CPU情報

Intel i9-9990XEプロセッサを準備している可能性がある - コア数が14、255 W TDPで最大5.0 GHzの周波数

投稿日:

IntelはおそらくCore i9-9990XEとして知られる彼らのCore-X HEDTラインナップに新たな主力の参入者を準備する可能性があります。

新しいプロセッサの詳細はAnandtechによって共有されており、このハイエンドのプレミアム製品はこれまでに設計された最高5.0GHzのクロックを搭載した最速のクロック付きCore-Xチップであるかもしれないと述べています。

 

14コア、5.0 GHz周波数を特長とするIntel Core i9-9990XE - 直接販売されていない可能性があります

そのようなプロセッサが実際に起動すれば、それは混雑したCore-X 9th Genファミリーの8つのSKUでしょう。

Core i9-9980XEは18個のコアを持つフラッグシップですが、Core i9-9990XEは14個のコアを使用しながら、より高いSKU命名体系を採用することになります。

このチップの完全な仕様は14コアと28スレッドを含みます。

これらは9980XE CPUよりも4つ少ないコアと8つ少ないスレッドですが、クロック速度はこの部分ではずっと速いです。

 

Core i9-9990XEは、4.0 GHzのベースクロック(Core i9-9980XEの+ 1.0 GHz)と5.0 GHzのブーストクロック(Core i9-9980XEの+ 0.5 GHz)をロックすると言われています。

これにより、既存の主力製品よりもはるかに優れた作業負荷とゲームパフォーマンスが可能になります。

このチップはDDR4-2666 MHzメモリと44 PCIe Gen 3.0レーンをサポートします。

ここでのもう一つの詳細は、チップが255Wの定格TDPで消費電力の点で独り占めになるということです。

これだけでは、このプロセッサを最大限に安定させるには、優れたX299マザーボードが必要であることがわかります。

 

CPU名Core i9 9990XE Core i9 9980XE Core i9 9960XCore i9 9940XCore i9 9920X Core i9 9900XCore i9 9820XCore i9 9800X
コア数/スレッド数14/2818/3616/3214/2812/2410/2010/208/16
ベースクロック4.0 GHz3.0 GHz3.1 GHz3.3 GHz3.5 GHz3.5 GHz3.3 GHz3.8 GHz
ブーストクロック5.0 GHz4.5 GHz4.5 GHz4.5 GHz4.5 GHz4.5 GHz4.5 GHz4.5 GHz
キャッシュ不明24.75 MB L322 MB L319.25 MB L319.25 MB L319.25 MB L316,5 MB L316.5 MB L3
メモリサポートDDR4 -2666DDR4 -2666DDR4 -2666DDR4 -2666DDR4 -2666DDR4 -2666DDR4 -2666DDR4 -2666
プラットフォームPCIEレーン数68 PCIe Lanes68 PCIe Lanes68 PCIe Lanes68 PCIe Lanes68 PCIe Lanes68 PCIe Lanes68 PCIe Lanes68 PCIe Lanes
ソルダリング
TDP255W165W165W165W165W165W165W165W
価格(USドル)~$2000 US$1979 US$1684 US$1387 US$1189 US$989 US$898 US$589 US

 

Core i9-9980XEを超えるTDPジャンプは90Wで、そのようなより高いTDP数のチップを処理できるX299マザーボードはわずかしかありません。

また注目に値するのは、14コアCPUであるi9-9940Xがすでに約1400ドルの値段でラインナップに存在しているということです。

はるかに速いCore i9-9990XEは非常に高価な価格になるかもしれません。

私達は価格設定がCore i9-9980XEと同じように2000ドルの範囲に入ることを期待しています。

これにより、Intelは、より速いクロックとより高いコア構成の両方が同じ価値になるでしょう。

しかし、彼らがライバルとの競争に後れを取らないかかどうかは、このタイプのプロセッサのレビューはわずかだろうが、それが現れるまでわからないだろう。

ソース:wccftech - Intel Possibly Readying Core i9-9990XE Processor – Rocks 14 Cores, Up To 5.0 GHz Frequency at 255W TDP

 

解説:

intelさん、ついに壊れる

intelからLGA2066プラットフォームの新しいCPUが発表されました。

ゲーマー諸兄に注目なCore i9-9990XEです。

SkylakeアーキテクチャCPUの限界と思われる5.0GHzまで回る14コア28スレッドのプロセッサ。

ゲーム用としてはおそらく世界最強でしょう。

しかし、LGA1151のCore i9-9900Kがショートしていることからもわかる通り、ここまで回るCPUはかなり高レベルの選別品になり、出回る数自体がかなり少なくなることが予想されます。

訳文中では遠回しな表現になっていますが、販売がOEM向けのみのオークション制になる可能性があるようです。

9990XEの仕様を見て思いつくのはゲーム向けなので、超高額なカスタムBTOとかに使われるんですかね。

CESで発表された第三世代Ryzenの出来を見て、intelも腹をくくったのか、もはやなりふり構っていられない状況という感じなのでしょうか。

しかし、ゲーマーとしては非常に気になるCPUなので、どこぞの富豪がレビューしてくれないかなと期待してみたり。(笑

Ryzen Threadripper2990WXもTDP250Wですが、Core i9-9990XEもTDP255Wで、ここまでくると空冷ではギリギリの限界でしょう。

これ以上クロックを上げようとするとCPUが耐えられてもVRMが焼けるとかそんなレベルになるんじゃないかと思います。

マザーボードも9990XEで動作することを前提に設計されたマザーボードを使ったほうがよいでしょう。

言ってみればメーカーが出荷するまでの間にギリギリまでOCの設定を出してくれているモデルと解釈するとよいのではないかと思います。

車でいえばフルチューンされたカスタムカーみたいなものでしょう。

非常に価値が高いCPUだと思います。

BTOで出す場合はCore i9-9900XE+Titan RTXくらいの仕様じゃないと釣り合わない希少さでしょうが、リッチな方はぜひ手に入れてレビューしてください。(笑

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.