CPU情報

Intel:7nmでは10nmをスキップせず、2020年の打ち上げに向けて順調なIce Lake

投稿日:

正直に言って、これらの会議がこのように多くの技術報道機関の情報を含んでいたのを思い出すことはできません。

Intelは最近のUBSカンファレンスで、7nmに直接移行して10nmをスキップしないことを明らかにした-Intelがまさにそれを行うことを計画していたという噂を鎮める。

また、プロセスランプのジレンマに対する回答も提供します。

 

Intel:10nm、Cooper Lakeを2020年上半期、Ice Lakeを2020年下半期生産に向けてスキップしません

始める前に、Intelは次のようなメッセージを技術プレスに送りました。

 

インテルは、2020年上半期にCooper Lakeの生産から始まり、2020年下半期にIce Lakeの生産が始まり、2021年にSapphire Rapidsの出荷をWhitleyに追随する予定です。

-インテルスポークスマン

インテルの10nmは、2年以上もの間、同社の存在を悩ませてきました。

会社が業界でリードを失ったプロセスである10nmは、実際の配信なしで、かなり長い間パイプラインにありました。

しかし、幸いなことに、同社は2020年の終わりまでに最終的に高性能サーバーソリューションを棚に置いて、2020年後半に生産を開始する予定です。

同社はまた、2021年にSapphire Rapids(およびそれとともにPonte Vecchio Xe GPU)を提供する予定であることを確認しました。

ですから、14ナノメートルで強い地位にあると思います。 もちろん、2020年末までに、コアあたりの重要なパフォーマンスを表面にもたらす10ナノメートルの最初のサーバーソリューションであるIce Lakeを発表します。

全体として、私たちは競争の激しい状況に対処しようとしていると感じている積極的なロードマップを持っていると思います。

-Venkata S. M. Renduchintala、グループプレジデント-テクノロジー、システムアーキテクチャおよびクライアントグループ、Intel Corpの最高技術責任者

これは、UBSのアナリストがIntelに10nmをスキップして直接7nmに移行することを検討しているかどうか尋ねた頃です。

これは、損失時間を補い、製造が非常に簡単なEUVベースのノードに直接移行できるようになるため、企業にとって有益であると広く考えられている動きです。

また、TSMCとのパリティを実現できる場合があります。

あなたが言ったように、Ice Lakeは来年の後半に広く利用できるように聞こえます。

しかし、それでも名目上は1年間プラスするだけで、プロセスの観点からは仲間の後ろにいます。

そして、確かに処理するだけではありません。

しかし、10ナノメートルをスキップして7ナノメートルに直接進むのではなく、なぜ7ナノメートルに満足しているのであれば、右の10ナノメートルをスキップしないのかという質問をよく受けます。

-アナリスト

ただし、Intelが言わなければならないことは次のとおりです。

繰り返しになりますが、10nmは7nmに持ち越される多くの利点があるシナリオです。

そして、率直に言って、私たちは10nmの地点で、コア技術の根本的な問題を解く(00:31:19)のオーダーを通過しました[ph]。

そして今、私たちは大量生産に着手しています。

ちなみに、10nmが出てから数年遅れる試練と試練を経たとしても、実際には、パフォーマンスやそれに必要なスケーリング機能を損なうことなく、実際に配信しました。

それを経て、10nmの価値を実現する上で前進し続けることには大きなメリットがあると信じています。

ちなみに、10nmが単一のフレーバーではないことを確認させてください。10nm、10+nmのバージョンがあります。

したがって、7nmのランプと同時に提供される10nmを介して継続的に良好な結果が得られます。

繰り返しになりますが、以前のポイントに戻ると、ノードが重複し、より長く生きていることがわかります。

10nmの非常に強固な技術プラットフォームを備えていると考えています。

私たちはそれを最大限に活用したいと考えています。

そして、私はあなたがIce Lakeと出てくる他の多くのクライアント製品でそれを見ると思います。

今年初めに発表されたIce Lakeクライアント製品は、来年の初めに10++nm製品でそれに続きます。

そのため、10nmのロードマップについては非常に大きく変化しており、7nmへの移行を続けているため、それを除外する理由はありません。

だからあなたはそれを持っています。

同社は、10nmプロセスを廃止する予定はありません。

実際、Intelは2倍になり、+および++世代も導入する予定です。

これは、14nmノードで大きな成功を収めて成功したものであり、7nmを準備する時間をより多く与えるはずです。

一方、TSMCは、皮肉なことに、5nm(Intelの7nmに相当)を積極的に推進しているようであり、2021年までに製品を販売する予定です。

ソース:wccftech - Intel: We Will Not Skip 10nm For 7nm, Ice Lake On Track For End Of 2020 Launch

解説:

intelは10nmもIce Lakeもスキップしない。

このような話が出るのはCanon Lakeをスキップしたからでしょう。

プロセッサの設計の一つに過ぎないCanon Lakeと製造技術である10nmをスキップするのでは無駄になるコストも違いますし、生産計画全体に多大な影響を与えるために製造プロセスはスキップ出来ないということでしょうね。

製造技術は陳腐化すれば、SSDやその他、あまり最先端の記述を必要としない半導体の生産にも使うでしょうから、これをスキップすれば大きな影響が出ます。

また、利幅の高いCPUの製造を外せば、開発費がペイしないという事態にもなりかねません。

いずれにしてもデスクトップ向けとしてComet LakeとRocket Lakeは14nmで製造されるといわれていますが、この上10nmのプロセッサが出るのかどうかというのは微妙なところだと思います。

Rocket Lakeは14nm版Tiger Lakeではないかという噂も出ています。

そのあと、デスクトップ向けにIce lakeをわざわざ作るのかという問題もあり、この話の落としどころはどこなのかは実際にその時が来てみないとわからないという感じではないでしょうか。

Intelファンの方は今はひたすらCometlakeが出るのを待つしかありませんね。

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.