各パーツについて 電源

Seasonic、その他の電源

更新日:

 

オールラウンダー Seasonic FOCUS Goldシリーズ

Seasonic GOLD認証 750W電源 SSR-750FMレビュー・・・実際に購入してレビューしておりますので、そちらもご覧ください。

少し昔話をしましょう。

私が自作を始めたころは今の様に80Plusという規格は無く、メーカーが勝手に300W、400Wなどと謳って製品を販売していましたが、自作ユーザーの間では公称の半分も出てない製品があるのは周知の事実で、メーカーの謳う容量なんてものは誰も信用しなくなっていったので、それじゃまずいと言うことで80Plusのような規格が出来ました。

当時80Plusという規格が出来る前からSeasonicは80 efficeintという規格を付けて、80%の効率を謳って製品を売っていました。

私の推奨する電源は高いです。

・10万円をオーバーするようなパーツを5000円、3年保証などの電源にぶら下げるのですか?

・3年後どうするのですか?

この問いにはっきりした答えを持っているならば安い電源を使うのは悪くない選択だと思います。

しかし、私は10万円をオーバーするようなパーツを5000円、3年保証などの電源にぶら下げるのはかなり抵抗がありますので、ギリギリの妥協点でこの「Seasonic FOCUSシリーズ」を推奨しています。

高品質電源というのは容量間の価格差が1000-2000円程度なので、どうせ買うなら大容量のほうがよいのですが、こちらも出来る限り「オーバースペック・オーバークオリティ」とならないように設定してあります。

この電源のもう一つよいところは奥行きが140mmであり、ATX電源対応のほとんどのケースに余裕を持って取り付け出来るところです。

あまりありがたみを感じないかもしれないですが、高品質電源は一般にサイズが大きいのでこれは地味に大きな利点だと思います。

こうしたことを考えるとこの電源は高品質電源の入門機としてうってつけです。

理想を言えばシングルGPUのLGA1151/SocketAM4のプラットフォームには80Plus TituniamのSSR-750TRを使うのがよいでしょう。

しかし、この電源は35,000円以上しますので流石にこれを理解して納得できる人は少ないでしょう。

私は価格と品質の折衷案としてSeasonic FOCUSシリーズを選択しています。

サイズも含めて、誰にでも自信を持ってお勧めできる電源です。

品名 Seasonic FOCUS Gold シリーズ
型番 SSR-450FM SSR-550FM SSR-650FM SSR-750FM
80Plus認証
80Plus Gold
対応規格 ATX 12V Ver.2.4
サイズ (本体) 150(W) × 140(D) × 86(H) mm
重量 (本体) 1688g 1708g 1822g 1890g
動作温度 0 ~ 50℃
保護回路 過出力保護、過電圧保護、過熱保護、過小電圧保護、短絡回路保護
搭載ファン Fluid Dynamic Bearing (流体軸受け) 120mm FAN
MTBF
10万時間
保証期間
7年交換保証
付属品 電源ユニット(本製品) × 1
電源ケーブル × 1
電源取り付け用インチねじ × 4
ケーブル結束用タイ × 8
ポーチ × 1
ケーブル結束用マジックテープバンド × 3
FOCUS ロゴエンブレムステッカー × 1
取扱説明書兼保証書 × 1

 

FOCUS 450W GOLD
AC入力電圧 電源:100V~240V
DC出力 電圧 +3.3 V +5 V +12V -12 V +5 VSB
電流 20A 20A 37 A 0.3A 3A
電力 100W 444 W 3.6 W 15 W
定格電力 450 W

 

FOCUS 550W GOLD
AC入力電圧 電源:100V~240V
DC出力 電圧 +3.3 V +5 V +12 V -12 V +5 VSB
電流 20A 20A 45 A 0.3A 3A
電力 100W 540 W 3.6 W 15 W
定格電力 550 W

 

FOCUS 650W GOLD
AC入力電圧 電源:100V~240V
DC出力 電圧 +3.3 V +5 V + 12V -12 V +5 VSB
電流 20A 20A 54 A 0.3A 3A
電力 100W 648 W 3.6 W 15 W
定格電力 650 W

 

FOCUS 750W GOLD
AC入力電圧 電源:100V~240V
DC出力 電圧 +3.3 V +5 V + 12V -12 V +5 VSB
電流 20A 20A 62 A 0.3A 3A
電力 100W 744 W 3.6 W 15 W
定格電力 750 W

 

 

 

完全なる世界 Seasonic PRIME Titanium

貴方と貴方のPCを最強たらしめる電源

「LGA1151/SocketAM4+シングルGPU」向けのファイナルアンサー的な電源です。

完全主義者向けのスーパーウルトラハイクオリティ電源で、価格的にも750Wで35,000円以上と、同容量でこれ以上のものは存在しません。

普通の工業製品はどんなに高品質でも10年保証というのが一つの基準になっていますが、この電源は12年保証です。

12年保証なんて製品は私もちょっと聞いたことが無かったのでこの電源が出たときびっくりした記憶があります。

Seasonicの自信のほどがうかがえる電源であると同時にあまりにも高品質を追及しすぎてオーバークオリティになっているのが唯一の欠点です。

電源周りを完璧にしたいなら、この電源を選択すると良いでしょう。

買えば完全無敵、完全なる世界の体現者になれます。

本来750W程度の容量ならば80+Goldでも十分です。

しかし、中には一分の隙も許せないという人もいるでしょうからそういう人は、このSSR-750TRを選ぶと良いでしょう。

一度買えば12年は電源の心配をしなくても良くなるという安心料込と考えるとそう高くもない電源です。


品名 Seasonic PRIME Titanium シリーズ
型番 SSR-750TR
80Plus認証
80Plus Titanium
対応規格 ATX 12V Ver.2.4
サイズ (本体) 150(W) × 170(D) × 86(H) mm
量 (本体) 1979g
動作温度 0 ~ 50℃
保護回路 過出力保護、過電圧保護、過熱保護、過小電圧保護、短絡回路保護
搭載ファン Fluid Dynamic Bearing (流体軸受け) 135mm FAN
MTBF
15万時間
保証期間
12年交換保証
同梱物 電源ユニット(本製品) × 1
電源ケーブル × 1
パワーテスター × 1
電源取り付け用インチねじ × 4
ケーブル結束用タイ × 8
ケーブル結束用マジックテープバンド × 5
Seasonicロゴエンブレムステッカー × 1
PRIMEロゴエンブレムステッカー × 1
取扱説明書兼保証書 × 1

 

PRIME 750W Titanium
AC入力電圧 電源:100V~240V
DC出力 電圧 +3.3 V +5 V +12V -12 V +5 VSB
電流 20A 20A 62 A 0.3A 3A
電力 100W 744 W 3.6 W 15 W
定格電力 750 W

 

 

ハイエンドPC向け電源 Seasonic FOCUS Plus Platinumシリーズ

Socket TR4やLGA2066などのハイエンドPCは一般のデスクトップPCよりも大きな消費電力を必要とし、より安定した電源の供給が求められます。

そうしたワークステーションクラスのPCやハイエンドデスクトップPC向けの電源です。

理想はTitanium電源を使うことですが、一般に最上位製品になることの多いTitanium認証を採用した製品ラインは価格にプレミアがついて割高に感じることが多いですので、実用的な面を考慮して当サイトの推奨モデルはPlatinum電源としています。

ハイエンド向けの電源かどうかはATX12Vの出力(4P+4P)が二つあるかどうかで区別してよいでしょう。

4P+4Pの出力が二つあったらハイエンド向けの電源です。

品名 Seasonic FOCUS Plus Platinum シリーズ
型番 SSR-850PX
対応規格 ATX 12V Ver.2.4
サイズ (本体) 150(W) × 140(D) × 86(H) mm
サイズ (パッケージ込み) 315(W) × 120(D) × 185(H) mm
重量 (本体) 1632g
重量 (パッケージ込み) 3085g
動作温度 0 ~ 50℃
保護回路 OPP,OVP,SCP,OCP,OTP,UVP
搭載ファン Fluid Dynamic Bearing (流体軸受け) 120mm FAN
同梱物 電源ユニット(本製品) × 1
電源ケーブル × 1
電源取り付け用インチねじ × 4
ケーブル結束用タイ × 8
ポーチ × 1
ケーブル結束用マジックテープバンド × 3
FOCUS ロゴエンブレムステッカー × 1
取扱説明書兼保証書 × 1

 

FOCUS Plus 850W Platinum
AC入力電圧 電源:100V~240V
DC出力 電圧 +3.3 V +5 V + 12V -12 V +5 VSB
電流 20A 20A 70 A 0.3A 3A
電力 100W 840 W 3.6 W 15 W
定格電力 850 W

 

 

ハイエンド向けの最適解 Corsair HX-1200i

Seasonic信者の私が唯一他社製品の推奨をしているのがこの「Corsair HX-1200i」です。

海外では販売されているのですが、国内ではなぜかSeasonicの電源が1000wまでしか販売されていないこともあり、あえてCorsairのこのモデルを推奨しています。

OwltechさんがSSR-1300PDを取り扱ってくれるとよいのですが、残念ながら国内での取り扱いは無しとなっています。

Seasonicだとこのクラスは12年保証が付いていることもありますが、Corsairの電源は10年保証となっています。

もちろん品質的には問題がありません。

おそらく普通の人にはあまり縁がないと思いますが、ワークステーション・ハイエンドPC向けとしてこの電源を愛用している人というのはかなり多いんじゃないかと思うほどの定番モデルになっています。

最近残念ながら価格が上がってしまったようですが、品質なりの価格だと思います。

唯一の欠点はやはりサイズが大きめなことです。

SeasonicのFocusシリーズは奥行きが140mmで、ATX電源としては最小クラスでほとんどのケースで余裕をもって組付けできますが、HX-1200iは奥行きが200mmでATX電源としては最大クラスの製品となっていますので、ミドルタワーなどを使われる場合にはきちんと電源の対応サイズを確認しておいたほうがよいでしょう。

Seasonicの最上位シリーズ PRIME Titaniumですらも奥行き170mmですから、この電源が如何に大きいかわかるのではないかと思います。

尤も、このクラスの電源を使われる方はフルタワーを選択される方が多いでしょうから、それほど問題になる欠点ではありません。

Seasonicの製品は高品質寄りに偏っていますが、Corsairの電源は全体的にサイズが大きめなのと、製品ラインによってかなり品質が違うので、Corsair=高品質というイメージを抱いている方は要注意です。

このHX-1200iは最上位製品に近い品質ですので安心してください。

ワークステーションクラスの構成+SLiもしくはオーバークロックで遊びたいならばやはり1000Wより上の電源を選びたいところです。

HX1200i
AC入力電圧 電源:100V~240V
DC出力 電圧 +3.3 V +5 V + 12V -12 V +5 VSB
電流 30A 30A 100A 0.8A 3.5A
電力 150W 1200W 9.6W 17.5W
定格電力 1200W

 

品名 HX1200i
型番 CP-9020070-JP
対応規格 ATX12V v2.4 及び EPS12V 2.92 準拠
サイズ (本体) W150mm×H86mm×D200mm
サイズ (パッケージ込み) W390mm×D150mm×H225mm
重量 (本体) 約2.3kg
重量 (パッケージ込み) 約4.5kg
動作温度 N/A
保護回路 過電圧保護(OVP)、低電圧保護(UVP)、ショート回路保護(SCP)、過負荷保護(OPP)、過温度保護(OTP)
搭載ファン 自動回転数制御対応140mm流体軸受けファン
同梱物 電源ユニット(本製品) × 1
電源ケーブル × 1セット

 

 

-各パーツについて, 電源

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.