、あなたが守るべき人である」と言っています。

そういった観点から見ると大きなマイナスだと思います。

まあ、私がここで何を書いても出すのはnVidiaなので、発売はされるのでしょう。

待っている方もいると思いますので、続報が出たらお知らせします。

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.