CPU情報

AMD Ryzen 9 5950X 16 Core Zen 3 CPUは、シングルスレッド性能ですべてのCPUを打ち負かし、PassMarkでトップの座を獲得しました

投稿日:

先週、AMDのRyzen 5 5600XがPassmarkのシングルスレッド性能チャートでトップの座を獲得しましたが、その偉業はRyzen 5000 CPUラインアップの大物、Ryzen 9 5950Xに追い抜かれてしまいました。

AMD Ryzen 9 5950Xは今、パスマークで最速のシングルスレッドCPUであり、すべてのAMD / Intelチップを凌駕する

先週、AMD Ryzen 5 5600Xの話をしたとき、同じシングルスレッド性能テストでテストした場合、より大きなサイズのRyzen 9とRyzen 7の兄弟CPUを簡単に凌駕するだろうと述べました。

それは、AMDの最速で最も強力なZen 3 CPUであるRyzen 9 5950Xが、前世代のAMDとIntelのCPU(Ryzen 3000 & Intel 10th Gen)をすべて消し去るよりも驚くほど巨大なパフォーマンス数値でパフォーマンスチャート(Videocardz経由)に掲載されていることが判明しました。

AMD Ryzen 9 5950X 16 コア Zen 3 デスクトップ CPU Passmark シングルスレッド

AMD Ryzen 9 5950Xは、Passmark Single-Threadedテストで印象的な3,693ポイントを獲得し、簡単にチャートのトップに躍り出ました。

このスコアはRyzen 5 5600Xよりも7%高く、旧モデルのRyzen 9 3950Xと比較すると、5950Xは常識破りの35%速くなっています。

インテルのCore i9-10900Kと比較しても、唯一の競争相手であるようだが、Ryzen 9 5950Xは16%のリードを獲得しており、これは非常に印象的である。

確かに AMD Ryzen 9 5950X 799 ドル米国の高い価格を持っていますが、それでも, コア i9-10900K はかなり供給不足で、それ故に利用可能な在庫は 549 ドルの希望小売価格で販売されているし、チップはさまざまな小売店で 800 ドル-900 ドル以上の価格が付けられています。

AMDがシングルコアのパフォーマンスベンチマークを支配し、Intelを2桁の巨大なジャンプで簡単に打ち負かしているのを見るのは驚くべきことです。

これは、AMDのZen 3コアアーキテクチャがいかに強力であるかを示すものであり、11月5日のローンチが楽しみでなりません。

AMD Ryzen 9 5950X 16コアZen 3デスクトップCPU(Passmarkマルチスレッド)搭載

マルチスレッドの数値に移ると、16コアとスレッドを搭載したAMD Ryzen 9 5950Xは45,564ポイントという印象的なスコアで、旧モデルのRyzen 9 3950Xよりも16%もスコアが向上しています。

同時に、このチップはRyzen Threadripper 3960XやRyzen Threadripper 3970Xよりもそれぞれ、約1万ポイント、2万ポイント低い。

Zen 2 ベースの Threadrippers はより多くのコアとスレッドを搭載していますが、Zen 3 ベースの Threadrippers は前身の Threadripper 3000 を簡単に凌駕し、さらに高いパフォーマンスを発揮すると予想できます。

また、Zen 3ベースのThreadrippersは、マルチスレッド性能テストで10万点を超えた最初のHEDT CPUになることも期待できます。

AMD Ryzen 9 5950X 16コア Zen 3デスクトップCPUをGeekbench 5で5.04GHzで動作させる

AMDのデスクトップCPU「Ryzen 9 5950X "Zen 3"」の最新エントリーも、TUM_APISAK氏によるGeekbench 5で目撃されている。

今回、このチップは平均クロック5.04GHzで動作し、最速のコアは最大5038MHzのクロックで動作していることが目撃されています。

完全に有効なエントリでは、AMD Ryzen 9 5950Xのスコアは1700点で、Zen 3ベースのCPUとしては非常識なものとなっています。

このチップは、DDR4-3600メモリを搭載したASUS ROG Crosshair VIII Formulaマザーボード上で動作していました。

現在、Geekbench 5では、AMD Ryzen 9 5950Xが平均シングルコア1640点前後、平均マルチコア15万点前後のスコアを獲得しており、複数のエントリーを確認することができました。以下で完全なリストを見ることができます。

AMD Ryzen 9 5950X "Zen 3 "デスクトップCPU - 16コア/最大4.9 GHzの32スレッドで799ドル

AMDが発表しているRyzen 9シリーズは、最上位のパーツからスタートし、Ryzen 9 5950Xで構成されている。Ryzen 9 5950Xは、AM4ソケットで重いマルチスレッド性能を要求するユーザーを対象とした16コアのフラッグシップパーツです。

チップは72MBの総キャッシュと105WのTDPを備えています。このチップは、最大4.9GHzのブーストクロックを備えており、16コアでは驚異的な性能を発揮します。

AMD Ryzen 9 5950Xの価格は799ドルで、他のラインナップと同様に11月5日に発売される予定だ。

AMD Ryzen 5000シリーズ「Vermeer」CPUラインナップ

 

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュ
(L2+L3)
PCIeレーン数
(Gen 4
CPU+PCH)
TDP価格
(米ドル)
AMD Ryzen
9 5950X
16/323.4 GHz4.9 GHz72 MB未確認105W$799 US
AMD Ryzen
9 5900X
12/243.7 GHz4.8 GHz70 MB未確認105W$549 US
AMD Ryzen
7 5800X
8/163.8 GHz4.7 GHz36 MB未確認105W$449 US
AMD Ryzen
5 5600X
6/123.7 GHz4.6 GHz35 MB未確認65W$299 US
AMD Ryzen
5 5600
6/12未確認未確認32 MB未確認65W$219 US?

AMDのデスクトップCPU「Ryzen 5000」のコードネーム「Vermeer」が11月5日に発売される。発売ラインナップは、16コアのRyzen 9 5950X、12コアのRyzen 9 5900X、8コアのRyzen 7 5800X、6コアのRyzen 5 5600Xとなる。

これらのSKUについての詳細はこちらをご覧ください。

すべての500シリーズマザーボード(X570/B550)は、次世代ラインナップをサポートするためのBIOSアップデートを受けることになるので、もし発売時にRyzen 5000 CPUを手に入れようと思っているなら、このリンクにアクセスして、マザーボードに対応したものを手に入れた方がいいだろう(400シリーズのサポートは2021年1月頃になることに注意)。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 9 5950X 16 Core Zen 3 CPU Obliterates Every Intel & AMD CPU In Single-Threaded Performance, Claims Top Position In Passmark

 

解説:

Ryzen 9 5950Xのベンチマーク結果がリーク

シングルスレッド性能は圧巻の歴代CPUナンバーワンです。

マルチスレッド性能はThreadripperやEPYCに負けていますが、現状でも16コアと言うのは過剰気味ですので、十分な性能と言ってもよいでしょう。

こういうリークはわざとやっているパターンとそうでないバターンがあると思いますがこれはタイミング的に言っても明らかに作為的なものを感じます。

近年、レンダリングやエンコードはGPUを使う方向にシフトしており、徐々にCPUのマルチスレッド性能を発揮する機会が少なくなってきています。

そのため、デスクトップCPUでは当面、これ以上のマルチスレッド化は行われないでしょう。

AMDは今までの課題であったシングルスレッド性能の強化に注力するのではないかと思います。

来年はVeermer reflesh と言われているWarholで、2022年のZen4はどうなるのかはわかりませんが、単純に5nmにしただけでも相当のシングルスレッド強化になるでしょう

一方Intelは・・・

IntelはRocket Lakeは8コアまでにして、シングルスレッド強化に重点を置くことにしたようです。

さらにAlder Lakeも実質的には8コア相当でしょう。

Littleコアで消費電力は下がるのかもしれませんが・・・。

Atom系の省電力コアは最近の重くなったブラウザを開くともっさり感が凄いですが、その程度は軽く処理できるくらいには進化しているものと信じましょう(苦笑

AMDのホモジニアス16コアに対して、big.Littleのヘテロジニアス合計16コアが凶と出るか吉と出るかです。

省電力コアと高性能コアにタスクを振り向ける仕組みと言うのが恐らく存在するのだと思いますが、これに失敗するととんでもないことになると思いますので、かなりの初物地雷になる可能性はあると思います。

最近Intelはフラッシュメモリ事業をSK Hynixに売却することを決定したりなどあまり良い話を聞きません。

しかし、どっちにしても、Intelはアメリカにとって日本にとっての東芝以上の企業なので倒産することは絶対ないです。

東芝があれだけ無茶苦茶をやっても倒産しなかったのは、軍事関連の技術も含めて、代替の効かない技術をいくつも持っていたからです。

Intelもスパコンと言えば軍事技術に直結するような核心的な技術ですので、アメリカが潰させないでしょうね。

尤もIntelの役員は優秀ですから、その前に何とかすると思います。

 

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.