CPU情報

噂:AMD Zen 5 CPUは、TSMCがIntelとAppleに3nmノードを優先的に割り当てるため、2024-2025年に遅れる可能性があります。

投稿日:

DigiTimesのレポートでは、AMDのZen 5 CPUは、同社がTSMCの次世代3nmプロセスノードへの移行を計画している場合、遅延の可能性があるようだ。

TSMCの次世代3nmノードを採用した「AMD Zen 5」CPUに延期の可能性が浮上、との報告も

このレポートによれば、TSMCの3nmプロセスノードは、次世代プロセスノードの獲得に多くの投資をしているIntel&Appleの2大企業が優先的に採用し、同プロセスの「VIP」顧客としてマークされているとのことだ。

AMD、NVIDIA、MediaTekなどの顧客も3nmノードへのアクセスを希望していますが、開始は2023年末になる見込みで、このプロセスを採用した次世代製品の生産は、2024年か2025年にずれ込むことになります。

現在、AMDがZen 5コアベースのプロセッサにTSMCの3nmプロセスノードを採用するかどうかは、断言できない。

ただ、Zen 4では、NVIDIAが次のゲーミング製品に利用する予定のTSMC 5nmプロセスノード(TSMC 4N)を利用することが分かっているだけだ。

このレポートに基づいて、AMDには3つの可能性のある選択肢がある。1つは、Zen 5コアの生産を2024~2025年まで待たなければならないことだ。

Zen 3が2020年後半に発売され、2022年後半にリプレースされることを考えると、これは2年の周期となる。

最も可能性が高いのは、AMDがZen 5の立ち上げを2024年末か2025年初頭に延期することだ。

もう1つの選択肢は、AMDがZen 5のプロセスノードをN5Pプロセスから活用するというもので、

N5ノードはNVIDIAのグリーンチームが活用している4Nノードに比べ、はるかに最適化され、より優れたバージョンになっています。

しかし、Zen 5がアーキテクチャの大改革になることを考えると、N3のように最新のプロセスノードにも搭載しないのは理にかなっていない。

最も可能性の低いシナリオは、AMDがTSMCと交渉して早期アクセスに成功することですが、すでに2つの大手企業がN3ウェーハの争奪戦を展開していることを考えると、AMDは供給が制限されてしまい、2024年の出荷量が予想を下回る可能性があります。

最初のケースは、AMDがV-Cache搭載のZen 4を中間的に発売し、Zen 5を発売するまでの1年間、IntelのゲーミングCPUオプションに対して非常に高い競争力を持つことができるので、より可能性が高いと思われます。

今のところ、これはすべて噂であり、そのように扱われるべきですが、私たちは間違いなくZen 5がすぐにでも登場するのを見たいと思っています。

AMD Zen CPU / APU ロードマップ

Zen
アーキテクチャー
Zen 1Zen+Zen 2Zen 3Zen 3+Zen 4Zen 5Zen 6
製造プロセス14nm12nm7nm7nm6nm?5nm3nm?未確認
サーバーEPYC Naples
(第一世代)
N/AEPYC Rome
(第二世代)
EPYC Milan
(第三世代)
N/AEPYC Genoa
(第四世代)
EPYC Bergamo
(第五世代?)
EPYC Turin
(第六世代)
EPYC Venice
(第七世代)
ハイエンド
デスクトップ
Ryzen
Threadripper 1000
(White Haven)
Ryzen
Threadripper
2000 (Coflax)
Ryzen
Threadripper
3000
(Castle Peak)
Ryzen
Threadripper
5000 (Chagal)
N/ARyzen
Threadripper
6000 (未確認)
未確認未確認
メイン
ストリーム
デスクトップ
Ryzen 1000
(Summit Ridge)
Ryzen 2000
(Pinnacle Ridge)
Ryzen 3000
(Matisse)
Ryzen 5000
(Vermeer)
Ryzen 6000
(Warhol / Cancelled)
Ryzen 7000
(Raphael)
Ryzen 8000
(Granite Ridge)
未確認
メイン
ストリーム
デスクトップ
APU
Ryzen 2000
(Raven Ridge)
Ryzen 3000
(Picasso)
Ryzen 4000
(Renoir)
Ryzen 5000
(Lucienne)
Ryzen 5000
(Cezanne)
Ryzen 6000
(Barcelo)
Ryzen 6000
(Rembrandt)
Ryzen 7000
(Phoenix)
Ryzen 8000
(Strix Point)
未確認
低電圧
モバイル
N/AN/ARyzen 5000 (Van Gogh)
Ryzen 6000 (Dragon Crest)
未確認未確認未確認未確認未確認

ソース:wccftech - AMD Zen 5 CPUs Might Get Delayed To 2024-2025 Due To TSMC’s Priority Allocation of 3nm Node To Intel & Apple

 

 

 

解説:

Zen5は2024-2025年に後退か?

2023年はTSMCの3nmをAppleとIntelに押さえられてしまったので難しそうです。

TSMC5nmとTSMC3nmはかなり大幅にトランジスタ密度が違いますので、他での代替は効かないと思います。

現実的な方策として、2024-2025年に後退と言うのが一番可能性が高いでしょうね。

2023年はZen4+3D V-Cacheと言う噂も出ていますので、これが現実的な解決策ではないでしょうか。

当初の私の予想では、Zen2/3で付けたリードをTSMC5nmでさらに広げ、TSMC3nmでIntelにトドメを指すというものでした。

しかし、5nmもなんだかんだでAppleがリリースするのが遅れ、TSMC3nmはIntelに押さえられてしまいましたので、もはや予定通りには進まないでしょうね。

IntelはAMDとだけ戦っているわけではありませんので、MeteorLakeの現実的なライバルはM2(?)ってことになるんですかね。

Intel4+TSMC3nmのMeteorLakeは下手をするとAMDに大差をつける可能性がいよいよ高くなってきました。

Intel4と言っている以上少なくともTSMC5nmと同等以上の性能はあるのでしょうから、なかなか苦しい展開と言うことになります。

今一つ気になるのはTSMC3nmで作られるMeteorLakeのiGPUのtileですが、GPUは同じ回路を並列動作させて性能を稼ぎますので、プロセスの微細化の恩恵を最も受けるチップです。

そのため、DRAMとの速度差をカバーする大容量のキャッシュを積めば、ローエンドからミドルレンジGPUも真っ青の性能を発揮する可能性もありますので、TSMC3nmを押さえて作るintelのMeteorLakeが猛威を振るう可能性も0ではないと私も考えています。

世の中にはそうでないと強弁する人もいるにはいますが、金を持っている所が勝つというのは当たり前の結果なので、これはなかなか厳しい話だと思います。

Intelがブライドを捨ててTSMCの3nmを押えるというのは最初に話が出たときちょっと驚きましたが、自社の技術のみにこだわらないというのはAMDやnVidiaにとってはなかなかに厳しい話ではないかと思います。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥76,700 (2022/5/25 7:09:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.