CPU情報

AMD Ryzen 5 3600 6コアCPUベンチマークがリーク、価格/性能でIntelのi9-9700Kをノックアウト - Intel Coffee Lakeよりも高いIPC、PUBGで6%高速

更新日:

AMD Ryzen Logo

Ryzen 3000 CPUの発表の間に、AMDはそれぞれ特定のZen 2ベースのRyzen 9とRyzen 7 CPUのための様々なベンチマークデモを展示しました。

しかし、同社はRyzen 5 3000ラインナップのベンチマークも発表しなかった。これも新しいZen 2コアをベースにしており、300米ドル以下の価格で予算セグメントを目指している。

現在、AMD Ryzen 5 3600はさまざまなベンチマークから結果が出ています。200米ドルのチップでは、パフォーマンスは見事です。

 

AMD Ryzen 5 3600 6コアCPUベンチマークが漏洩し、コーヒー湖よりも高いIPCを実現 - IntelのCore i7-8700Kをわずか199ドルでノックアウト

AMD Ryzen 5 3600の仕様について少し要約すると、このチップは6コアと12スレッドを備えています。

それは6コア部分のためのかなり標準的な3.6 GHzのベースクロックと4.2 GHzのブーストクロックを持っています。

35 MBの総キャッシュ容量とわずか65 WのTDPもあり、これらすべては7月7日に199米ドルの価格で提供される予定です。

 

今度はパフォーマンスのセクションに移動して、Ryzen 5 3600は2つのベンチマークデータベース、GeekbenchとUserBenchmarkで発見されました。

Chiphellフォーラムのメンバーによって投稿された特定のゲームベンチマークもありますが、まずCPU中心のベンチマークに注目し、次世代のRyzen 5がZen / Zen +コアをベースにした競合他社と比較してみましょう。

まず最初に、これまでに2つのエントリを含むGeekbench V4のスコア(TUM APISAKによる)を見ていきます。

一方のエントリーはASUS TUF Gaming X 570-Plusマザーボードで行われ、もう一方のエントリーはASUS Prime X 470-PROマザーボードで行われました。

どちらもシステム構成が異なるため、互いに異なるスコアが得られますが、シングルスレッドスコアとマルチスレッドスコアはどちらの場合もほぼ同じです。

X570構成は、シングルコアで5390ポイント、マルチスコアポイントで26371ポイントを獲得しますが、X470構成は、ベンチマークのマルチコアセクションで5358ポイントおよび27485ポイントを獲得します。

Ryzen 5 3600@X570

 

Ryzen 5 3600@X470

比較のために、Ryzen 7 1800Xはシングルコアで平均4400ポイント、マルチコアベンチマークで24000ポイント、8700Kはマルチコアベンチマークで平均5400ポイント、マルチコアベンチマークで25000ポイントで、Ryzen 5 2600は約4700シングルコアのポイントとマルチコアベンチマークの23000ポイントです

 ZenおよびZen +ベースのチップを超える性能の向上はごくわずかですが、その価格ではチップがCore i7-8700KおよびCore i7-9700Kを市場で苦労させるはずです。

AMD Ryzen 3000シリーズCPUラインナップ

CPU名Ryzen 5 3600Ryzen 5 3600XRyzen 7 3700XRyzen 7 3800XRyzen 9 3900X
コア数/スレッド数6/126/128/168/1612/24
ベースクロック3.6 GHz3.8 GHz3.5 GHz3.6 GHz3.8 GHz
ブーストクロック4.2 GHz4.4 GHz4.4 GHz4.5 GHz4.6 GHz
トータルキャッシュ35 MB35 MB36 MB36 MB70 MB
PCI Exレーン数(CPU+チップセット)4040404040
TDP65W95W65W105W105W
価格(USドル)$199 US$249 US$329 US$399 US$499 US

先に進むと、User BenchmarkにRyzen 5 3600のさまざまなエントリがあります。

これは、Zen 2がCoffee LakeプロセッサよりもIPCで非常に優れていることを示しています。

Kaby Lakeの主力製品である7700Kと比較すると、Ryzen 5はRedditユーザーTeh_Hammerによって発見された7%のIPCリードを示しています。

 

3600 @ 4.05GHz = 134。
7700k @ 5.1は157になります。
157 / 5.1 * 4.05 =〜125。

つまり、この特定の(シングルスレッド)ベンチマークでは、Zen 2はIPCで約7%の利点があります(シングルスレッドターボが実際には4.05GHzの場合)。

Redittの該当スレッド

Userbenchのページ

 

また、Coffee LakeはKaby Lakeと同じアーキテクチャを使用しているので、Intelの第8世代と第9世代のCPUに比べて同様のIPCの増加が予想されます。 これは、Zen 2 CPUにとって素晴らしい機能であるIPCの点で、AMDをIntel CPUよりもはるかに優れている、あるいはさらに優れています。

Core i7 - 8700Kと9700Kも互いに非常に似ており、Ryzen 5 3600は、パフォーマンスへの価格とそれが95Wと評価されているIntel CPUと比較してちょうど65Wチップであるという事実の点で説得力のあるリードにあるように思われます。

また、第8世代および第9世代のCore i7製品は非常に熱くなっていますが、AMDの7nmチップは極端な作業負荷でもはるかに優れたパフォーマンスを示し、最近のリークで見られるような適切なオーバークロック数も提供します。

 

Chiphell Forumsからの直接のリークもあり、そこではRyzen 5 3600を持っていると思われるユーザーが、PUBGのCore i7-8700に対してそれを見せつけました。

ユーザーは、彼が6.3%の平均FPSゲインと10%の最大FPSゲインを見たと報告しています。

両方のチップを実行しているシステムはDDR4-3000 MHzとGeForce RTX 2080 Tiグラフィックスカードを特徴としていました。 最近のPUBGアップデートでは、マルチコアプロセッサの最適化が追加されており、Ryzen 3000 CPUはそれらを最大限に活用するようです。
ゲームはIntel CPUの主要な本拠地でしたが、Zen 2がこの点で優れていることが、大部分の適切に最適化されたマルチコアゲームのタイトルで有利になるかもしれないようです。 新しいRyzen 3000プロセッサについては、今後数週間でさらなる情報が期待されています。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 5 3600 6 Core CPU Benchmarks Leak Out, Knocks Out Intel’s i9-9700K At Price/Perf – Higher IPC Than Intel Coffee Lake, 6% Faster in PUBG

解説:

ComputexでRyzen3000シリーズのお披露目が済んだ後、「もうやめて!intelちゃんのHPは0よ!」というような結果がバンバン出ています。

X570とX470は性能的にはほとんど結果に差がなく、現在X470を持っている方で予算を節約したい方は無理してX570を購入する必要はないのではないかと思います。

まあ、もちろんX570を買って最新技術の恩恵を受けるのは全然ありだと思います。

AMD「ねえねえ、今どんな気持ち?」

 

文字だけだとわかりにくいので、少しグラフにしてまとめてみましょう

 コア数/スレッド数ベースクロックブーストクロックキャッシュTDP発売時価格(USドル)
Ryzen 5 36006/123.6GHz4.2GHz35MB65W$199
Ryzen 7 1800X8/163.6GHz4.0GHz16MB95W$499
Ryzen 5 26006/123,4GHz4.9GHz16MB65W$199
Core i7-8700K6/123.7GHz4.7GHz12MB95W$359-$370
Core i7-9700K8/83.6GHz4.6GHz12MB95W$374-$385

あくまでもGeekBench V4の結果ですが、上のグラフのようになります。

2万円前後のRyzen3000シリーズのローエンドモデルでこの結果になりますので、Core iシリーズは大ピンチと言ってよいと思います。

いや、ここからさらにOC出来ると思うので、大虐殺といっても良いのではないかと思います(笑。

さすがのわたくしもこんな感じです。


intelの魂よ・・・安らかに眠れ・・・・。

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.