GPU情報

NVIDIAとAMDのGPU価格は8月末までにさらに下落する見込み、Green Teamは在庫一掃のために積極的な削減策を打ち出す

投稿日:

中国の技術情報誌ZOLがサプライチェーン内の情報源を引用して報じたところによると、AMDとNVIDIAのGPUは8月末までにさらに値下げされる可能性があるようです。

NVIDIAとAMDのGPUは今年後半にさらに安く購入できるようになり、Green Teamは積極的な値下げ戦略を準備中

わずか数ヶ月の間に、GPU市場は見事に暴落しました。暗号の暴落、PC市場の衰退、次世代GPUへの期待による全体的な需要の低下など、いくつかの要因がこれを招きました。

サプライチェーンからのニュースによると、8月末にNVとAMDはグラフィックスカードの価格を下げるためにより積極的な行動をとり、その中でもNVの値下げ幅はAMDより大きいという。

MyDriversより

現在、ほとんどのAMDとNVIDIAのグラフィックカードは、2年近く入手困難だった希望小売価格を大きく下回っており、現在、同じGPUメーカーが販売に苦戦しています。

これは、AMDとNVIDIAの第2四半期財務報告書に見られるように、ゲーミングdGPUセグメントがあまりうまくいっておらず、全体的な出荷が大きな打撃を受けているため、両社に打撃を与えているのです。

現在、AMDとNVIDIAは、コンシューマ向けGPUの価格を大幅に引き下げることを決定しており、グリーンチームは、在庫一掃のためにいくつかの積極的な措置を講じると伝えられています。

8月末までに新たな一連の値下げがリテール部門を襲うかもしれないと言われているので、グラフィックスカードがより安くなることが期待されます。

現在、GeForce RTX 3090 TiなどのNVIDIAのハイエンドグラフィックカードは、希望小売価格に対して最大で-47.5%の価格で販売されています。

今回の報道が真実に近いものであれば、希望小売価格に対して-50%以上の価格下落が見られることになります。
さらに、NVIDIAは、合計5種類のグラフィックスカードに使用されているチップであるGA102 GPUの過剰在庫を解消するため、12GBのRTX 3080グラフィックスカードの生産を再開したと言われています。

そのため、新しいNVIDIAとAMDのグラフィックカードを探している人は、今後数ヶ月でさらに低価格を期待できそうですが、これが次世代GeForce 4000シリーズGPUの発売と価格にどう影響するかは未知数です。

ソース:wccftech - NVIDIA & AMD GPU Prices Expected To Fall Further By End of August, Green Team To Issue Aggressive Cuts To Clear Inventory

 

 

 

解説:

高価格に振れ過ぎた天秤は揺れ戻しの時に大きく安値に傾く

と言うことが実感できる記事です。

これだけ値下げ販売策が実行されると、自作市場が非常に小さい日本にも波及してくるものと思われます。

気になるのは値下げ価格と仕入れ値の差分をどこが負担しているのかと言うことですが、恐らく、メーカーと販売店、両方でしょう。

まず、ギリギリまで小売店が値段を下げて、そのあとメーカーから救済策が入るという感じなのではないでしょうか。

以前から、神の見えざる手によって調整される価格には誰にも逆らえないことを書いてきました。

マイニング特需の時は希望小売価格を超えた金額に調整されていたわけですが、マイニング需要の終了とコロナ禍の巣籠需要が同時に無くなって在庫が余ってくると、今度はこれが価格を下げる方に向かいます。

その上、次期GPUの販売直前ですから、よっぽど積極的な販売策を打ち出さない限り誰も購入しないということになります。

元記事にある気になる表現は

これが次世代GeForce 4000シリーズGPUの発売と価格にどう影響するか

ぜひとも影響を与えてほしいところです。

 

-GPU情報
-, , , ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.