CPU情報

IntelのフラッグシップHEDT Core i9-10980XE「Cascade Lake X」CPUは、すべてのコアで最大5.1 GHz OC可能

更新日:

Intelの今後のCore i9 10980XE CPUはフラッグシップのHEDT製品になる予定であり、同社は最近、AMDに対抗するために価格を大幅に引き下げました。

しかし、PCGamesNのレポートは、フラッグシップSKUであるCore i9 10980XEが、標準のAIOクーラーを使用して、すべてのコアで5.1 GHzを実際に達成できることを明らかにしています!

はい、聞き間違いではないですよ、冷蔵庫は使ってません(エッヘン)。

これは非常に印象的なオーバークロックヘッドルームであり、HEDTを半額で入手できるという事実は、ケーキの上にあるチェリーです。

 

Intelの新しいCore i9 10980XE CPUには大量のOCマージンがあり、余裕でRyzen 2950Xに対し1ドルあたり32%高いパフォーマンスでカモにします。

これはシリコンくじの対象であることに注意してください。

すべてのチップが平等にOC出来るわけではありません。つまり、一部のチップのOCマージンはこれよりも低くなります。

とはいえ、すべてのコアで〜5GHzのOCは、HEDTの愛好家にとって楽しみでおり、特に新しい価格を考慮すると、キラープラットフォームとなるべきでしょう。

先に進む前に、PCGamesNインタビューからの抜粋を以下に示します。

「これらの機能をオーバークロックして、本当に興味深い結果を得ることができます」とインテルのマークウォルトンは語ります。 「たとえば、標準の液体冷却を使用したラボでは、最大5.1GHzの10コアプロセッサである10980XEを使用しました。そして、それがすべての核心だと思います。」
「これは、ラボで使用した特定のチップの一例です」とWalton氏は言います。
そのため、これはすべてのチップの特性を反映しているわけではありません。 そのことを明確にするために、すべてのチップは異なり、一部のチップは他のものよりもオーバークロックに優れていますが、それは可能です。」–PCGamesN

Intelには信じられないほど成熟した14nm +++(+?)があり、これは絶対に前代未聞のレベルで安定したクロックレートを達成できることを意味します。

IntelのHEDTプラットフォームは、熱心なVRMと十分に強力なPSUを備えたマザーボードに投資することで、愛好家に報われる分野の1つです。

購入するHEDTチップを探している場合は、10980 XEが棚に届くのを待ってください。

それだけではありません。以前漏れていたベンチマークを見ると、IntelがHEDTに関しては1ドルあたりのパフォーマンスが得られていることがわかります(時間の変化)。

 

上記のベンチマークを見ると、Intel Core i9-10980 XEは51514ポイント、AMD Threadripper 2950Xは35691ポイントを獲得しています。

さて、これらは私が追加するであろう仕込まれたクロックですが、ポイントがあります

これらのパフォーマンスレベルで、Intel製品とAMD製品の価格がそれぞれ$ 979と$ 900の場合、1ドルあたり約32%のパフォーマンスで、AMDの対抗製品とと比較してIntelが有利です。

それだけでなく、さらに多くの機能を利用できます。

 

Intel第10世代HEDT価格更新

HEDT製品名コア数/ スレッド数新価格(米ドル)旧価格(米ドル)*
Intel Core i9-10980XE18/36$979$1979
Intel Core i9-10940X14/28$784$1387
Intel Core i9-10920X12/24$689$1189
Intel Core i9-10900X10/20$590$989

*第9世代Intel HEDT相当品の価格。

Intelの新しいCascade Lake Xプラットフォームは非常に競争力のあるものになりつつあり、同社は最近、発売価格を半減しました。

以前は約2グランドでのみ販売されていた18コアは現在1コアあたり103ドルであり、価格は1コアあたり979ドルと57ドルです。

それがすべてではありません。

Intelは実際に、サポートされるメモリの量を(第9世代Intel HEDTおよびAMD第2世代Threadripperの128 GBから)256 GBに倍増し、AMDに合わせてメモリーコントローラークロックを2933 MHzに増加させました(これは以前Intelで2666MHzでした)

利用可能なPCIeレーンも、今後のプラットフォームで68から72に増加しました(AMDの64に対して)。

ただし、注意点:インテルの新しい価格設定は、消費者に(すぐに)浸透することはないかもしれません。

インテルは、小売業者やパートナーからの抵抗や反発に直面する可能性があると考えています。

Intelの古い18コアを1979ドルで販売している企業の場合、今後の第10世代CPUを既存の在庫を完全に下回る価格で店頭に並べることは望ましくありません。

チャンネルは、新しいSKUによって大きな損失を被る必要があり、一晩で評価が半分になりました。

Intelがこれを行うには2つの方法があります。

自由市場に任せるか(そしてこれらの値下げにかなりの抵抗が消費者に波及することを期待する)、あるいはこれらの損失を助成し、チャネルパートナーにこの新しい価格設定を緊急に採用させることができます。

大手/有名小売業者の場合、小規模小売業者/小売業者がこの新しい価格設定を最初から採用する可能性は低いとはいえ、これが起こると思います。

ソース:wccftech - Intel’s Flagship HEDT Core i9-10980XE ‘Cascade Lake X’ CPU Can Hit Up To 5.1 GHz OC Across All Cores

 

解説:

IntelのCascade Lakeが10980XEが全コア5.1GHzまでOC可能とのリークが出てきました。

恐らくはわざと広めている類のものだと思いますが、Threadripperの登場によってIntelのラインナップの中で最も割を食わされたのがCore-Xだと思います。

当のCascade LakeもThreadripper3000シリーズをターゲットにはしておらず、あくまでもThreadripper2000シリーズを比較の対象にしています。

今までであればIntelはこのようなOC情報にはあまり積極的ではありませんでしたが、そうも言ってられない状態なのでしょう。

EPYCのZen2コア版RomeはすでにベンチマークでCascade Lakeに大差をつけており、HEDTでも大差がつけられることは確実で、新Core-Xの価格を約半分にすることのほかに、このようなサプライズを用意してきました。

このHEDTに関してはあまりIntelのブランドが通用しない分野であり、恐らくはThreadripper3000シリーズには敵わないと思います。

熱狂的なマニア向けの製品ですので、単純に判断されるのは性能やコア数/スレッド数、技術の先進性などです。

安定性や特殊のソフトウェアの互換性などはあまり気にする人はいないでしょう(笑

しかし、これらのプラットフォームがどうしても必要でIntelである必要がある方にとってはかなりの朗報です。

逆に元記事にもある通り、旧製品をお持ちの方にとっては新製品の価格が半分になるというのはかなり痛手でしょう。

小売り店さんはどのように処理するつもりなのかはわかりませんが、元記事にもある通り、Intelから補償金などの何らかの措置がない限りはかなりの痛手でしょう。

一般個人のユーザーであれば、本来ならThreadripperが市場に出た時点でメルカリ・ヤフオクなどで処分して様子を見るのが正解なのでしょう。

寝落ちがしにくかったIntel製品の特性を利用して、旧製品を個人売買で処分して、新プラットフォームの購入資金にされていた方にとっては痛手でしょう。

まあ、HEDTプラットフォームとはこんなケチな心配をするような人が手を出すべきものではありませんが・・・(笑。

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.