CPU情報

AMD Ryzen 7 7700X、ゲーミングベンチマークでIntelのRaptor Lake Core i7-13700K & Core i5-13600KのCPUを破る

投稿日:

AMDのCPU Ryzen 7 7700Xは、リークされたベンチマークでIntelのCore i7-13700K & i5-13600K Raptor Lake CPUに対して強いゲームパフォーマンスを示しています。

IntelのRaptor Lake Core i7-13700K & Core i5-13600KのCPUがリークされたゲーミングベンチマークで不評、AMDのRyzen 7 7700Xに敗退

IntelのRaptor Lake Core i7-13700KとCore i5-13600KのCPUの最新のベンチマークは、BilibiliのコンテンツクリエイターであるExtreme Playerから提供されたものです。

このリーカーは、すでにCore i9-13900K、Core i7-13700K、Core i5-13600KといったRaptor LakeのリテールCPUのベンチマークを見せてくれている。

今回のベンチマークでは、Extreme PlayerがAMD Ryzen 7 7700XをIntelの現行の第12世代CPUと次期第13世代CPUに対してテストしています。

テストプラットフォームは、AMDプラットフォーム用のGigabyte X670 AORUS Elite AXマザーボードと、Intelプラットフォーム用のASRock Z690 Steel Legend WiFi 6E/D5マザーボードで構成されている。

どちらのマザーボードもDDR5メモリをサポートしており、テストではTeamGroupの16GB DDR5-6400 CL40メモリを2枚使用した。

グラフィックスカードは、MSI GeForce RTX 3090 Ti Gaming X Trioを選択した。テストでは、すべてのCPUがDDR5-5200プロファイルでテストされたが、7700Xは追加でDDR5-6400プロファイルを使用してテストされた。

AMD Ryzen 7 7700X 8コア "Zen 4 "デスクトップCPU

AMD Ryzen 7 7700Xは、8コア16スレッドのパーツだ。AMDではこれをゲーマー向けのスイートスポットと位置づけており、ベースクロック4.5GHz、ブーストクロック5.4GHzながらTDP105W(PPT142W)と低めのCPUを搭載する。

キャッシュプールは40MBで、内訳はCCDが32MB L3、Zen 4コアが8MB L2となっている。

ここで1つ興味深いのは、Ryzen 7 7800Xチップに関するAMDの更新が今のところないことです。

AMDは、その部分をZen 4コア(3D V-Cache)を搭載したRyzen 7 5800X3Dの後継に置き換えたいのだろう。

もしそうだとしたら、V-CacheパーツはAMD自身が2022年第4四半期後半の投入を確定しているので、今年後半のCPUラインナップのアップデートに期待できる。

Ryzen 7 7700Xの価格は399USドルで、Core i7-12700KやCore i7-13700Kと競合する。

AMD Ryzen 7000「Raphael」デスクトップCPUのスペック(公式):

CPU名アーキテクチャー製造プロセスコア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
(SC 最大)
キャッシュTDP価格
AMD Ryzen
9 7950X
Zen 45nm16/324.5 GHz5.7 GHz80 MB (64+16)170W$699 US
AMD Ryzen
9 7900X
Zen 45nm12/244.7 GHz5.6 GHz76 MB (64+12)170W$549 US
AMD Ryzen
7 7700X
Zen 45nm8/164.5 GHz5.4 GHz40 MB (32+8)105W$399 US
AMD Ryzen
5 7600X
Zen 45nm6/124.7 GHz5.3 GHz38 MB (32+6)105W$299 US

インテル Core i7-13700K 16コア Raptor Lake CPU仕様

インテル Core i7-13700K CPUは、Raptor Lake CPUのラインアップの中で最速の第13世代Core i7チップとなります。

このチップは、合計16コア、24スレッドを搭載しています。この構成は、Raptor Coveアーキテクチャに基づく8つのPコアと、Grace Montコアアーキテクチャに基づく8つのEコアによって実現されます。

CPUには30MBのL3キャッシュと24MBのL2キャッシュが搭載され、合計で54MBのキャッシュを搭載している。

動作クロックはベースが3.4GHz、ブーストクロックが5.40GHz。

オールコアのブーストクロックはPコアが5.3GHz、Eコアはベースクロック3.4GHz、ブーストクロック4.3GHzとなっている。

  • Core i7-13700K 8+8 (16/24) - 3.4 / 5.3 GHz - 54 MB Cache, 125W (PL1) / 244W (PL2)?
  • Core i7-12700K 8+4(12/20) - 3.6 / 5.0 GHz、25 MBキャッシュ、125W(PL1)/ 190W(PL2)

インテル Core i5-13600K 14コア Raptor Lake CPUのスペック

Intel Core i5-13600Kは、Raptor Coveをベースにした6つのP-Coreと、現行のGracemontコアをベースにした8つのE-Coreを含む合計14コアを搭載しているのが特徴です。

これはIntel Core i5-12600Kと同じP-Core数ですが、E-Core数は2倍になっています。つまり、Alder LakeのCore i5-12600Kに対して、コア数は40%、スレッド数は25%アップしていることになる。

CPUには、24MBのL3キャッシュと20MBのL2キャッシュが搭載され、合わせて44MBのキャッシュを搭載する。クロックはベース3.5GHz、ブースト5.2GHz、オールコアブースト5.1GHzで、Eコアはベース3.5GHz、ブースト3.9GHzで動作する。

  • Core i5-13600K 6+8 (14/20) - 3.5 / 5.1 GHz - 44 MB Cache, 125W (PL1) /180W (PL2)?
  • Core i5-12600K 6+4 (10/16) - 3.6 / 4.9 GHz - 20 MB Cache、125W (PL1) / 150W (PL2)?

Intel 第12世代 Alder Lake-S & 第13世代 Raptor Lake-S デスクトップCPU比較(速報版):

CPU名Pコア数Eコア数合計コア数/
スレッド数
Pコア ベース /
ブースト (最大)
Pコアブースト
(全コア)
Eコア ベース /
ブースト
Eコアブースト
(全コア)
キャッシュTDP希望小売価格
Intel Core i9
-13900K
81624 / 323.0 / 5.8 GHz5.5 GHz
(全コア)
不明 / 4.7 GHz4.3 GHz
(全コア)
68 MB125W (PL1)
250W (PL2)?
$589.9 US
Intel Core i9
-12900K
8816 / 243.2 / 5.2 GHz4.9 GHz
(全コア)
2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz
(全コア)
30 MB125W (PL1)
241W (PL2)
$599 US
Intel Core i7
-13700K
8816 / 243.4 / 5.4 GHz5.3 GHz
(全コア)
3.4 / 4.3 GHz未確認54 MB125W (PL1)
228W (PL2)?
$409.99 US
Intel Core i7
-12700K
8412 / 203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz
(全コア)
2.7 / 3.8 GHz3.6 GHz
(全コア)
25 MB125W (PL1)
190W (PL2)
$419 US
Intel Core i5
-13600K
6814 / 203.5 / 5.2 GHz5.1 GHz
(全コア)
3.5 / 3.9 GHz未確認44 MB125W (PL1)
180W (PL2)?
$ 319.99 US
Intel Core i5
-12600K
6410 / 163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz
(全コア)
2.8 / 3.6 GHz3.4 GHz
(全コア)
20 MB125W (PL1)
150W (PL2)
$299 US

最初のゲーム比較はHorizon Zero Dawnで、1080p平均でAMD Ryzen 7 7700XはCore i7-13700Kに4.5%、Core i5-13600Kに7.5%、Core i5-12600Kに11%の差をつけています。

T-ForceキットのEXPOプロファイルなど、より高速なDDR5メモリを使用した場合は、さらにリードが拡大する。

Intel Core i7-13700K & Core i5-13600K vs AMD Ryzen 7 7700X Gaming Benchmarks(ソース:Extreme Player):

※ 画像をクリックすると別Window・タブで開きます。

 

2本目はRed Dead Redemption 2で、Ryzen 7 7700XはCore i7-13700KやCore i5-13600Kと同等だが、Core i5-12600Kより10FPSほど速い(平均値)1080pでの結果であった。

ファークライ6では、1080pではRaptor LakeのCPUがRaptor Lakeのチップに少しリードしているが、より高い解像度ではAMD Zen 4のCPUがより良いパフォーマンスを発揮していることがわかる。

さて、AMD Ryzen 7 7700Xの399ドルという米国での価格設定は、これらのベンチマークを見れば、それほど悪いものではないように思える。

IntelのチップはDDR5とDDR4の両方のプラットフォームと互換性があり、市場でより安価なマザーボードの選択肢を持っているので、Intelが優位に立つ可能性があります。

さらに、13600K CPUは50~100ドルほど安く、7700Xは13700KFに近い価格設定になっている。

Intelの第13世代Raptor Lake CPUは来週発売されるので、近いうちに詳細なゲームベンチマークを入手し、Intelがゲームでのリードを維持できるかどうかを確認することになるであろう。

Intel Raptor Lake vs AMD Zen 4 リークゲーミングベンチマーク(1080p):

CPU名Intel Core i5
-12600K (DDR5-5200)
Intel Core i7
-12700K (DDR5-5200)
Intel Core i5
-13600K (DDR5-5200)
Intel Core i7
-13700K (DDR5-5200)
AMD Ryzen 7
7700X (DDR5-5200)
AMD Ryzen 7
7700X (DDR5-6400)
APEX Legends
1080p 平均
273.5275.6270.2291.6276.4295
CSGO
1080p 平均
666.57749.91759.34777.67797841
Far Cry 6
1080p平均
126144153153137150
Horizon Zero
Dawn 1080p 平均
168174174179187192
Monster
Hunter Rise
1080p 平均
209.7208.7244.3238210.3236.6
Naraka Bladepoint
1080p 平均
201.6199.9227218.9221.9241.1
PUBG
1080p 平均
226.5293.6299.2320.3296.5331.2
Red Dead
Redemption 2
1080p 平均
150156162159160164
Perf Rating
(平均FPS)
252275286291286306

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7 7700X Beats Intel’s Raptor Lake Core i7-13700K & Core i5-13600K CPUs In Gaming Benchmarks

 

 

 

 

解説:

13700Kと13600Kのゲーム性能は思ったほどではないらしい。

当初、7600Xと7700XはRaptorの13700K、13600Kと性能差があり、不利ではないかと言われていましたが、どうもゲーム性能ではその限りではないようです。

FullHDでは結構差がついていますので、Intel信者さんたちが大好きな720pだと埋められないほどの差がつくのでは無いでしょうか。

ストリーマーが人気なことに加えて、前から熱心なゲームファンが存在していましたので、高性能なPCの用途の大半をゲーミングPCが占めていると思います。

その大きなポイントで下馬評を覆してZen4が勝つというのはかなりドラマチックな話だと思います。

このリークを見て思い出すのは、ゲルシンガーさんのお話ですね。

参考記事:インテルCEO、Alder LakeのCPUについて。AMDはクライアントでバックミラーに映り、二度とフロントガラスに映ることはないだろう

ゲルシンガーさんの話では2度とフロントガラス越しに映ることは無いらしいですが、映ってしまいました。

AMDファンを代表して謝罪します。

申し訳ありませんでした(苦笑。

AMDファンとしては主に5ch発祥の鉄パイプを持ったミッフィー激似の凶悪生物のAAを張りたくなる気分くらいにはなってきます。

以前も書きましたが、他社をdisるとなぜか自分に返ってくるというのはビジネスマンあるあるです。

最近はIntelとAMDともにかなり実力が伯仲していますので、結果が出るまではあまり思い切った発言は避けるようにした方が無難だと思います。

本音で言うと今回の差はあまり致命的な差ではないと思います。

理由はやはりマルチスレッド性能ではどう逆立ちしても勝てないからです。

しかし、CEOがそう言っちゃった以上、フロントガラス越しに見えるような状況になったら私のように根性悪く揚げ足を取ってくるAMDファンはいるということです。

AMDはLisa CEOになってからライバルを煽り倒すようなことはしなくなりましたので見ていて安心感があります。

 

まあ、でもCEOがイキってたほうがおもしろいことだけは確かですが。

 

 

 

第13世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.