GPU情報

AMD Radeon RX 6000 "Big Navi" GPUの消費電力の詳細、Navi 21 XTは320W TBPまで、Navi 21 XT AIBは355Wまで、Navi 21 XLは290Wまで

投稿日:

Igor's Labは、ハイエンドとエンスージアスト層のRadeon RX 6000シリーズのグラフィックスカードに電力を供給するAMD "Big Navi" GPU SKUの消費電力の数字についての豆をこぼしたばかりだ。

Igor氏は、彼の数字を報告し、また、過去数週間にリークされたいくつかの数字を引用して、AMDのBig Navi GPUのラインアップから何を期待するかについて、より良い洞察を提供しています。

AMD Big Navi "Radeon RX 6000 "グラフィックスカードは大きな消費電力を特徴とする - Navi 21 XTリファレンスは320W TBP、AIBモデルは355W TBP、Navi 21 XLは290W TBP

Igor氏の報告によると、最近の数字は、彼が報告したものに近いが、TBPではなくTGPに言及しているため、正しく表現されていないという。

私たちは、NVIDIAのTGPの数字がボード全体の消費電力に基づいていることを知っています。これには、GPU、VRAM、VRM、ファン、電力を供給するすべてのものが含まれます。

AMDのTGPに相当する数値はTBPとみなされ、Igor氏によると、Navi 21 XTが255WでNavi 21 XLが220Wであることを示唆する数値は、実際にはGPUとVRAMの数値に過ぎないという。

Igor氏は、AMDのNavi 21 "Big Navi "の消費電力の数値が実際にはどのようなものになるのか、より詳細な内訳を提供しています。

AMD Navi 21 XT GPUの消費電力の数値

内訳を見ると、マニア向けのRadeon RX 6000シリーズのグラフィックカード用AMD Navi 21 XT GPUの消費電力は235Wとなっています。

これはGPUだけでの消費電力です。

16GBメモリインターフェイスは電力予算に20W追加され、MOSFETは30Wまで追加され、PCBのAUXまたはAUXillaryコンポーネントは別の5Wを追加しながら、ファンやLEDなどの他の電力セクションは約15Wを追加します。

PCBの損失も約15Wで、Navi 21 XT GPU搭載Radeon RX 6000シリーズグラフィックスカード全体で合計320Wとなります。

これは、Radeon RX 6000シリーズのグラフィックスカード、おそらくRadeon RX 6900 XTは、同じく320Wで定格されているNVIDIAのGeForce RTX 3080 Founders Editionと同じ消費電力であることを意味します。

しかし、カスタムカードは、GPUの電力制限が270Wに引き上げられ、さらに高いワット数の数字を特徴とし、AIBモデルが約2.4GHzでリファレンスモデルよりもはるかに高いクロックで動作するという最近のレポートを説明します。

カスタムNavi 21 XT GPUは、いくつかのカスタムGeForce RTX 3080シリーズグラフィックスカードに匹敵する約355Wの総ボードパワーを特徴とするだろう。

AMD Navi 21 XL GPUの消費電力の数字:

Navi 21 XTの消費電力の数字に進むと、GPUはRadeon RX 6900 (Non-XT)グラフィックスカードに電力を供給する可能性が高く、GPUの電力制限は203W、VRAMは17Wとなります。

すべてのコンポーネントの消費電力の数字をまとめると、Navi 21 XLを搭載したRadeon RX 6000シリーズのカードは、ボードの合計電力が290Wで、カスタムモデルはそれをわずかに上回る可能性があります。

AMDは、NVIDIAのGeForce RTX 3070が約220Wの総ボードパワーを特徴としているように、ハイエンドのルートを目指しているようだ。

AMD Radeon RX 6000 シリーズのメモリ構成 - Navi 21 XT は 16 GB @ 16 Gbps、Navi 21 XL は 16 GB @ 14 Gbps を取得しました。

メモリ構成についての情報もあり、その見た目からすると、Navi 21 XTとNavi 21 XL "Big Navi" GPU搭載のRadeon RX 6900シリーズグラフィックスカードには16GBのGDDR6メモリが搭載されています。

Navi 21 XTは定格16Gbpsで512GB/sの帯域幅を実現するSamsung「K4ZAF325BM-HC16」DRAMチップを採用し、Navi 21 XLは定格14Gbpsで448GB/sの帯域幅を実現するSamsung「K4ZAF325BM-HC14」DRAMチップを採用する。

また、Infinity CacheがNavi 21 GPUの大きな機能の一つで、高解像度ゲームのパフォーマンスを向上させるために、より高い帯域幅を提供するとの報告もあります。

これらは今のところ分かっている仕様だが、発表に先立ち、今後もリークがあることを期待したい。

Igor氏は最後に、Radeon RX 6000シリーズのグラフィックスカード用のAIBカスタムモデルが11月中旬頃に発売されることに言及していますが、これは11月末頃にプレミアムモデルが発売されることを意味しています。

Radeon RX 6000シリーズカードのPCBデザインは、どちらも同じバスインターフェイスを備えているため、Radeon RX 5700リファレンスPCBと似たようなものになると言われていますが、"Big Navi "フラッグシップGPUの安定した動作を維持するために、よりビーフなVRMと電源供給のセットアップが期待できます。

AMDのRTGフラッグシップGPU比較:

グラフィック
カード
AMD Radeon
R9 Fury X
AMD Radeon
RX Vega 64
AMD
RadeonVII
AMD Radeon
RX 5700 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
コードネームFiji XTVega 10 XTVega 20 XTNavi 10 XTNavi 21 XT?
製造プロセス28nm14nm7nm7nm7nm+?
トランジスタ数89億125億133億103億未確認
ダイサイズ596mm2495mm2331mm2251mm2~500-540mm2
CU数6464604080?
SP数40964096384025605120?
TMU数/
ROP数
256/64256/64240/64160/64未確認
ベース
クロック
1050 MHz1247 MHz1400 MHz1605 MHz未確認
ブースト
クロック
1050 MHz1546 MHz1750 MHz1905 MHz未確認
メモリ容量
・種類
4 GB HBM18 GB HBM216 GB
HBM2
8 GB
GDDR6
16 GB
GDDR6?
メモリバス幅4096-bit2048-bit4096-bit256-bit256-bit?
メモリ帯域幅512 GB/s484 GB/s1024 GB/s448 GB/s512 GB/s?
TDP275W295W295W225W255W?
価格
(米ドル)
$649$499$699$399 US未確認
発売20152017201920192020

トリプルスロット冷却システムを搭載したAMD Radeon RX 6900シリーズ

デザイン自体はともかく、Radeon RX 6000フラッグシップの冷却デザインは、赤と黒を基調としたデザインが目を引く。

このカードは、GPUのカバー上にトリプルアキシャルテックファンを搭載し、その下を走る大型のアルミニウム製ヒートシンクを備えています。

カードの側面には、LEDライト付きのRadeonのロゴがあり、ファンが熱風を排出するための大きな切り欠きが側面にあります。

このデザインは、NVIDIA GeForce RTX 20シリーズのFounders Editionクーラーを彷彿とさせる。このカードは、デュアル8ピン電源を搭載し、ディスプレイポートには、USB Type-C (VirtualLink)、HDMI、DisplayPortコネクタが2つ搭載されています。

このカードはまた、クーラーを固定するためのリテンションブラケットとともに、派手なバックプレートを備えています。

Radeon RX "Big Navi" GPUは、NVIDIAのフラッグシップモデルであるRTX 3080と同じ、標準的な2スロットのリファレンスデザインで提供されるようだが、トリプルスロットのGeForce RTX 3090ほど巨大ではない。

AMDは10月28日にRadeon RX 6000シリーズのグラフィックスカードファミリーを正式発表する。

最高のハードウェアでPCをアップグレードしたいと考えているハードウェアマニアやメインストリームのPCゲーマーにとって、2020年の後半は面白い時期になることは間違いないだろう。

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 6000 “Big Navi” GPU Power Numbers Detailed, Navi 21 XT Up To 320W TBP, Navi 21 XT AIB Up To 355W, Navi 21 XL Up To 290W

 

解説:

nVidiaが300Wを超えるなら、うちもやる by AMD

だそうです。皆さん。

Big Naviはリファレンスは320W、AIBのカスタムモデルは355W迄消費電力が上がるそうです。

これからどんどん寒くなってくるので、nVidiaからだけでなく、AMDからも暖房のプレゼントがあるようですよ皆さん。

今年の冬は暖かく過ごせそうで、ハートウォーミングです。

冗談はここまでにします。

nVidiaの良くないところはマネしなくてもよかったのではないかと思う反面、やはりRX6900XTではRTX3080は超えられなかったのでは?と思います。

じゃなかったらここまで無理する必要全くないですからね。

これでnVidiaがGA102の7nm版を出したら、消費電力でまた負けると言うことになりそう。

この話を聞くと、満を持して発売するBig NaviもnVidiaにはやはり敵わなかったってことになりそうです。

多少性能で負けても300W以内に収まればいいかなと思っていたのですが、やはりスイートスポットを超えたクロックで回さない限り、RTX3080に大きく引き離されてしまうことになるんでしょうね。

私はいろいろ批判していますが、nVidiaのGPUは優秀であることは確かです。

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3090 24GB amazon検索リンク

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3080 10GB amazon検索リンク

 

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6

 

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1600SUPER

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.