ゲームについて その他

マイクロソフトは、Xboxゲームパス、Steamでのゲームの発行、およびMicrosoftストアでのWin32サポートを使用して、PCゲームにオールインします。

投稿日:

マイクロソフトは、Xbox部門の責任者であるPhil Spencer以外には誰も書いていないブログ記事で、PCゲームにオールインしました。 Microsoftが過去のPCゲームとの間違いから学んだという彼の繰り返しの声明を確実に覚えているでしょう。そして今日、彼は確かにそれらの約束を遵守しました。

最大のニュースは、今年後半のGears 5以降、MicrosoftのゲームもSteamで公開されるようになることです。これは、ゲーマーがあまり理想的ではないMicrosoftストアに行くことを強いられないことを意味します。

ストアのもう一つの物議を醸す側面はそれがこれまでのところよく批判されたユニバーサルウィンドウズプラットフォームに限定されていたということであり、そしてスペンサーは同じくマイクロソフトストアのゲームが今も同様にWin32フォーマットをサポートするであろうと明らかにした。

大事なことを言い忘れましたが、Xbox Game PassはまもなくPCでも利用可能になるでしょう。

マイクロソフトは75人以上のゲーム開発者や出版社と協力して、購読サービスに興味がある人のための優れたタイトルライブラリを提供しています。

このニュースの詳細については、6月9日の放送予定のXbox E3 2019ブリーフィング中に共有される予定です。

 

Xboxゲームスタジオのタイトルを購入する場所でより多くの選択肢

Windows 10のPCとコンソール間でのクロスプラットフォームプレイとクロスネットワークプレイを通じて、ゲーマーが一緒にプレイできるようにすることは極めて重要です。

選択した店舗やプラットフォーム(コンソールやPC)に関係なく、これらすべてのプレーヤーでコミュニティを構築することも非常に重要です。

それはプレイヤーを集める助けとなり、ゲームが最大の観客を得ることを可能にし、そしてゲームプレイの力で人々を団結させる本当の可能性を提供することができるだろう。

そのことを念頭に置いて、私たちの目的は、Xbox Game Studios PCゲームを発売時にWindows上のMicrosoftストアを含む複数のストアで利用できるようにすることです。

たちはあなたがあなたのPCゲームを購入する場所に選択肢があるべきだと信じています。

3月に、私たちはHalo:The Master Chief Collectionが今年の後半にPCに登場し、Windows上のMicrosoft Storeに加えてSteamを発売することを発表しました。

Gears 5からすべてのAge of Empires I、II、およびIII:Definitive Editionまで、Steamに20以上のXbox Game Studiosタイトルを追加していきます。

私たちは、何百万ものPCゲーマーがPCゲームを購入するための素晴らしい情報源としてSteamを信頼していることを知っています、そして私たちはPCゲーマーが選択したいというフィードバックを聞いたことがあります。

また、PCには他にも店舗があることを認識しており、今後Xbox Game Studiosのタイトルを見つけることができる店舗を増やすことができるように取り組んでいます。

プレーする場所に関係なく、プレーヤーを集めて共有プレーヤーコミュニティを作成したいので、新しいXbox Game Studiosのタイトルには、音声とテキストチャット、LFG、フレンドリスト、PCとコンソール間でのクロスプレイなどの機能が含まれます。

Windows 10では、この機能はXboxゲームバーにあります。私たちはこれからも進化と拡大を続けていきます。

Windows 10でのWin32ゲームのサポート

私たちは、クリエイターに彼らの最高のコンテンツをWindows 10にもたらすように促してほしいと思います、そして私たちはWindows 10がゲーマーが彼らの次のお気に入りのPCゲームを発見する場所になることを望みます。

Win32は、ゲーム開発者が使うのが好きで、ゲーマーが遊ぶのが好きなアプリ形式であることを認識しているので、ネイティブのWin32ゲームをWindows上のMicrosoftストアで完全にサポートできるようになることを嬉しく思います。

これにより、開発者にとってもゲーマーにとっても、より多くの選択肢が開かれることになり、オープンなWindowsゲームエコシステムから期待されるカスタマイズと制御が可能になります。

ソース:wccftech - Microsoft Goes All-In on PC Gaming with Xbox Game Pass, Publishing Games on Steam and Win32 Support on Microsoft Store

 

解説:

ここに来てゲーム業界の再編があわただしくなってきました。

台風の目になっているのはもちろんGoogleのSTADIAです。

マイクロソフトストアとSteamが提携し、マイクロソフトストアのゲームを全てSteamで購入できるようにするということのようです。

もともと、マイクロソフトストアとSteamはライバル同士です。

何もなければ提携など絶対にしないでしょう。

STADIAは世界20億台にリーチすると豪語していますので、マイクロソフトが如何にSTADIAを脅威に思っているかということです。

このほか、マイクロソフトストアはユニバーサルウィンドウズプラットフォーム(Windows10のアプリ)限定だったのですが、WIN32のプログラムも取り扱うことになります。

STADIAとはマイクロソフト、ソニー、Steamを動かすほどの威力を秘めたサービスということです。

STAIDAの解説についてはYoutubeに動画の解説を上げる予定です。

あまりに説明すべきことが多すぎて整理しています。

興味のある方はいずれアップロードしますので、しばらくお待ちください。

 

-ゲームについて, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.