GPU情報

NVIDIA、GeForce RTX 4090を2週間以内に完売、チャネル在庫は安定化&2023年上半期までに正常化すると発表

投稿日:

NVIDIAのCFOであるColette Kress氏は、既存のチャネル在庫や最近のGeForce RTX 4090 / 4080の発売など、同社のゲームビジネスにおけるいくつかの重要な側面について強調しました。

NVIDIA、GeForce RTX 4090「Ada」グラフィックスカードの好調な売上を報告、チャネル在庫は安定化

NVIDIAの最高財務責任者であるコレット・クレス氏は、しばらく前からゲーミングセグメントでGPUの出荷が不足していることを明言した。

これは、Credit Suisse 26th Annual Tech conferenceの中で明らかにされた。

最近、暗号通貨ブームが終焉を迎え、前世代GPUの価格が小売・中古市場ともに下落したため、市場に過剰な中古GPUが溢れ、これ以上のGPUに対する需要がほとんどなかったことが分かっています。

とはいえ、NVIDIAは現在、古いRTX 30 GPUを新しい製品でリフレッシュし、チャネル在庫とバックログを安定させるために出荷を再開し始めています。

同社は、第4四半期末にはチャネル在庫が元に戻り、2023年上期から出荷を再開する予定である。

また、Adaの発売やAda搭載GPU(デスクトップ/ワークステーション/ノートPC)の追加発売に向けて、チャネルを増強していく予定である。

そのため、出荷が少なくなっています。現在、ゲームソフトの出荷が少なくなっていますが、これは販売網にある在庫を修正するためです。

先ほどお話したように、第4四半期末までには、できれば、第4四半期末に近づくにつれて、そのための確固たるポジションを確保する予定です。つまり、前進するにつれて、私たちは立ち直り始めるでしょう。セルスルーとセルインの間の均衡を保つことができるようになるでしょう。そして、Ada の発売と、今後発売されるすべての Ada 製品のためのチャネルを構築するために、セルインすることになると思います。

NVIDIA最高財務責任者 コレット・クレス氏

クレス氏は、NVIDIAのGeForce RTX 4090とRTX 4080がまだ初期段階であることも報告している。

私たちは、NVIDIAが11月中旬から約16万枚のRTX 40シリーズグラフィックスカードを出荷したことを前回のレポートで知っています。

この数字は現在ではもっと多いかもしれませんが、出荷の大部分には、これまでのところAdaファミリーの目玉商品となっているGeForce RTX 4090グラフィックスカードが含まれていることも分かっています。

一方、NVIDIA GeForce RTX 4080は、価格に対して性能が低いため、RTX 4090ほどの反響はありません。

このカードを入手した転売屋でさえ、無茶な価格で売ろうとしましたが、誰も興味を示さないため、希望小売価格で販売することにしました。

Adaは今、ちょうど出荷の初期段階です。私たちは、非常にハイエンドなカードの1つである4090を出荷し、4080も今まさに売れ始めているところです。

NVIDIAチーフ・ファイナンシャル・オフィサー コレット・クレス氏

また、NVIDIAのGeForce RTX 4090は、開始価格が1599USドルというフラッグシップであるにもかかわらず、2週間以内に完売したと指摘されている。

NVIDIAは当初10万枚のカード(GeForce RTX 4090)を出荷したことが分かっているので、チップメーカーが2週間以内に全在庫を売り切ることができたとすれば、非常に素晴らしいことだと言えるでしょう。

私たちのAdaのローンチ、4090が出たとき、そう、一番最初のカードとハイエンドカードだけでしたが、2週間で売り切れました。ですから、ゲームが、どんな時代でも、どんな状況でも、依然として非常に重要なエンターテインメント産業であるということを、私たちは知っていたので、うなずけるものがあり、非常にうれしく思っています。

NVIDIA最高財務責任者 コレット・クレス氏

NVIDIAもSteamのハードウェア調査の数字を載せて、その人気を指摘している。

同社によれば、SHSの上位15枚はNVIDIAのカードだという。GTX 1650がシェア6.27%で1位、GTX 1060がシェア5.77%で2位、RTX 2060がシェア4.64%で唯一の「RTX」グラフィックスカードとして3位を占めています。

RTX 4090とRTX 4080は、今のところSteam Hardware Surveyには登場していませんが、2023年第1四半期までにはシェアを伸ばし始めているはずです。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

 

しかし、その市場に新規参入し、ゲームにおける当社の優位性を活用する素晴らしいゲーマーを目の当たりにすることができました。

Adaだけでなく、Ampereも業界をリードしています。つまり、1位と2位のアーキテクチャはNVIDIAなのです。Steamについては、引き続き注視しています。

Steamは、オンラインゲームのゲーマーがまだ記録的なレベルです。そして、Steamのトップ15カードは、15枚中15枚がNVIDIAです。

つまり、この分野は、ゲーマーが生涯ゲーマーであり続ける分野なのです。

そして、私たちはこの業界を、素晴らしい時期にも、また、いくつかの困難な時期にも見ています。

やりたいゲームに合わせて、さまざまな価格帯で、さまざまなフォームファクターを選べるので、経済的なスポーツでもあるのです。

コレット・クレス NVIDIA 社最高財務責任者

NVIDIAは、2023年前半に、よりメインストリームなGeForce RTX 4000シリーズグラフィックスカードを導入する見込みです。

同社は最近、最新のディスクリートGPU市場シェア報告で大成功を収め、JPRレポートによると最大88%の市場シェアを主張しました。

NVIDIAとAMDが市場シェアの大部分を占めるミドルレンジセグメントに参入するまで、この傾向は今後数四半期にわたって続くと予想されます。

ソース:wccftech -  NVIDIA Says GeForce RTX 4090 Sold Out Within 2 Weeks, Channel Inventory Stabilizing & Will Normalize By 1H 2023

 

 

 

解説:

RTX4090の在庫は2週間で全てはける。

一方、海外でも転売屋はRTX4080で転売に失敗、希望小売価格で売り抜けたようです。

海外でも転売屋はPCパーツのことなど何もわからないド素人がやっているみたいですね。

RTX4090の供給が正常化するのは来年の前半までかかるようです。

何度もここで書いていますが、RTX4090は1CUDA当たり18円台、RTX4080からは1CUDA当たり22円台で、価格が近いRTX4080は不人気になっています。

一方のRTX4070TiからはRTX4090との価格差が大きいこともあって、普通に売れると思います。(ただし、日本ではです。)

AD104はダイサイズも小さくなり、流通量が増えると思われます。

生産量・流通量も増えると思いますので、転売屋がいくら頑張っても在庫の買い占めは難しいでしょう。

一般のユーザーが手に入れられる現実的な最高性能の製品はRTX4070Tiからでしょう。

RTX4070まで待つ方も多いのではないかと思います。

RTX4070Tiが約17万円、RTX4070が12-14万円、RTX4060が約10万円、RTX4050か約7万円と1CUDA22円とした場合の私の予想価格になります。

円安の影響もあって、Ampereより2グレード分程度価格が上がっているということになります。

世界的にみると状況はまた違うので、日本では恐らく価格・性能ともに競合がないRTX3050の生産が続行されるのかどうかは微妙なラインですね。

ここまで価格が高止まりすると、最悪、今後のGeforceは前世代の製品をリネームして下位グレードに据えてくるかもしれませんね。

日本ほど極端ではありませんが、全体的に見てGeforceは高止まりしていますので、今の状況が続けばそうなるかもしれません。

 

 

 

 

 

nVidia RTX4000シリーズ

※転売品が横行していますのでご注意ください。

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥115,000 (2023/02/04 05:54:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥86,780 (2023/02/04 06:07:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2023 All Rights Reserved.