CPU情報

疑がわしいAMD Ryzen 9 5900X 12コア&24スレッドZen 3 CPUベンチマークのリーク - Ryzen 9 3900Xと比較してマルチスレッドテストで最大15%高速化し、シングルスレッドテストで25%高速化

投稿日:

AMD Ryzen 9 5900X 12コアと24スレッドのZen 3 CPUの疑惑のベンチマークがリークされました。

このリークは、Twitter仲間の@9550proによって発見された12コアと24スレッドのAMD CPUがシングルスレッドとマルチスレッドのテストを実行しているCPU-zのスクリーンショットの形で確認されています。

AMD Ryzen 9 5900X 12コア&24スレッドZen 3 CPU 疑惑のベンチマークがリークアウト - Ryzen 9 3900Xと比較してシングルコア性能が最大25%高速化

CPU-Zのスクリーンショットには、100-000000061-08の文字列を持つ未発表のAMDプロセッサが掲載されている。

CPU-Zアプリケーションに記載されている詳細によると、24スレッドと記載されているように、このチップは12コア構成を特徴としているようです。

このように、これはAMD Ryzen 9 5900Xの最初のベンチマークとなる可能性があります。これは、12コアと24スレッドの設計を特徴とし、既存のRyzen 9 3900X CPUを置き換える次世代Zen 3搭載プロセッサです。

疑惑のあるAMD Ryzen 9 5900Xチップがどのようなクロックで実行されたか、どのようなプラットフォームとメモリが使用されたかについての詳細はありませんが、最近の噂に基づいて約5GHzであるはずの純正クロックでテストが実施されたことは非常に好まれています。

性能としては、チップは、AMD Ryzen 7 3700X よりも シングルコア テストで27% 速い 652.8 ポイントをスコアし、Ryzen 9 3900X よりも最大 25% 速いです。

考慮すべき点としては、これらはIPCによる恩恵ではなく、先行製品を上回る一般的なシングルコア性能の恩恵であるということだ。まだクロック速度が分かっていないので、これらのベンチマークで正確なIPC向上率を抽出することはできません。

マルチスレッド性能テストに来て、疑惑のAMD Ryzen 9 5900X CPUは、Ryzen 7 3700XとRyzen 9 3900Xに比べて75%の大幅な改善と15%の改善である9481ポイントの合計をスコアしました。

今もう一度、これが本当にRyzen 9 5900Xか他のチップか、あるいはこのベンチマークが正当なものであるかどうかはわかりませんが、もし本当であれば、Ryzen 3000 CPUよりも印象的なパフォーマンスのジャンプを見ていることになります。

Zen 3コアアーキテクチャをベースにしたAMD Ryzen 5000シリーズのラインナップは、公式には10月8日か来週に発表される予定で、最近の噂では10月末頃にリテールローンチされると言われています。

また、AMD Ryzen 7 5800Xのベンチマークも数日前にリークされています。

AMD Ryzen 5000シリーズ「Vermeer」CPUラインナップ

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュ
(L2+L3)
PCIe レーン数
(Gen 4 CPU
+PCH)
TDP価格
AMD Ryzen 9
5950X
16/32未確認未確認72 MB未確認未確認未確認
AMD Ryzen 9
5900X
12/24未確認未確認70 MB未確認未確認未確認
AMD Ryzen 7
5800X
8/16未確認未確認36 MB未確認未確認未確認
AMD Ryzen 5
5600X
6/12未確認未確認35 MB未確認未確認未確認

これがAMDのZen 3ベースのRyzen 5000「Vermeer」デスクトップCPUについて知っていることのすべてです。

AMD Zen 3アーキテクチャは、初代Zen以来の偉大なCPUデザインと言われている。

グループアップから全面的に刷新されたチップで、IPCの大幅な向上、クロックの高速化、高効率化の3つに重点を置いている。

AMDはこれまでのところ、Zen 3には新しいCPUアーキテクチャが搭載されており、IPCの大幅な向上、クロックの高速化、コア数の増加を実現していることを確認しています。

一部の噂では、主要なキャッシュの再設計とともに、IPCが17%増加し、Zen 3の浮動小数点演算が50%増加すると指摘されています。

また、EPYCのプレゼンテーションでは、Zen 3が統一されたキャッシュ設計を提供し、各Zen 3コアがアクセスできるキャッシュがZen 2に比べて実質的に2倍になることを示したキャッシュ設計の大きな変更を見ることができました。

CPU はまた、Zen 3 ベースの Ryzen プロセッサを第 10 世代インテル Core の提供に近いもたらす必要があります 200-300 MHz のクロック ブーストまで取得することが期待されています。

それは、大規模な IPC の増加とアーキテクチャへの一般的な変更と一緒に、既存の Ryzen 3000 プロセッサよりもはるかに高速なパフォーマンスになるだろう、すでに Ryzen 2000 と Ryzen 1000 プロセッサ上の巨大なジャンプを作ったが、AMD は非常に最近発表したように革命的な製品ではなく、進化しています。

考慮すべき重要な点は、チップレットアーキテクチャの復活と、AMDが既存のAM4ソケットのサポートを維持することです。

AM4ソケットは2020年まで使用される予定だったので、AMDがDDR5やUSB 4.0などの将来の技術を中心に設計されたAM5に移行する前に、Zen 3ベースのRyzen 5000 CPUがこのソケットを使用する最後のファミリになる可能性が高いです。

AMDのX670チップセットは、今年末までに到着することが示唆されており、PCIe Gen 4.0のサポートが強化され、M.2、SATA、USB 3.2ポートの形でI/Oが増加することを特徴としている。

最近、AMDはRyzen 5000デスクトップCPUが400と500シリーズのチップセットでのみサポートされ、300シリーズはサポートされないことを確認した。

また、AMDは最近、Zen 3ベースのRyzen 5000デスクトップ・プロセッサが高性能の旅の継続を示すことを確認していました。Zen 3アーキテクチャは、第3世代のRyzen 3000 MatisseファミリのCPUを置き換えるVermeerファミリのCPUの発売に合わせて、コンシューマ・デスクトップ・プラットフォームで初めて利用可能になる。

では、AMDはPC分野で次は何をするのだろうか?あまり多くは語れませんが、今年後半に発売予定の初の「Zen 3」クライアント・プロセッサを搭載した高性能の旅が続いていると言えます。私たちのベスト・オブ・ザ・ベストをまだ見たことがないということで締めくくりたいと思います。

AMD コンピューティング&グラフィックス担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント リック・バーグマン

現在のところ、AMDのZen 2ベースのRyzen 3000の競争上の優位性は、Intelが今年に向けて準備しているものに比べてあまりにも大きく、Zen 3ベースのRyzen 5000 CPUは、その限界をさらに押し広げようとしています。

AMDは10月8日に次世代Ryzen CPUとその基礎となるZen 3コアアーキテクチャを発表することを期待している。

AMD CPUロードマップ(2018-2020)

Ryzen
ファミリー
Ryzen
1000 Series
Ryzen
2000 Series
Ryzen
3000 Series
Ryzen
5000 Series
Ryzen
6000 Series
Ryzen
7000 Series
アーキテクチャーZen1Zen1/Zen+Zen2/Zen+Zen 3
/ Zen 2
Zen 3+
/ Zen 3?
Zen (4)
/ Zen 3?
製造プロセス14nm14nm / 12nm7nm7nm+ / 7nm7nm+ / 7nm5nm / 7nm+
ハイエンド
サーバー
(SP3)
EPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Milan'EPYC 'Genoa'
最大サーバー
コア数/
スレッド数
32/6432/6464/12864/128不明不明
ハイエンド
デスクトップ
(TR4)
Ryzen Threadripper
1000 Series
Ryzen Threadripper
2000 Series
Ryzen Threadripper
3000 Series
(Castle Peak)
Ryzen Threadripper 4000 Series (Genesis Peak)Ryzen Threadripper 6000 SeriesRyzen Threadripper 7000 Series
最大HEDT
コア数/
スレッド数
16/3232/6464/12864/128?不明不明
メインストリーム
デスクトップ
(AM4)
Ryzen 1000 Series
(Summit Ridge)
Ryzen 2000 Series
(Pinnacle Ridge)
Ryzen 3000 Series
(Matisse)
Ryzen 5000 Series (Vermeer)Ryzen 6000 Series (Warhol)Ryzen 7000 Series (Raphael)
最大
メインストリーム
コア数/
スレッド数
8/168/1616/3216/32不明不明
APU(AM4)N/ARyzen 2000 Series
(Raven Ridge)
Ryzen 3000 Series
(Picasso 14nm Zen+)
Ryzen 4000 Series (Renoir Zen 2)Ryzen 5000 Series (Cezanne Zen 3
Lucienne Zen2)
Ryzen 6000 Series (Rembrandt Zen 3)
発売年2017201820192020/20212020/20212022

ソース:wccftech - Alleged AMD Ryzen 9 5900X 12 Core & 24 Thread Zen 3 CPU Benchmark Leaks Out – Up To 15% Faster In Multi-Threaded & 25% Faster In Single-Threaded Tests Versus Ryzen 9 3900X

 

解説:

Ryzen 9 5900XのものとされるCPU-Zのベンチマーク結果がリーク

内容は記事を読めばわかるので、解説では表にまとめてみました。

CPU-Z
シングル
CPU-Z
マルチ
Ryzen 9 5900X652.89481.8
Core i9-10900K5887159
Core i9-9900K5825576
Ryzen 9 3950X56211098
Ryzen 7 3900XT5518816
Ryzen 7 3800XT540.25826.4
Ryzen 7 3700X5175471

その性能は驚異的なもので、歴代最高のシングルスレッド性能を誇るCore i9-10900Kを一割以上も上回っています。

マルチスレッド性能はRyzen 9 3950Xには及びませんが、それでもかなりの性能アップを果たしています。

Rocket Lake-Sがこの性能をたたき出すには、シングルコアターボで5.3GHz以上の数値を出さなくてはなりません。

ESでのクロックは5.0GHzでしたが、これがどこまで向上させられるのかですね。

マルチスレッド性能は8コア16スレッドなのでかなわないでしょう。

シングルスレッド性能でも最高でもギリギリ勝つか負けるかと言ったところになると思います。

Ryzen3000シリーズの性能は向上率も含めて驚異的でしたが、Ryzen5000シリーズはそれ以上の性能になると思われます。

 

ただし注意してほしいのが、これが中国ソースだと言うことです。

中国ソースは3600XT発売の時も3600の結果を3600XTと偽ってベンチマーク結果を出していましたが、とにかく中国ソースはうさん臭いので、その点だけは注意してください。

 

 

Ryzen 5000シリーズ(2020/11/5発売予定)

検索リンク

AMD Ryzen 9 5950Xをamazonで検索

AMD Ryzen 9 5900Xをamazonで検索

AMD Ryzen 7 5800Xをamazonで検索

AMD Ryzen 5 5600Xをamazonで検索

 

Ryzen 3000XTシリーズ

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen2000シリーズ(旧モデル)

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥34,569 (2020/10/21 20:07:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥40,400 (2020/10/21 20:07:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥19,980 (2020/10/21 20:07:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥18,980 (2020/10/21 20:08:00時点 Amazon調べ-詳細)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.