各パーツについて motherboard

マザーボード推奨モデル

投稿日:

ASUS

ASUSはPC黎明期からマザーボードを発売しており、台湾メーカーでクオリティが頭一つ抜けていると言われている総合メーカーです。

現在ではマザーボードだけではなく、ZenbookなどのノートPCの完成品も発売しています。

私はスマホもASUSです。

昔の一時期、大量にスタッフが抜けて「安定性が危ない」と言われていた混乱期ありましたが、すぐに盛り返しました。

社内にきちんと人材が育成できる仕組みがそろっているのでしょう。

※ 現在ではそういうことはありませんので安心してください。

intelからチップセットなどを直接取引(ダイレクトアカウント)しており、intelの影響を受けやすいメーカーというイメージが私にはあります。

昔から自作をやっている人はそういうイメージを持っていると思います。

日本に入って来る代理店取り扱い製品は基本的に1年保証となっているようです。

マザーボードは製品サイクルが短いので仕方ないのかなと思います。

品質においては頭一つ抜けていると言われているのと、やはりメジャーなメーカーのため製品の情報がネットで手に入りやすいという利点があります。

AMDのSocketAM4のMini-ITX製品をなかなか出さなかったりなど、尖った製品や初物には消極的ですが、その分安定性が高いと言われています。

intel+ASUSは鉄板の組み合わせです。

 

当サイトの選択しているマザーボードの特徴

・基本的にハイクラスモデル(H370/Z390)のみ

・Wifi・Bluetoothなど全部入りのモデル

 

WiFi・Bluetoothなどを含めた全部入りモデルを当サイトで推奨する理由

あとから拡張カードやUSBの無線LANを足しても同じ状態には出来ないためです。

USBのWiFiは安定性が落ちるモデルがあります。

Amazonのカスタマーレビューより引用 - とあるメーカーのUSB3.0の無線LAN子機のレビューの一部です。

熱がすごい。本体に熱を持つ前から通信が不安定に。
熱暴走しだすと、本機能はもちろん、他のUSB周辺機器の誤作動も。

拡張カードタイプはエアフローが悪化する、マザーボードに直付けされている物よりも消費電力も悪化しますし、無線LANのチップやBluetoothのチップも数世代前のものしか手に入らないこともあり、価格もバカになりません。

無線LANの外付けカードはメーカー製でほとんどの割合を占めるノートPCや省スペースタイプのPCには最初から搭載されていることが多く、あまり数が出ないこともありそれほど頻繁にバージョンアップされた製品が出回るわけではありません。

最新のマザーボードなら最新バージョンのBluetoothが付いています。

また、ノート用のMini-PCI Expressソケットをデスクトップの拡張スロットに変換した製品が殆どであり、基板の実装面積が広い、電源の供給が安定しているなどといったデスクトップ向けとしての性能的なアドバンテージはありません。

使わないならばBIOSからいくらでもオフにできますが、あとから追加したパーツでは全く同じ状態にはできません。

コスト重視ならBTOでいくらでもそういうモデルがあるのでわざわざ自作するメリットが薄いという理由もあります。

私も何台かBTOPCをサンプルとしてお借りしましたが、今のBTOはメーカーに専用のマザーボードを設計してもらって数円単位でコストを削っています。

そうしたことを考え合わせると折角自作するならば全部入りのモデルを使ったほうが恩恵が大きいと思うからです。

もちろんどんなマザーボードを使うかはその人の自由ですから、自由に選択してもらって構わないのですが、迷って決められなくなったら上のようなことを思い出してみてください。

そんなに安いものではありませんので、無線LANやBluetoothを使いたいと思った時にすぐに使えなかったらやはり残念な感じがしませんか?

無線LANは接続のレスポンスや安定性に問題があるとサイト内で説明していますが、緊急避難的に使うケースもあるでしょうから、そのような場合、やはりあると便利です。

選択肢が多いというのはそれだけで安心感があります。

 

H370 ATX

TUF H370-PRO GAMING (WI-FI)

フォームファクタ ATX CPUソケット LGA1151
マルチソケット   チップセット INTEL H370
メモリタイプ DDR4 DIMM メモリスロット数 4
最大メモリー容量 64GB サイズ 305x244 mm
インターフェース
Serial ATA SATA III IDE  
SATA 6 SATA Express 0
PCI-Express 1X 4 PCI-Express 4X 0
PCI-Express 8X 0 PCI-Express 16X 2
PCIスロット 0 VGAスロット PCI-Express
オンボード機能
オンボードRAID  Raid 0/1/5/10 オンボードLAN Intel I219V, 1000BASE-T /100BASE-TX /10BASE-T×1
オンボード オーディオ Realtek ALC887 オンボード グラフィック CPUに内蔵
ネットワーク
無線LAN IEEE802.1a/b Bluetooth Ver 5.0
その他機能
SLI  × CrossFire  CrossFireX
USB USB3.1Gen2X2 /USB3.1Gen2X5(内USB Type-CX1) /USB2.0X6
ディスプレイ D-SubX1 /DisplayPortX1 /HDMIX1
M.2ソケット数 2 VRMフェーズ数 4+2+1

Wifi・Bluetooth全部入りのH370 ATXマザー。

ゲーミングPCを自作する場合、CPUはCore i7 8700と8700KなどのK付きモデルとの性能差は価格差ほどありません。

K付きモデルは価格に最高性能プレミアがつくことが多く、コストパフォーマンスがよくないです。

よって普通にゲーミングPCを使うならK付きじゃないモデルにするのが価格を抑えるコツです。

コアの使用状況に応じてクロックを上げるintel Turboテクノロジーはバージョンアップしてかなり頭の良い動きをするようになりましたので、Core i7 8700などのK付きじゃないOC不可モデルでも期待以上の性能を発揮してくれます。

H370はオーバークロックをしない普通のユーザーがCPUのK付きではないモデルを選んでコストを下げようとする場合うってつけのプラットフォームです。

 

TUF H370-PRO GAMING (WI-FI)メーカー動作保証メモリ

[2セット4枚差しでは動作確認がされてない場合がありますのでご注意ください。]

8GBX2-16GB

 

16GBX2=32GB

 

 

H370 Mini-ITX

ROG STRIX H370-I GAMING

 

フォームファクタ Mini-ITX CPUソケット LGA1151
マルチCPU   チップセット INTEL
H370
詳細メモリタイプ DDR4 DIMM メモリスロット数 2
最大メモリー容量 32GB サイズ 170x170 mm
インターフェース
Serial ATA SATA III IDE  
SATA 4 SATA Express  
PCI-Express 1X   PCI-Express 4X  
PCI-Express 8X   PCI-Express 16X 1
PCIスロット   VGAスロット PCI-Express
オンボード機能
オンボードRAID オンボードLAN Intel I219V, 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T×1
Realtek RTL8111H,1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T LANx1
オンボードオーディオ ROG SupremeFX S1220A オンボードグラフィック CPUに内蔵
ネットワーク
無線LAN Wi-Fi IEEE802.11ac/n/a/g/b Bluetooth Ver 5.0
その他機能
SLI  × CrossFire   
USB USB3.1Gen2X2,USB3.1Gen1X3(内USB Type-CX1),USB2.0X2
ディスプレイ 1 x DisplayPort
1 x HDMI
M.2ソケット数 2 VRMフェーズ数 Digi+VRM

Mini-ITXは基盤の実装面積が限られているため最初から多くの機能が実装されています。

そのため、MicroATXより全部入りのPCを組むのに向いています。

Mini-ITXにおいても、H370は機能と価格のバランスが非常によく取れたプラットフォームです。

チップセットに無線LANの機能を内蔵しているため、無線LANを付けてもコストが跳ね上がるということかありません。

「ROG STRIX H370-I GAMING」を使えば小型PCにおいてもフルATXと比較して機能で負けないPCを組むことが出来ます。

K付きじゃないCPUと組み合わせるのにうってつけのマザーボードですが、もちろんK付きCPUを選んでも構いません。

その場合は当然ながら定格で動作させることになります。

 

ROG STRIX H370-I GAMINGメーカー動作保証メモリ

8GBX2=16GB

 

16GBX2=32GB

 

 

Z390 ATX

ROG MAXIMUS XI HERO(WI-FI AC)

 

フォームファクタ ATX CPUソケット LGA1151
マルチCPU   チップセット INTEL
Z390
詳細メモリタイプ DDR4 DIMM メモリスロット数 4
最大メモリー容量 64GB サイズ 305x244 mm
インターフェース
Serial ATA SATA III IDE  
SATA 6 SATA Express 0
PCI-Express 1X 3 PCI-Express 4X 0
PCI-Express 8X 0 PCI-Express 16X 3
PCIスロット 0 VGAスロット PCI-Express
オンボード機能
オンボードRAID オンボードLAN Intel I219V, 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T×1
オンボードオーディオ ROG SupremeFX S1220A オンボードグラフィック CPUに内蔵
ネットワーク
無線LAN Wi-Fi IEEE802.11ac/n/a/g/b
Intel Wireless-AC 9560
Bluetooth Ver 5.0
その他機能
SLI  CrossFire  CrossFireX
USB USB3.1Gen2X4(内USB Type-CX1), USB3.1Gen1X3 ,USB2.0X6
ディスプレイ 1 x DisplayPort
1 x HDMI
M.2ソケット数 2 VRMフェーズ数 Digi+VRM

写真


Z390はZ370から製造プロセスが22nmから14nmに進化して、無線LANを内蔵したチップセットです。

フルATXで無線LANを内蔵しているモデルは高級モデルしかありませんが、この「ROG MAXIMUS XI HERO(WI-FI AC)」はそういう高級モデルです。

オーバークロックやSLiに対応し、無線LAN・Bluetoothも内蔵する出来ないことは何もない本当の意味での全部入りモデルです。

非常に高価ですが、妥協が許せないという人はこのモデルを買うとよいでしょう。

 

ROG MAXIMUS XI HERO(WI-FI AC)メーカー動作確認OCメモリ

[2セット4枚差しでは動作確認がされてない場合がありますのでご注意ください。]

8GBX2=16GB

 

16GBX2=32GB

 

Asrock

Asrockは自作ユーザーの間では非常に有名なメーカーで、通常モデルはやや低コストよりのマザーボードを出しているメーカーです。

それだけではもちろん有名にはならないですので、他のメーカーにはないこのメーカーだけの特徴があります。

特徴的なのはまず

・Mini-ITXに力を入れていること

・他のメーカーでは出さないような変わったマザーボードを出していること

この二点です。

元はASUSから分かれたメーカーと言われていますが、今は完全に独立しています。

唯一MicroATXでSocketTR4のマザーボードを発売しており、そういったことも含めて自作PCをやっている人ならだれでも知っている有名メーカーです。

また、DDR3とDDR4の過渡期には両方使えるマザーボードを出していたこともあります。

当サイトの推奨モデルではSocketTR4のマザーを推奨しています。

理由はASUSが出していないATX規格のSocketTR4マザーボードを出しているからです。

ASUSのSocketTR4マザーボードはすべてがATXに比べて幅が広いE-ATXとなっており、ケースの選択肢が限られます。

そのため、当サイトではSocketTR4のマザーボードのみAsrockを推奨しています。

 

AMD X399 ATX

X399 Taichi

 

フォームファクタ ATX CPUソケット SocketTR4
マルチCPU   チップセット AMD X399
詳細メモリタイプ DDR4 DIMM メモリスロット数 8
最大メモリー容量 128GB サイズ 305x244 mm
インターフェース
Serial ATA SATA III IDE  
SATA 8 SATA Express 0
PCI-Express 1X 1 PCI-Express 4X 0
PCI-Express 8X 0 PCI-Express 16X 4
PCIスロット 0 VGAスロット PCI-Express
オンボード機能
オンボードRAID オンボードLAN GigaLAN Intel I211ATx2
オンボードオーディオ Purity Sound4(Realtek ALC1220) オンボードグラフィック  
ネットワーク
無線LAN Intel 802.11ac WiFi モジュール (本体付属品)
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver 4.2
その他機能
SLI  CrossFire  CrossFireX
USB USB3.1Gen2X2(内USB Type-CX1), USB3.1Gen1X12 ,USB2.0X4
ディスプレイ 無し
M.2ソケット数 3 VRMフェーズ数 11

写真

4万円前後とこのクラスにしては最安に属するマザーボードですが、マザーボードとしてはかなり高級な部類に入るため、基本的にすべての機能が入っている「全部入り」となっています。

WiFiもBluetoothももちろん入っています。

SocketTR4は純粋な意味でゲームのパフォーマンスを求めるには向きませんが、ワークステーション的な使い方もするという方のための高級プラットフォームです。

この「X399 Taichi」を使えばRyzen Threadripperの機能を十分に引き出すことが出来るでしょう。

 

 

X399 Taichiメーカー動作確認OCメモリ

[以下のOCメモリは2セット8枚組では動作確認されていません。Ryzenはメモリの相性がシビアなため、計画的に購入してください。]

8GBX4=32GB

 

16GBX4=64GB

-各パーツについて, motherboard

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2018 All Rights Reserved.