GPU情報

NVIDIAのGeForce RTX 3090、RTX 3080、RTX 3070のスペックがリークアウトし、7nmプロセスノードを利用します - 最大350Wのフラッグシップ、24GBのVRAM、19.5Gbps GDDR6Xの速度を利用します。

投稿日:

GeForce RTX 3090、GeForce RTX 3080、GeForce RTX 3070を含むNVIDIAの次世代グラフィックスカードGeForce RTX 30シリーズの最新の詳細がVideocardzの仲間によってリークされました。

情報は、次世代のAmpere GPUアーキテクチャに基づくすべてのカードの仕様で構成されています。

NVIDIA GeForce RTX 3090, RTX 3080, RTX 3070は9月1日に発表される - 7nm、フラッグシップで最大350WのTGP、19.5Gbps GDDR6Xの速度を実現

リークによると、NVIDIAのGeForce RTX 3090、Geforce RTX 3080、GeForce RTX 3070のトリオは、9月1日に開催されるGeForceデジタルイベントで発表されるとのこと。

NVIDIAのGeForce RTX 3090とGeForce RTX 3080は、9月中旬にハードローンチが予定されており、店頭に並ぶとのことです。

仕様はさておき、最も興味深いのは、これらの新しいカードがサポートする機能セットです。

まず、NVIDIA GeForce RTX 30シリーズカードは、第2世代のレイトレーシングコア(第1世代はTuringに搭載)と第3世代のTensorコア(第1世代はVoltaに、第2世代はTuringに搭載)を搭載します。

NVIDIA GeForce RTX 30シリーズカードは、ディスプレイ出力用のHDMI 2.1とDisplayPort 1.4aコネクタをサポートし、さらに新しいNVLINKコネクタを搭載しています。

また、NVIDIA Ampere GeForce RTX 30シリーズが7nmプロセスノードを採用することも確認されています。

2020年第1四半期に量産を開始した「Samsung 7nm EUV」なのか、TSMCの7nmプロセスのどちらを指しているのかは不明だ。

また、スペック内で報告されているクロック速度は、カスタムバリアントをベースにしており、リファレンススペックを設定するFounders Editionカードではないことにも注意が必要だ。

先日のツイートで、リーカーのKatCorgi氏(@KittyYYuko)がAmpere GA102 GPUのトランジスタ数と思われるものを投稿しました。

このチップのトランジスタ数は345億と言われており、これはNVIDIAの以前のゲーミングフラッグシップGPUであるTU102(186億)の約2倍のトランジスタ数となっています。

最速アンペアゲーミンググラフィックスカード「NVIDIA GeForce RTX 3090」

リークされた詳細情報によると、GeForce RTX 3090にはGA102-300-A1 GPUが搭載されるという。

GA102-300-A1 GPUは、5248個のCUDAコア、つまり82個のSMで構成されるという。

合計すると、GeForce RTX 2080 Tiよりも20%もコアが増えていることになる。クロック速度やTMU/ROP数などの詳細は提供されておらず、ゲーミングパーツとHPCパーツでは異なる構成階層を共有しているため、Ampere A100ダイを参考にすることはできない。

GA102-300 GPUは1695MHzのブースト周波数までクロックアップする予定

メモリ側に移動すると、このカードは最大24GBのメモリを搭載し、19.5Gbpsの高速なGDDR6Xピン速度で動作すると述べられているので、物事は興味深いものになります。それは、我々が見ている384ビットバスなので、ほぼ1TB/秒の帯域幅を提供することができます。

GeForce RTX 3090は、合計350W(TGP)のグラフィックスパワーを搭載する予定です。最近のリークでは、GeForce RTX 3090の価格は1399ドルと予想されています。

NVIDIA GeForce RTX 3080 - ハイエンドゲーム向けGA102

GeForce RTX 3080に移動して、このカードはGA102-200-KD-A1 SKUを搭載すると噂されている。

このSKUは、RTX 2080 Tiと同じ4352個のCUDAコアを搭載し、合計68個のSMに配置される。GPUの最大クロック速度は1710MHzとなる。

カードは、報告によると、また、GDDR6Xになるだろうが、大規模な20ギガバイトのフレームバッファを持つカードを提供するいくつかのベンダーがありますが、より高い価格で10ギガバイトのメモリを搭載するつもりです。

メモリは320ビットのバスインターフェイスを介して19Gbpsで実行されているので、我々は760GB/秒までの帯域幅を期待することができます。

このカードは、最大10GBのメモリを搭載し、GDDR6Xになると言われていますが、20GBの大容量フレームバッファを搭載したカードを提供するベンダーがいくつかありますが、価格は高くなります。

メモリは320ビットのバスインターフェイスを介して19Gbpsで実行されているので、我々は760ギガバイト/秒までの帯域幅を期待することができます。

NVIDIA GeForce RTX 3070 - 大衆のためのスイートスポットゲーミングAmpere

RTX 2080のTU104からGA102への切り替えは確かに興味深いものです。ハイエンドのSKUはより高いワット数とサーマルになりますが、私はこれは500ドル以下のセグメントでGA104ベースのRTX 3070とRTX 3060で構成されるべきだと信じています。

NVIDIA GeForce RTX 3070は、このようにAmpere GA104-300 GPUを搭載する。

スペックは既存のRTX 2080(SUPER)カードと同じ2944-3072あたりがほのめかされている。

コアスペックは不明だが、このグラフィックスカードは220WのTGPと8GBのGDDR6メモリを搭載し、最大16Gbpsの高速化を実現しているという。これにより、このカードは512GB/sの帯域幅を持つことになる。

最新の性能リークは、RTX 2080やRTX 2080 Tiと比較して、合成ベンチマークでかなりの性能向上を示しています。

同じことがゲーム性能にも当てはまるならば、Ampereは、ほぼ2年前から待っていたゲーマーのための超魅力的な製品のように見えます。

NVIDIA GeForce RTX 30 "Ampere "グラフィックスカードの噂のスペック/発売時期

グラフィック
カードネーム
チップ型番SM数/
CUDAコア数
ブースト
クロック
メモリ容量
種類
メモリ
バス幅
メモリ
帯域幅
TDP発売時期
NVIDIA GeForce
RTX 3090
Ampere
GA102-300
5248 (82)1695 MHz24 GB
GDDR6X
384-bit936 Gbps (19.5 Gbps)350W2020年9月
NVIDIA GeForce
RTX 3080
Ampere
GA102-200
4352 (68)1710 MHz10/20 GB
GDDR6X
320-bit760 Gbps (19 Gbps)320W2020年9月
NVIDIA GeForce
RTX 3070
Ampere
GA104-300
2944 (46)?不明8/16 GB
GDDR6
256-bit512 Gbps (16 Gbps)220W2020年10月
NVIDIA GeForce
RTX 3060
Ampere
GA106-300?
不明不明6/12 GB
GDDR6X
192-bit不明不明2020年11月

NVIDIAのGeForce RTX 30「Ampere」ゲーミンググラフィックスカードのラインナップは、NVIDIAのCEOであるJensen Huang氏が主催するデジタルイベントで9月1日に発表される見込みだ。

このイベントでは、少なくともGeForce RTX 3080 Ti(またはRTX 3090)、GeForce RTX 3080、次世代のTitanを含む3つの新しいグラフィックカードが発表されると予想されています。

Ampere GPUについては、まだまだ多くの情報がありますが、より多くの情報が来るまで待たなければなりません。

ソース:wccftech - NVIDIA’s GeForce RTX 3090, RTX 3080, RTX 3070 Specs Leak Out, Will Utilize 7nm Process Node – Up To 350W Flagship, 24 GB VRAM, 19.5 Gbps GDDR6X Speeds

 

解説:

Ampereは7nmで生産されるっぽい

まず最初にお詫びします。

まだ決まったわけではありませんが、どうもAmpereは7nmで生産されるっぽいです。

今まで散々nVidiaをdisってきましたが、間違いだったようです。ゴメンナサイ。緑の人。

 

しかし、7nmであることによってもう一つ懸念ポイントが出てきました。

それは、TSMCの7nmなのか、2020年Q1にローンチされたSamsungの7nmなのかどちらなのかわからないところです。

確認はしていませんが、日本製のフッ酸がないから生産できないというのはデマで、用途が明確なものに関しては輸出許可は出しているはずです。

ツイッター上でもちょっと意見を交換したのですが、そもそも半導体に使う純度の高いフッ酸はガスで、そうでないものは液体です。

わざわざ純度の高い高額なフッ酸を横流しするかと言えばしないと思いますので、輸出許可は下りるんじゃないかと思います。(ただし、繰り返しますが、私は確認したわけではないので、念のため)

にもかかわらず、韓国は国産化したとか、ホワイト国に戻せとか毎日のようにゴネてるわけです。

現時点でも普通の国として扱っているのですが、韓国が、なぜホワイト国に戻せと言ってるかについては私もさっぱりわかりません。

ただ、Samsungの7nmはあのSamsung大好きQualcomですら避けて通るくらい実績のないプロセスなので、不良品率爆上がりなどの懸念はあると思います。

まあ、TSMCの7nmと言う可能性も0ではありませんが、今までの噂を考えると、難しいんじゃないかと思います。

 

あとは悲しいお知らせですね。

RTX3080は320Wだそうです。

これを見ると、2スロットに収まるかどうかは微妙ですね。

TDP265WのRTX2080Tiについても2スロット版はごくごく限られたモデルでしか無かった上に、排熱が追い付かずに十分に性能を発揮していたとは言い切れない状況でしたので、300W越えのRTX3080を2スロットジャストサイズで出すのは難しいんじゃないかと思います。

Founder's Editionは無理やり収めるかもしれませんが、その後に出てくるAIB版はどうなるかわかりません。

Mini-ITXerはRTX3070からになるかもしれません。

また、GA102もGA104も2000MHzに達してないので、リークされた情報より性能が落ちてる可能性もあるのかなと思います。

あとはTuringの時と違ってRTX3060も年内に発売されますので、ジャストミドルレンジ狙いの人も争奪戦を勝ち抜けば年内更新可能かもしれませんよ。

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.