その他

インテルCEO、AMDチップの自社工場での製造に前向き、世界最速のCPU、GPU、ディスクリートGPUの製造を目指すと表明

投稿日:

IntelのCEOであるPat Gelsinger氏は、The Vergeとのインタビューで、AMDとNVIDIAが自社のファブを利用して世界トップレベルのCPUとGPUを製造していることについて口を開いた。

ntelは自社や競合(AMDやNVIDIA)から世界トップクラスのCPUやGPUを自社ファブで作ることに前向き

このインタビューの中でパット氏は、オハイオ州のファブの落成式で、ファブレス企業のCEOたちと席を並べて歓迎し、彼らの新製品が作られるファブの横にロゴを置くとまで申し出たという。

それだけでなく、Pat Gelsinger氏は、競合他社(AMDとNVIDIA)のロゴを彼らのファブに置くことも大歓迎すると言っている。

オハイオのサイトには、ファブレス企業のCEOが何人も来ていて、"あそこのファブモジュール、あなたのロゴを入れて、ここで作ったと言いたい "と言ったんだ。

Intelのファブの側面にAMDのロゴを入れるんですか?

もし、彼らが私たちと一緒に製造することを選んでくれるなら、私は喜んでそうしますよ。そのレベルでは正しいことなのです。これらは大規模な投資であり、技術にとって重要である。

Intel CEOのPat Gelsinger氏、The Vergeより

しかし、それだけではなく、NVIDIAやAMDに対抗するための実際の製品について語ったとき、パットは、自分の会社はこの分野で勝ち、世界で最も速い高性能コンピュータを作るつもりだと言った。

ChipzillaのCEOは、自社は世界最速のCPU、最速のGPU、さらに世界最速のディスクリートGPUを作るつもりだと言い切ったのだ。

これはかなり大胆な発言で、彼はその約束を果たすためにMeteor Lakeを強調した。

その裏返しで、NvidiaだけでなくAMDにも入っています。

2大ゲーム機やSteam Deckなど、基本的にはSwitch以外のすべてに搭載されています。

ドルあたりのRyzenチップはより高いパフォーマンスを提供しているようで、IntelとAMDの間には多くの行き来があるようです。

それは、あくまで自分が取れる冠なのでしょうか?

それとも「最後はファウンドリーサービスをやって、オハイオのファブの脇にIntelのロゴを入れれば大丈夫」とでも言うのでしょうか?

私たちは、この領域で勝つためにここにいるのです。

間違ってはいけない。

世界最速の高性能コンピュータ、世界最速のGPU、そして世界最速のディスクリートGPUを作るつもりです。

統合グラフィックスにも継続性を持たせていきます。複数のチップレットを持つヘテロジニアスアーキテクチャの統合グラフィックスがますます増えていますが、これは来年のMeteor Lakeを見るまでお待ちください。

Appleが示したように、これらは非常に興味深い製品になります。私はその継続性を見ており、我々は非常に競争力のあるものになると思います。

パット・ゲルシンガー、インテルCEO、The Vergeより

インテルはすべての人に目を向けている! Apple、NVIDIA、AMD、Qualcommのためのチップを作りたい

パット氏は、AMDやNVIDIAだけでなく、Intelが世界トップクラスの製造企業として、最先端のファブを自由に使って、彼らの要求を満たすことができることを世界に示したいとも述べている。

確かに時間はかかるが、つい最近、Intelのファウンドリサービスは、MediaTekと戦略的パートナーシップを結び、彼らのエッジにフォーカスしたチップを製造することになったばかりだ。

同時に、Nvidiaのファウンドリになるつもりです。ところで、彼らにはより弾力的なサプライチェーンが必要です。

私たちが取り組んでいるこれらの技術を必要としているのです。どの程度勝てるかわからないが、彼らのビジネスを勝ち取りたい。

クアルコムのビジネスも勝ちたいし、アップルのビジネスも勝ちたい。

その選ばれるプロバイダーになりたい。

繰り返しになりますが、私たちはファウンドリビジネスをやっていません。

TSMCは30年前からそのビジネスモデルを完成させています。

彼らはそれを得意としており、彼らの周りにはエコシステムがあります。

しかし、そのビジネスを獲得するためには、独自の視点、キャパシティ・コリドーを持つ最高のトランジスタ、PDK(プロセス設計キット)、EDA(電気設計自動化)ツールを持って参入しなければならないのです。

自然の追い風が効いてくる。

いい勢いになってきているので、かなり期待しています。

メディアテックの設計を次々と獲得しています。

台湾最大のファブレス企業が、米国のファウンドリ企業にコミットしている。

これはかなり嬉しいことです。

Rick Tsaiは以前TSMCの経営者でしたよね。

彼はとても親切なお客さんです。

彼のコミットメントによって、我々は良いファウンドリになるための方法を学ぶことができた。

Intel CEOのPat Gelsinger氏、The Vergeより

Intel の Meteor Lake CPU は来年発売される予定で、同社はすでにこれまでで最速の HPC GPU、Rialto Bridge として知られる Ponte Vecchio のアップデートに着手しているところです。

また、IntelのCEOは、Arcゲーミングのディスクリートラインアップを終了するという噂を否定し、BattlemageとCelestialと呼ばれる次のGPUの開発に順調に進んでいる。

ソース:wccftech - Intel CEO Says Open To Manufacturer AMD Chips At Their Fabs, Aim To Build The Fastest CPUs, GPUs & Discrete GPUs In The World

 

 

 

解説:

「IntelがAMDのCPUの製造を受け入れるって言ってるよ。」

ちょっと前までこんなこと言ったら、頭のおかしい人扱いでした。

本気で精神科の受診を進められたかもしれません。

しかし、これをIntelの現CEOが言ってるのですから驚きです。

「もし、AMDやnVidia、Qualcommから生産を委託されたら、彼らのロゴをFabに飾ってもいい。」ここまで言ってるのは驚き以外の何物でもありません。

 

 

一番大事なことは時代に合わせて変わっていくこと。

私がIntelが一番優れていると思っているのは、時代に合わせて変わっていけることです。

プライドの高い大企業ならば、なかなかこうした発言は出来ないでしょう。

しかし、Intelは世界一の半導体企業でありながら、こういった変化を積極的に取り入れています。

故ポール・オッテリーニ氏の時代には考えられなかったことでしょう。

勢いのあるTSMCに対して、Intelの製造技術は若干後塵を拝していると言わざるを得ない状況です。

しかし、Intelがこのように方針を転換するならば、TSMCに追いつき、追い越すことも可能かもしれません。

既にMediaTekのチップを作っているようですが、x86だけでなく、ARM勢の勢いや資金力を取り込むことができるならば、まだまだ可能性は十分にあると思います。

IntelはRISC-Vナンバーワン企業のSiFiveの買収を提案して断られたようですが、今後もx86だけにこだわらずに様々な可能性を検討していくのでしょうね。

 

 

 

-その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.