CPU情報

AMD Ryzen 7 7700X 8コアZen 4デスクトップCPUがカメラに向かって微笑みます

投稿日:

AMDの8コアZen 4 CPUであるRyzen 7 7700XがAnandtechフォーラムで目撃され、次期チップの存在がさらに確認されました。

AMD Ryzen 7 7700X 8コアZen 4デスクトップCPUが目撃される、9月発売のプレリテールチップが準備中

今回、OPNコード「100-000000591」のAMD Ryzen 7000 Desktop CPUが先行公開された。

Ryzen 7 7700Xは、約2年前の発売時に449USドルで販売されたRyzen 7 5800Xよりも低価格で発売されると予想される。

画像の出所は不明ですが、つい最近、レビュアーサンプルが送付されているので、これはおそらくレビュアーサンプルでしょう。

B650(E)シリーズは10月まで発売されないので、マザーボードはX670EまたはX670ソリューションになるはずです。

画像から明らかなように、AMD Ryzen 7 7700X Zen 4 Raphael デスクトップCPUは、完全な正方形の形状(45x45mm)ですが、非常に厄介な統合ヒートスプレッダー(IHS)を搭載しています。

IHSは、内部的には「オクトパス」と呼ばれている非常に興味深いデザインで、完全なはんだ付けを特徴としているため、チップを取り囲むすべてのコンデンサを考慮すると、チップの取り外しは少し難しいかもしれません。

このチップでは、2つのZen 4 CCDを搭載するRyzen 9に対して、8コアしか提供しないため、AMDは1つのZen 4 CCDとIODチップレットを使用することができます。

AMD Ryzen 7000 (AM5) vs Ryzen 5000 (AM4)のCPU比較(ソース:Harukaze5719):

AMD Ryzen 7 7700X 8コア "Zen 4 "デスクトップCPU

Ryzen 7ファミリーに移り、8コア16スレッドのAMD Ryzen 7 7700Xをご紹介します。AMDではこのCPUをゲーマー向けのスイートスポットと位置づけており、ベースクロック4.5GHz、ブーストクロック5.4GHzながらTDPは105W(PPT142W)と低めに設定されている。

キャッシュプールは40MBで、内訳はCCDが32MB L3、Zen 4コアが8MB L2となっている。

ここで1つ興味深いのは、Ryzen 7 7800Xチップに関するAMDの更新が今のところないことです。

AMDは、その部分をZen 4コア(3D V-Cache)を搭載したRyzen 7 5800X3Dの後継に置き換えたいと考えているのだろう。

もしそうだとしたら、V-Cache製品はAMD自身が2022年第4四半期後半の投入を確定しているので、今年後半のCPUラインナップのアップデートが期待できるだろう。

また、セグメント分けだけ見ると、Ryzen 7 7700Xはメインストリームセグメントで実に良い価格になりそうだ。

AMD Ryzen 7000デスクトップCPUは8月29日に発表され、9月に発売される予定ですが、BIOS関連の問題のため、具体的な小売発売は9月27日に若干延期されると言われています。

AMDの次世代Ryzen 7000デスクトップCPUと各600シリーズマザーボードの詳細については、こちらの次世代ファミリーの完全なラウンドアップでご覧いただけます。

AMD Ryzen 7000「Raphael」デスクトップCPUの「予備的」スペック:

CPU名アーキテクチャー製造プロセスコア数/
スレッド数
コアクロック (SC 最大)キャッシュTDP価格
AMD Ryzen
9 7950X
Zen 45nm16/32~5.7 GHz80 MB (64+16)105-170W~$700 US
AMD Ryzen
9 7900X
Zen 45nm12/24~5.6 GHz76 MB (64+12)105-170W~$600 US
AMD Ryzen
7 7800X
Zen 45nm8/16不明40 MB (32+8)65-125W~$400 US
AMD Ryzen
7 7700X
Zen 45nm8/16~5.4 GHz40 MB (32+8)65-125W~$300 US
AMD Ryzen
5 7600X
Zen 45nm6/12~5.3 GHz38 MB (32+6)65-125W~$200 US

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7 7700X 8 Core Zen 4 Desktop CPU Smiles For The Camera

 

 

 

解説:

7700Xのレビューサンプルの写真がリーク

既にレビューサンプルの配布が始まっているようです。

情報解禁日まではレビューは出てこないと思いますが、オクトパスと呼ばれる8本の足で支えられたIHSが特徴的です。

Zen4、Ryzen7000シリーズのコードネームはRaphaelですが、これでRaptorに負けると「タコ」ってあだ名が付きそうで怖いです。(苦笑。

7800Xの型番が空いているのは年内に3D V-Cache搭載の8コアモデルが出るからだとまことしやかに語られていますが、実際どうなのでしょう。

個人的にはRyzen 7 5800X3Dのように1モデルしか3D V-Cache搭載型が出ないのであれば非常に残念と言う他ありません。

今年はノーマルモデル、来年はフルラインナップでX3Dモデルが出てくれると、RaptorやMeteorの対抗上、競争力が生まれると思うのですが・・・。

AMDのサーバー偏重主義はちょっと鼻につきすぎます。

ぜひともX3Dモデルをフルラインナップで出していただきたいところです。

9月27日に実際に手にすることができますが、レビューもその近辺に出るでしょう。

その時、Raptorに対して競争力があるかどうかハッキリすると思います。

私はZen4はAlderよりは性能が高いが、Raptorには負けると考えています。

それでも、Intel4の出来があまり良くなさそうですから、Zen5次第では巻き返しは十分可能でしょう。

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.