CPU情報 その他

Ryzen3000シリーズのリークに関する話

投稿日:

先日Ryzen3000シリーズのリーク情報を当サイトでも大きく取り上げましたが、この件について、フェイクではないかという話が上がっています。

一応当サイトでも真偽不明の情報として取り扱いすることとして、但し書きを入れることにしました。

参考記事:AMD Ryzen 3000仕様と価格がリーク。AM4では16コア、5.1GHzまで

 

この記事が釣りだったという5chの該当スレッド

【AM4】AMD Ryzen 7/5/3 Part116

https://i.imgur.com/A7Qkqm4.jpg

この画像を作った奴が、釣りでしたとRedditで白状

The Excel Spreadsheet "Ryzen Leak" was me. It is not a "leak"... it's a nerd who meant to only troll one friend.
[I too can take a photo of a screen with an email].

The Excel Spreadsheet "Ryzen Leak" was me. It is not a "leak"... it's a nerd who meant to only troll one friend. [I too can take a photo of a screen with an email]. from Amd

wccftechのこの記事はAdoredTVというyoutuberの動画をもとに書かれたみたいだが、
https://wccftech.com/amd-ryzen-3000-specs-prices-leaked-upto-16-cores-5-1ghz-on-am4/
AdoredTV

釣り師 → AdoredTV → wccftech という流れで釣られたらしいw

スレッドの流れとしてソースは二つあってThreadripper込みの情報と無しの情報のうち、無しの方はまともなリークだという話も上がっています。

現在のところ真偽のほどはわからない正体不明の情報という風に解釈するしかないようです。

 

私がこのリークを信憑性の高い情報と判断した根拠はRTX2000シリーズのリークの時、米国特許の情報をもとにRTX2000シリーズの情報をリークしたAdoredTVのソースだったことと、このリークしたスペックが自分が思っているスペックと近かったことです。

これ以前のZen2コアのリーク情報としてはRTGラボにGPUとのマッチングテストのために送られたテスト版Zen2がOSが止まりまくる未完成状態で4.5GHz出していたというものがあります。

参考記事:噂:AMD社内ラボのZen2のサンプルは8コア16スレッドでクロック4.5GHzまで到達している

テスト段階で4.5GHz出せるならば、製品版では4.8GHz-5GHzくらいは行くと(勝手に)思っていました。

何より、現在はペースクロックとブーストクロックがあり、1-2コアでも5.0GHz動作できれば、表記上は5.0GHzと書けるので、コアがそこまで回るなら不可能ではないというのがわたくしの判断です。

ただし、これもまだどうなるかわかりませんが、16コアということになると、さすがに全コアフルロード時のクロックはもっと下がるでしょう。

そして、Ryzen7 2700XではTDP105Wにしてまで回してもブースト表記で4.35GHzがぎりぎりの上限だったにも拘わらず、OSが止まりまくるテスト版で4.5GHzというのはまだクロックを上げられる余地があるのではと思いました。

もちろんズブの素人の単なる思い込みですので、あってるかどうか迄は保証できません。

しかし、1-2コアでも5.0GHz近くまで動作すれば「表記上は」5.0GHzと銘打てるわけですから、それほどハードルは高くないと思います。

同じことは実際にintelもやっています。

私のCore i9-9900Kは1-2コア負荷時、4.93GHzしか回りませんけど、これでも表記上は5.0GHzです。

これを詐欺っていう人はいないと思います。(笑

 

Zen2コアの第二世代EPYCをAMAZONが採用したという話と合わせて、Ryzen3000シリーズは只者ではないというのはおそらくかなり真実に近い判断で、intelも警戒してると思います。

逆に言えば、intelならばAMDからの今までの情報(プレスリリース)でZen2コアがどのくらいの性能を発揮するか現時点でかなり正確に判断できているんじゃないかと思います。

 

リーク情報の真偽は判断が難しいものが多いですが、皆が知りたい情報というのは、「今、AMD・intel・nVidiaの開発チームがどんなものを作っているか」であってプレスリリースとして出されるものではないです。

はっきり言ってそれではみんな満足しなくなっています。

なぜそう思うかというと読者側の時のわたくしがそう思っていたからです。

ネットで情報を集めている人は、どんどん情報を取り入れる速度が速くなり、プレスリリースが打たれる頃にはほとんど内容を把握していて、周回遅れどころか、2周、3周遅れになっています。

日本はずっと以前から「失敗を許さない社会」になって、大手メディアさんではフェイクをつかまされることを嫌って、噂やリーク情報を流せない空気になっていると思います。

翻って海外のメディアでは失敗しても、それ以上のビッグニュースを一度でもつかんでくれば許されるという雰囲気なんだと思います。

ユーザーにとって果たしてどちらが幸せなのかということです。

今の日本の社会に蔓延している空気を見ると、だれも幸せにならないのに相互に監視して相手をたたきまくってる感じがして私はそれが非常に嫌です。

開き直りととられるかもしれません。しかし、私はこの「失敗を恐れて何もしない、させない社会」というのが大嫌いで頭が悪いと思ってます。

社会に出ている人たちはこの空気で毎日嫌な思いをしていると思います。私もそうです。

失敗をしない人というのは世の中には存在しません。

いるとしたら何もしてない人でしょう。

失敗を許さない社会というのは「何もしない人が一番偉い」と言っているのと同じです。

「俺らは失敗をしないからCoolだ」とかうそぶいても、失敗を恐れずに何でもチャレンジして、経験値を貯め続ける中国とか韓国とかに実際はガンガン追い抜かされていってるわけじゃないですか?

もう誰も「中国や韓国より日本の方が上だ」と思ってる人はいないんじゃないですかね。

少なくとも半導体の世界では。

そういうわけで、当サイトでは今後も失敗覚悟でこの手の情報に突っ込んでいく予定です。(笑。

今回のように見事に引っかかって事故る可能性も0ではありません。

なるべく引っかからない努力は当然しますし、引っかかった場合、影響の大きいものに関してはその旨の訂正させていただきます。

当サイトをご覧の皆さんはうちの情報はそういうものだと思ってください。

失敗するのが怖い方は大手メディアさんの正確な情報だけを集めるようにしてください。

私はそれではつまらないと思うので、嘘か本当かわからない情報に今後も失敗覚悟で突っ込んでいきます。(笑

-CPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.