CPU情報

AMD、PC市場の落ち込みによりRyzen 7000 "Zen 4" CPUの生産計画を縮小、Ryzen 9 7900XはAM5チップのベストセラーに

投稿日:

AMDの内部レポートに基づき、同社がRyzen 7000 "Zen 4" CPUの生産計画を引き下げることを計画していることが判明した。

PC市場の縮小とAM5プラットフォームの不評?AMD、Ryzen 7000 "Zen 4 "CPUの生産計画を引き下げる計画

AMDの内部管理を引用したレポートによると、PC市場の落ち込みとAM5プラットフォームの全体的な評判の悪さの中で、レッドチームがRyzen 7000 "Zen 4" CPUの生産量を下げることを計画しているようです。

AM5プラットフォームはまだ新しいものですが、AMDはDDR5やPCIe 5.0技術のサポートといった強力な機能の数々でユーザーの興味を引くことができると予想していましたが、その代わりにマザーボードの価格を引き上げてしまい、最近発売されたエントリーレベルのB650シリーズでさえ、AMDが約束していた125米ドルに達することができなかったのです。

また、このレポートでは、現時点でAM5を支えているのはエンスージアストであり、Ryzen 9 7900Xはトップ/ベストセラーとなっており、その売上はZen 4の全ラインナップの中で最も高いと伝えられている。549USドルのチップは、Ryzen 7 7700X(399USドル)やRyzen 5 7600X(299USドル)よりもはるかに魅力的なようです。

この統計は、小売店別の売上ではなく、全世界の出荷数と小売店数に基づいています。

その理由は、ほとんどのエントリーレベルの購入者は、より良いゲーム性能を望むなら、既存のAM4プラットフォームでRyzen 7 5800X3Dにドロップインしてアップグレードすればよいからだ。

彼らにとっては、8個のZen 3コアは依然として適切なマルチスレッド性能を提供し、3D V-Cacheは12900Kを超えるゲーム性能を加速させるのである。

現在、AM4とAM5プラットフォームで同時にX3Dを起動する可能性に関する話が増えています。

AMDはすでにRyzen 7000 3D V-Cacheの発表に向けて準備を進めており、CES 2023までに発表されるはずだが、AM4に新しいX3Dオプションが用意されるかどうかはまだわからない。

X3Dオプションがなくても、AM4のラインナップには、AM5プラットフォームの製品よりもはるかに価値のある6、8、12、16コアの割引チップがあり、十分なパワーを持っています。

AM4とAM5の販売格差は、TechEpiphanyが共有する統計で見ることができます。

https://twitter.com/TechEpiphany/status/1579162746104737794?ref_src=twsrc%5Etfw

https://twitter.com/TechEpiphany/status/1579159215486435329?ref_src=twsrc%5Etfw

現在、ほぼすべての主要な小売業者は、AMD Ryzen 7000 CPUといくつかのAM5ボードの在庫をたくさん持っているので、よほどの需要がない限り、フル稼働で生産を続ける必要はないでしょう。

2023年に市場が良くなり、需要が回復し始めると、AMDは生産を通常通りに再開するかもしれませんが、その時には、通常のチップは、X3Dやモビリティ部品などの他のZen 4ラインと容量を共有しなければならないでしょう。Zen 4 EPYC CPUは言うまでもありません。

ソース:wccftech - AMD Lowers Ryzen 7000 “Zen 4” CPU Production Plan Due To PC Market Decline, Ryzen 9 7900X Best Selling AM5 Chip

 

 

 

解説:

AMDがZen4の生産計画を縮小

やはり高すぎたか?AM5への移行が進まず。

既に発売されましたが、AM5への移行があまり進んでいないようです。

ついこの間まで(世界的には)景気が良くてPC需要が盛んでしたから、需要を読み誤ったのでしょうね。

また、B650の価格が高すぎたという問題があったのでしょう。

X670の下位モデルとB650の上位モデルの価格が完全にバッティングしてしまっています。

B650は無印とEがありますが、フルPCIe4.0モデルを中心にしてもっと価格を下げた方が良かったのでしょうね。

AMD製のマザーボードも世代を経るにつれ価格がジリジリと押し上げられており、やはり高すぎるという問題があるのでしょう。

PCIe5.0対応のSSDはまだ出ていませんが、恐らくIntel700マザーボードと同時に市場に出回ると思います。

そうなれば多少状況が変わってくるのではないかと思っています。

このあたりは市場でマスを取ってないAMDの不利な点だと思います。

AM5の本番はPhoenixPointとA620の発売後だと思っています。

低価格+強化された内蔵GPU搭載モデルの組み合わせでAM4からAM5への移行が進むではないでしょうか。

ただ、A620も現行のB550程度の価格にとどまるのかなと言うのがX670/B650を見た私の感想です。

当初は2022年Q4にAM5で発売予定だったRembrandtの扱いはどうなるのかな?とも思います。

ノートPCに搭載すればいくらでも売れそうですし、ここで出し惜しみしてRembrandtをまず出してPhoenixPointを2024年に先送りにするのは絶対にやめていただきたい(苦笑。

理想なのはRembrandtを下位モデルに、PhoenixPointを上位モデルにして出すことです。

そのうえで、2022年4月に出たモデルのように内蔵GPUをオフ又は縮小したモデルを下位製品として発売出来るなら理想だと思います。

ただ、出たばかりのプラットフォームでわざわざ安売りするのは難しいかなとも思います。

このあたり、数が出る下位製品AM4に残ってしまい、あまり数の出ない上位モデルがAM5に分断している状況はプラットフォームを長く使うAMDならではなのかなと思います。

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.