CPU情報 その他

AMD 7nmウエハー生産は2H 2020で2倍に、TSMCでの7nm容量は現在完全に予約済み

投稿日:

tsmc logo

台湾の大手技術雑誌は、AMDの投資家を大いに喜ばせることを確実にする物語を破りました。

TSMCは、Appleが7nmから5nmに移行するにつれて、AMDからの7nm注文が2020年下半期に2倍になると予想しており、AMDが埋めようとしているマージンを残しています。

TSMCは、AMDが2020年下半期から7nmプロセッサーの最大の顧客になると予想しており、これはAMDの売上が2020年下半期から天井知らずに上がることを意味しています。

 

TSMC 7nmキャパシティは2020年下半期まで完全に予約され、AMDは7nmの最大の顧客になる

これは、Intelが最初の10nmチップを展開するのとほぼ同じスケジュールです(すべてが計画どおりに進んだ場合)。

ただし、残念ながら、7nmのTSMC容量は現在完全に予約されているようで、Appleが進む前にAMDが7nm製品の供給を増やすとは思わないかもしれません。

先に進む前に、許可を得て引用された@chiakokhuaによる関連部分の翻訳を以下に示します。

TSMCの7nm生産能力は完全に予約されています。 Appleが2H'2020で5nmに移行したときにのみ、救済がもたらされる可能性があります。 TSMCの7nm容量は、2020年下半期に140,000 wpmに増加します。

注文の割合により、7nmを使用している顧客のランキングは変更されます。 AMDの注文は2倍に設定されており、Appleが最大の顧客(7nm)に取って代わります。

HuaweiのHiSiliconとQualcommは、注文の割合で似ています。

TSMCの7nm生産能力は増加し続けています。

業界では、2020年上半期に月間生産能力が110,000枚に達すると予想しています。

注文の割合で上位5社の顧客は、Apple、HiSilicon、Qualcomm、AMD、およびMediatekです。

Mediatekを除き、注文シェアは季節に応じてそれぞれ約20%に分割されます。

Mediatekのシェアは約13%です。

ただし、7nmのキャパシティが2H'2020年に140,000 wpmに増加し、最大の顧客であるAppleがA14プロセッサを使用して5nmに移行すると、7nmの注文による顧客ランキングが変更されます。

急降下して、AMDは30,000枚のウェーハの容量を予約し、全容量の21%を占めました。

HiSiliconとQualcommの注文は同様で、17〜18%です。

Mediatekのシェアも14%に上昇しました。

現在、サムスンの7nm生産能力は約150,000 wpmです。

また、7nmの容量を積極的に増やしています。

業界の噂によると、Samsungは2020年に容量を4倍にする予定です。NvidiaとQualcommの次世代製品は、Samsungの7nm EUVプロセスを使用して生産される可能性がありますが、詳細はまだ不明です。

※ WPMとはウェハ/月のことで月にどれだけのウェハを処理できるかという半導体工場の生産能力を表します。

ウェハー

この記事には、本当に素晴らしい情報がいくつか含まれています。 まず、Appleが2020年下半期に5nmに移行し、AMDのような企業のスペースを解放する予定であることを知っています。

第二に、TSMCは施設の容量をさらに増やしているため、AMDはAppleの残り物だけでなく、さらに多くのウェーハも手に入れることになります。

現在、HiSiliconとQualcommはどちらもAMDを上回っていますが、2020年下半期までにTSMCの最大の7nm顧客となり、QualcommとHiSiliconの生産を廃止する予定です。

さらにこの記事では、AMDがTSMCの総容量の21%を占める1回の「急降下」で30,000枚のウェーハを予約したことにも言及しています。

※ swoopとは急降下という意味だが、ここでは爆撃のための急降下という意味で、「襲い掛かる」くらいの意味だと思われます。

同時に、Samsungは7nm生産を15万台から増やす準備をしています。

NVIDIAとQualcommの次世代製品は、おそらくサムスンの7nm EUVプロセスに基づいており、これは次世代リソグラフィの真の例であり、いくつかの超微細エッチングを実現します(高収率とクロック速度を参照)。

NVIDIAは、7nmプロセスへの移行計画についてはかなり不満を抱いていましたが、グレープバインによれば、来年初めにいじめ/発表される予定のアンペアアーキテクチャでそれが起こると予想しています。

Intelはまだ10nmデスクトッププロセッサを公開していませんが、2020年には7nmベースのプロセッサの売上が大幅に増加し、Intelからの市場シェアを獲得するために期待される需要が増加するようです。

ソース:wccftech - AMD 7nm Wafer Production Set To Double In 2H 2020, 7nm Capacity At TSMC Currently Fully Booked

 

解説:

2020年はAMDがポストIntelになる年かもしれない

2020年にAMDがTSMCの7nmプロセスをほぼ独占するのではないかという話です。

私がこの手の話を好んで取り上げるのは、技術的な話というのはリーク情報界隈では扱う人が多いこと、思い込みから勘違いしたり先走ったりすることが多いことが理由です。

お金の流れというのは決して嘘をつきません。

実際のところ私も技術的な話に力点を置くことはできなくもないですが(笑、基本的にほかの方の劣化版になってしまいますので、こうした方向の記事も取り上げていきます。

沢山の注文をするということは沢山の製品を出荷し、たくさんの人をこれから「食わせていく」ということにほかなりません。

世の中で最も尊いことは「人を食わせていくこと」と言いましたが、たくさんの人がAMD製品に「食わせて」もらったら、当然悪口を言う人は減るということです。

ノートPCのOEMでもAMD製品の採用が進めばさらにAMDの悪口を言う人も減るでしょう。

自分たちの飯のタネですからね。

これからはAMD、そういう人が増えるのではないかと思います。

世の中には様々な立場の人がいますが、なぜポジショントークというものが生まれていくのかよくわかるのではないでしょうか。

そういうことを「想像」して、相手の言ってることがどのくらい信用できるのか自分の中に物差しが作れるようになっていただけるとこうした記事を書いている甲斐があります。

巨大な投資、巨大な原材料の消費、巨大な最終製品の出荷、このプロセスを経てAMDにお金が集まり、集まったお金を再投資して人材や技術開発に充て、さらに優秀な製品を生み出していく、その入り口にAMDが立ったことを意味します。

優秀な製品を出し、Intelが現在応えられない市場の要求にこたえることができれば、Intelにとって代わるものとしてのAMDの立ち位置が確立するものと思います。

2020年、業界の期待をAMDが一身に集めることになるかもしれません。

 

新発売!Ryzen 5000シリーズ

高額な転売品にご注意ください。

メーカーの希望小売価格は以下の通り(税込)

Ryzen 9 5950Xが10万6480円

Ryzen 9 5900Xが7万1478円

Ryzen 7 5800X5万8828円

Ryzen 5 5600Xが3万9380円

 

Ryzen 3000XTシリーズ

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

 

-CPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.