モデル解説

BlackOnyx RTX2080

更新日:

Black Onyx

 

主な仕様

名称BlackOnyx RTX2080
OSWindows10 Home 64bit
CPUCore i7-9700K
CPU仕様8コア/ 3.6GHz/ TB時最大4.9GHz/ 12MB スマートキャッシュ
GPUGeforce RTX2080
SSD・HDDSATA SSD500GB+HDD1TB
メモリDDR4-2666 16GB
チップセットZ390(ATX)
その他

 

特徴

RTX2080は比較的豊富に出回っており、入手性を考えると、現時点での実質的な最高性能モデルと言ってもよいでしょう。

BlackOnyx RTX2080はここにNVMe 512GBを組み合わせて最速キングを目指しています。

「SSDはNVMeまでは要らない」という方は殆ど同じ価格でSATAの1TBが手に入るので、速度より容量を取る方はそちらでもよいでしょう。

SSDは容量によっても快適さが変わってくるので、それも考え方の一つでどちらかが正解とは言えません。

intelのCPU供給ショートに伴って価格も上がってしまっているのは痛いところです。

ようやく出回り始めたCore i7-9700Kと組み合わせて、ゲーム最速クラスの性能を手に入れましょう。

※ 完成品ではなく、自作パーツのリストです。ご自分で組み立てて頂く必要があります。

 

パーツリスト

※ 価格は記事作成時点のものですのでご了承ください。

種別メーカーamazonの詳細ページ価格
GPUZotacGeForce RTX 2080 Twin Fan95,591
CPUIntelCore i7-9700K47,800
CPUクーラーサイズ虎徹MarkII3,650
CPUグリス新和産業Kryonaut 1g762
マザーASUSTUF Z390-PRO GAMING15,871
メモリCORSAIR Corsair DDR4-2666MHz 8GBX213,854
SATA SSDintelintel SSD 750p 512GB15,688
HDDSeagateIronWolf 2TB9,292
ケースFractal DesignDefine C Black9,454
電源SeasonicSSR-750FM14,019
キーボード・マウスLogicoolワイヤレス・マウス・キーボード1,879
OSMicrosoftWindows10 64bit 日本語版パッケージ14,956
  合計242,816

 

GPU

解説

 

CPU

 

CPUクーラー

 

CPUグリス

解説

 

マザーボード

メモリ

解説

 

NVMe SSD

解説

 

HDD

解説

 

ケース

解説

 

電源

解説

 

キーボード・マウス

解説

 

OS

解説

 

 

推奨オプション

モニター

1920X1080@144Hz FPSゲーマー向けモニター

 

3840X1920@60Hzモニター すべてにおいてハイクオリティを目指すゲーマー向けモニター

 

その他の推奨モニターはこちら

 

 

GPUをOC版に変更

 

メモリを16GBから32GBへ

 

 

SSDを500GBから増量

WD Blackにアップグレード(速度と耐久性がアップ)

WD Black(NVMe SSD) 500GB


MX500 1TBにアップグレード(速度・耐久性ダウン、容量2倍)

 

SSDをSATA intelモデルに変更

SSDをNVMe intelモデルへ変更

SSDをNVMe Western Digitalモデルへ変更

 

 

HDD容量を増量

IronWolf HDD 3TB

 

IronWolf HDD 4TB

 

IronWolf HDD 6TB

 

IronWolf HDD 8TB

 

WesternDigitalのHDDはこちら

 

ケースを側面ガラスモデルへ変更

 

その他オプション

光学ドライブを追加

外付けUSB2.0用ポータブルDVDドライブ

 

その他の光学ドライブ

 

USBメモリ

16GB

 

32GB

 

64GB

 

SDカードリーダーおよびmicroSDカードはこちら

※ ゲーム機・デジカメとの連携を重視される方にお勧め

 

NASはこちら

大量のデータをリスク分散して保管したい方にお勧め。

-モデル解説

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.