CPU情報

AMDは、AM4 Ryzen CPUのラインアップを拡充し、新しい3D V-Cacheとローエンド・チップを搭載すると噂されています。

投稿日:

AMDはAM4を終わらせるというわけではなく、それはAMD自身によって確認されているが、レッド・チームはこのプラットフォームで今後何をするつもりなのだろうか?

その答えは、3D V-Cacheとローエンドのオプションを備えた、さらに多くのRyzen CPUで拡張することだろう。

AMDのAM4長寿命化計画。Ryzen 3D V-Cacheとローエンドオプションの追加を計画中?

AMDがAM5プラットフォームを発表した今、AM4プラットフォームで何を企んでいるのか、様々な噂が飛び交っている。

AM5プラットフォームは、Zen 4コアを搭載したRyzen 7000 CPUを提供し、DDR5 / PCIe 5.0をサポートする、これからの道筋となるプラットフォームだ。

しかし、AMDは、ユーザーの大多数がまだAM5に移行しないことを知っている。

そのため、AMDは、Ryzen 7 5800X3DといくつかのメインストリームRyzen 5000製品で、このプラットフォームに期待できることを予告しています。

最新の噂によれば、今後数ヶ月のうちに、AM4プラットフォームでより多くのアクションが見られるようになるようです。

リーク者のGreymon55は、AMDがAM4バナーの下で1つだけでなく複数のZen 3D製品を準備しているという噂は真実であり、今月中にさらなる情報がもたらされるだろうと述べています。

Zen 3Dのみが言及されていることから、Ryzen 5000ファミリーの新CPUが登場することになります。

AMDの5800X3Dは、5800Xをベースにキャッシュを増やし、8コア/16スレッドの設計を維持している。

次の追加は、Ryzen 5 5600X、Ryzen 9 5900X、Ryzen 9 5950Xをベースにする可能性がある。どのSKUが3D V-Cacheの扱いを受けるかは正確には言えないが、5600X3DはシングルCCD V-Cacheチップとなり、最大32MB L3 + 64MB LLC(V-Cache)を提供することになる。

Ryzen 9パーツは理論上、デュアルV-Cache CCDを搭載するため、L3 64MB+LLC(V-Cache)128MB、つまりCCDあたり64MBで合計192MBのキャッシュを搭載することになる。

これにL2の8MBを加えると、合計200MBのL3キャッシュを搭載することになる。

さて、AMDがRyzen 9のV-Cacheパーツで採り得る興味深い方法は、V-Cache搭載のCCDを1つ、もう1つを搭載せずに合計128MBのキャッシュを提供することです。

これでも5800X3Dより33%キャッシュが多いので、印象的なゲーム性能になるはずです。

ただ、先に述べたように、このようなSKUが存在するかどうかは確認できないが、AMDが準備している可能性があることだけは確かである。

ローエンド製品に関しては、AMDがRyzen 4000のRenoir-XチップをRyzen 5000ファミリーのCezanne-Xチップに置き換えることを計画している可能性がある。

Zen 3コアを搭載したCezanne-Xは、より良いパフォーマンスを提供し、Zen 4が主流になるまで、レッドチームがIntelのAlder LakeやRaptor Lakeの格安CPUに対して競争力を持つ可能性は十分にあるという。

これらの3D V-Cache Ryzen 5000 CPUは、AM4のユーザーが、AM5に移行するためにプラットフォーム全体を変更する必要なく、新しいものを手に入れることを可能にします。

とはいえ、AM5も今年中にアップグレードされたZen 4 V-Cacheのラインアップを手に入れる予定なので、エンスージアストゲーマーは、既存のAM4セットアップを維持したままZen 3Dの部品を使用するか、プレミアムZen 4Dレンジですべてをやり遂げるかというオプションを得ることができます。

AMDメインストリームデスクトップCPUの世代間比較:

AMD CPU
ファミリ
コードネーム製造プロセス最大コア数
/スレッド数
TDP (最大)プラット
フォーム
チップセットサポート
メモリ
PCIeサポート発売時期
Ryzen 1000Summit Ridge14nm (Zen 1)8/1695WAM4300シリーズDDR4-2677Gen 3.02017
Ryzen 2000Pinnacle Ridge12nm (Zen +)8/16105WAM4400シリーズDDR4-2933Gen 3.02018
Ryzen 3000Matisse7nm (Zen 2)16/32105WAM4500シリーズDDR4-3200Gen 4.02019
Ryzen 5000Vermeer7nm (Zen 3)16/32105WAM4500シリーズDDR4-3200Gen 4.02020
Ryzen 5000 3DWarhol?7nm (Zen 3D)8/16105WAM4500シリーズDDR4-3200Gen 4.02022
Ryzen 7000Raphael5nm (Zen 4)16/32170WAM5600シリーズDDR5-
5200/5600?
Gen 5.02022
Ryzen 7000 3DRaphael5nm (Zen 4)16/32?105-170WAM5600-シリーズDDR5-
5200/5600?
Gen 5.02023
Ryzen 8000Granite Ridge3nm (Zen 5)?未確認未確認AM5700シリーズ?DDR5-5600+Gen 5.02024-2025?

ソース:wccftech - AMD Rumored To Expand AM4 Ryzen CPU Lineup With New 3D V-Cache & Low-End Chips

 

 

 

 

解説:

AMDがAM4の延命を計画か?

これには私も賛成です。

ウクライナ戦争で生活必需品などが値上がりしていることや巣篭り需要の減退でPC需要そのものが減退していることを考えると、AM4を延命するのはありだと思います。

IntelもAlderとRaptorでDDR4とDDR5を両方使える過渡期的な扱いをしており、AMDがユーザーに配慮してAM4を延命するのは自社のプラットフォームにいる顧客への配慮としては妥当だと思います。

DDR5は確かに素晴らしい性能がありますが、価格が下がるのは2023年以降と見られていますので、十分価格が下がるまではAM4を使っている顧客に配慮するのはありでしょう。

5800X3D以外の3D V-cache搭載モデルの発売やRenoir-XをCezanne-Xに置き換えることなどが中心ですが、別のリークではAM4でZen4を出すことも検討しているというような話も上がっていました。

※ Renoir-XとCezanne-XはAPUの内蔵GPUを無効にした製品です。ノーマル版との主な違いはキャッシュの容量で、キャッシュが小さい分性能が落ちますが、価格が安いという位置づけになります。

いずれにしても、ノーマルのZen3ではAlderlake以降のIntel製品に対抗するのは難しいですから、何らかのテコ入れを行うのは非常に有効だと思います。

 

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥81,000 (2022/08/19 07:42:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.