CPU情報

AMD Ryzen 7 5800X3D CPUがゲーミングベンチマークでインテルの最速ゲーミングチップ「Core i9-12900K」を粉砕

投稿日:

AMDのRyzen 7 5800X3Dの最初の適切なゲームベンチマークが、Xanxo GamingのCPUの非公式レビューで明らかにされます。

ゲーム性能のベンチマークによると、Ryzen 7 5800X3Dは、IntelのフラッグシップCPUであるCore i9-12900K Alder Lakeに対して、絶対的に素晴らしい結果を出しています。

AMD、3D V-Cache搭載CPU「Ryzen 7 5800X3D」でIntelにゲーミングで勝利、Alder Lake Core i9-12900Kに対して最大29%の性能差に

AMD Ryzen 7 5800X3Dは、7nmのZen 3コアアーキテクチャに基づく3D V-Cacheを搭載した最初で唯一のチップとなる予定です。

このCPUは、8コア、16スレッド、64MBの3D Stacked SRAMの追加設計により、100MBの複合キャッシュを提供する予定です。

クロックはベース3.4GHz、ブースト4.5GHzで、TDPは105Wとなります。

価格については、CPUは5800Xと同じ希望小売価格449ドルで、非3Dチップは399ドルかそれ以下に値下げされることになります。

この価格設定は、5800X3Dを、より多くのコア/スレッドを提供するが、より低いキャッシュを提供するIntel Core i7-12700Kよりも高価にします。

この2つのチップの性能ベンチマークを見るのは興味深いことです。

AMD Ryzen 7 5800X3D CPUゲーミングベンチマーク

テストプラットフォームは、X570テストベッドにDDR4-3200 CL14メモリを搭載したAMD Ryzen 7 5800X3Dと、Z690プラットフォームでDDR4-3200 CL14メモリを搭載したIntel Core i9-12900Kを比較したものです。

Alder Lakeは、AMDプラットフォームと比較して、より高速なメモリ、特にDDR5をサポートできることは間違いないが、これらは追加コストが発生するため、有効な比較対象とはならないのです。

両プラットフォームとも、同じGeForce RTX 3080 Ti Founders Editionのグラフィックスカードを使用しています。

Ryzen 7 5800X3D VS Core i9-12900Kのベンチマーク(ソース:XanxoGaming):

※ 画像をクリックすると、捌Window・タブで拡大します。

 

1080pの解像度でテストした複数のAAAゲームを含むゲームベンチマークについては、AMD Ryzen 7 5800X3Dは、12ゲーム中6ゲームでIntel Alder LakeのフラッグシップCPU、Core i9-12900Kに匹敵する結果を示した。残りのタイトルでも負けておらず、むしろ449USドルのチップは、それらのタイトルでCore i9-12900KFである500USドル以上のチップを上回ることができたのは、印象的かもしれません。

その差は最大で29%、平均で10~15%です。

AMD Ryzen 7 5800X3Dにはオーバークロック機能がなく、3D V-Cacheを追加するためのトレードオフとして、AMDはクロック速度を少し下げなければならなかったため、従来のCPUワークロード性能は標準のRyzen 7 5800Xと同等か少し低くなります。

このチップは特にゲーマー向けに設計されていると言われており、アプリケーションが何らかの形で余分なキャッシュを利用しない限り、アプリケーションのパフォーマンスは気にならないでしょう。

AM4プラットフォームのゲーマーで、Ryzen 7 5800X3Dの前に、より高速なオプションを探し、セグメントでよりリードしているIntelに移行すべきかどうかについて二の足を踏んでいた人たちにとって、既存のプラットフォームで投資できるものができたことになります。

これは、AMDが新しいZen 4コア・アーキテクチャのRyzen 7000 CPUを搭載した次世代AM5プラットフォームを発売するまで、ユーザーベースを維持するのに役立つでしょう。

V-Cacheがもたらす非3Dチップに対する大幅な性能向上を考えると、Ryzen 5 5600X3Dのようなさらに安価なオプションを市場で見たいと思うのは間違いないが、AMDが将来世代のプロセッサのためにこうした技術への投資を続けてくれることを期待します。

5800X3Dは4月20日に発売され、4月14日にウェブ上でレビューが公開される予定です。

AMD Ryzen 5000 シリーズ & Ryzen 4000 CPU ラインナップ(2022年)

CPU名アーキテクチャーコア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュ
(L2+L3)
PCIeレーン数
(Gen 4
CPU+PCH)
TDP希望小売価格
AMD Ryzen
9 5950X
7nm Zen 3 'Vermeer'16/323.4 GHz4.9 GHz72 MB24 + 16105W$799 US
AMD Ryzen
9 5900X
7nm Zen 3 'Vermeer'12/243.7 GHz4.8 GHz70 MB24 + 16105W$549 US
AMD Ryzen
9 5900
7nm Zen 3 'Vermeer'12/243.0 GHz4.7 GHz64 MB24 + 1665W$499 US?
AMD Ryzen
7 5800X3D
7nm Zen 3D 'Warhol'8/163.4 GHz4.5 GHz64 MB + 32 MB24 + 16105W$449 US
AMD Ryzen
7 5800X
7nm Zen 3 'Vermeer'8/163.8 GHz4.7 GHz36 MB24 + 16105W$449 US
AMD Ryzen
7 5800
7nm Zen 3 'Vermeer'8/163.4 GHz4.6 GHz32 MB24 + 1665W$399 US?
AMD Ryzen
7 5700X
7nm Zen 3 'Vermeer'8/163.4 GHz4.6 GHz36 MB24 + 1665W$299 US
AMD Ryzen
7 5700
7nm Zen 3 'Cezanne'8/16不明不明20 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W不明
AMD Ryzen
5 5600X
7nm Zen 3 'Vermeer'6/123.7 GHz4.6 GHz35 MB24 + 1665W$299 US
AMD Ryzen
5 5600
7nm Zen 3 'Vermeer'6/123.5 GHz4.4 GHz35 MB24 + 1665W$199 US
AMD Ryzen
5 5500
7nm Zen 3 'Cezanne'6/123.6 GHz4.2 GHz19 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W$159 US
AMD Ryzen
5 5100
7nm Zen 3 'Cezanne'4/8不明不明不明20 (Gen 3)
+ 16
65W不明
AMD Ryzen
7 4700
7nm Zen 2 'Renoir'8/163.6 GHz4.4 GHz20 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W不明
AMD Ryzen
5 4600G
7nm Zen 2 'Renoir'6/12不明不明11 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W$154 US
AMD Ryzen
5 4500
7nm Zen 2 'Renoir'6/123.6 GHz4.1 GHz11 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W$129 US
AMD Ryzen
3 4100
7nm Zen 2 'Renoir'4/83.8 GHz4.0 GHz6 MB20 (Gen 3)
+ 16
65W$ 99 US

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7 5800X3D CPU Crushes Intel’s Fastest Gaming Chip, The Core i9-12900K, In Gaming Benchmarks

 

 

 

解説:

Ryzen 7 5800X3Dのゲーム性能が示される。

Ryzen 7 5800X3Dのゲームベンチマークがいち早く出回りました。

私が以前の記事で説明(予測)した通り、Core i9-12900K/KFを凌ぐ結果になっています。

前の記事でも説明した通り、ゲームは60FPSならば、1/60(16.667ms)ですべての処理を一回りさせなければならず、そうした時間的にシビアな処理に対して大きな影響を与えるのがレイテンシと帯域幅となります。

見かけ上の転送速度がいくら早くてもレイテンシが大きければ、ゲームでは有効な結果は出ません。

その時間の圧縮において、スタックされた3D V-Cacheが大きな効果を発揮しているのは想像に難くありません。

高速なメモリと言うのは普通のメモリと比較するとトランジスタを消費して実装コストが跳ね上がりますので、大容量のDRAMのような使い方は出来ませんが、キャッシュとして追加で64MB搭載するだけで、大きな効果を発揮します。

演算を中心としたベンチマークでは効果が奮いませんし、効果の出る処理は限られていますが、ゲームのような特定の処理に限って言えば絶大な効果を発揮します。

これほど処理が高速なのは8コア全てが同一CCX上に配置されていることも関係していると思います。

AMDファンならば、4コア全てが同一CCX上にあるRyzen 3 3300Xの人気が高かったのは記憶に新しいと思います。

ファンとしては12コアや16コアのX3Dモデルも見てみたかったところですが、5800X3Dは確かにラインナップ中で最高の効果を見込めるモデルと言えるかもしれません。

Zen4でDDR5にメモリを変更するのはもっと価格が下がるまで待ちたいと思っているゲームファンには良い選択肢だと思います。

ただ、AMDでもIntelでもどちらのファンでもない場合はAlderlakeをお勧めしておきます。

万能に速いですからね。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥78,980 (2022/09/27 07:58:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

 

 

 

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.