CPU情報 その他

レポート:Intel CPU供給の問題は2020年まで続く可能性が高い

投稿日:

台湾最大の出版物であり、PCの三位一体に関する限り、より信頼できる情報源の1つであるDigiTimesは、Intelの供給問題が年末まで2020年まで続くことを期待するという報告を発表しました。

これは私たちが聞いたことと一致しており、DigiTimesのソースがIntelとそのAIB内に適切に配置されていることを考慮すると、これは起こりそうです。

 

台湾からの報告によると、Intelの供給状況は2020年末まで改善しない、パートナーはAMDに切り替える予定

ここで言及したいのは、これ自体は特に驚くことではないということです。

インテルは以前、板挟みになって立ち往生していることを認めており、CEOのボブ・スワンは、現在の状況について非常に率直な説明をしました。

ただし、Intelの工場が全力で稼働しており、需要に追いつかず、OEMおよびAIBがAMD部品に切り替えてボリュームを維持する必要があるため、AMDはIntelから市場シェアをより多く奪うことになります。

Intelが満たせないチップ注文はすべて、AMDが獲得した市場シェアとなります。

また、Intelのチップがプレミアムで出荷される助けとはなりません(そして、需要が供給を超えたときにそのプレミアムを今すぐ殺すことは意味がありません)し、OEM / AIBはそのコストを、とにかくAMDの代替品を使用することを好む消費者に引き渡す必要があります。

確かなことが1つあるとしたら、それは2020年がIntelにとって成功または失敗の年になることであり、2021年後半まで会社が上向くことはないでしょう。

 

同社が今それを目指していることの1つは、7nmの進行は、EUVリソグラフィに基づく独立したプロセスであるため、理論的には10nmの遅延の影響を受けないことです。

また、Intelのリードを返さないかもしれませんが、プロセステクノロジーに関する限り、競争の場を平準化する必要があります。

ガートナーのレポートによると、Intelは最近、世界No.1のファウンドリであるという冠を取り戻しました-これは印象的な成果であり、現在のファウンドリの限界を示しています。

 

これまでの知識:2021年第4四半期に発売された最初の7nm製品は、CEOが10nmの何が問題だったかを説明

ボブ・スワンは、果てしなく続くハードな質問のように思えたが、インテルがどのようにポジションに就いたかについての質問に率直に答えた。

CPU市場シェアの大部分をAMDによって失い、需要を満たすことができない状況にある(これは、慎重を期してエラーを優先し、常に予備のファブ容量を確保するという古い哲学とは対照的です):

ここに到達した方法は、実際には3種類あります。1つは予想よりもはるかに速くなり、CPUとサーバーの需要は2018年に予想したよりもはるかに速く増加しました。

2018年に10%の成長を予測し、21%の成長を予測したことを思い出してください。良いニュースの問題は、データ中心の企業への変革における製品の需要が予想をはるかに上回っていたことです。

第二に、スマートフォンモデムで100%の市場シェアを獲得し、それをファブで構築することを決定したため、さらに多くの需要を引き受けました。

そして第三に、それを悪化させるために、10nmを実現することに失敗しました。それが起こると、14nmというより多くのパフォーマンスを最終世代に組み込むことができます。つまり、コア数が増え、ダイサイズが大きくなります。

したがって、これら3つは、私たちが思っていたよりもはるかに速く成長し、モデムを内部に持ち込み、10nmを遅らせた結果、柔軟なキャパシティが得られない状況になりました。

-Intel CEOボブスワン

これのほとんどは古いニュースですが、Intelが容量を満たすことができない理由について確固とした理由を示したのは今回が初めてです-すなわち、スマートフォンモデムを社内で生産することに決めたため、見返りに、CPU側に集中することができなくなりました。

また、Intelが14nmの需要に対応できなくなったのは、もっともらしい説明であり、代わりに22nm製品の拡張に頼らざるを得ません。

何が悪いのかを具体的に説明するように求められたとき、ボブ・スワンは、インテルが業界標準を破る能力に自信を持ちすぎ、結果に苦しんだと認めて、率直に答えました。

ここで「瘢痕組織」と呼んでいるのは、ボブが与えた説明です。

※ 瘢痕とは傷跡が醜く残った状態のことです。

瘢痕組織は本当にムーアの法則から始まりました。

2年ごとに2倍の倍率で進化するということであり、これは一種の単純な経験則です。

それは非常に長い間機能していました。

そして、22ナノメートルから40ナノメートル、そして14ナノメートルから10ナノメートルへの移行により、物理学的により困難になっているにもかかわらず、パフォーマンスの面でより高い基準を設定することにしました。

22から14は2倍の密度ではなく、2.4倍の密度であり、途中で紆余曲折がありました。

しかし、それはうまくいきました。

14から10の間、スケーリング係数を2.7まで上げて、密度とパフォーマンスを向上させようとすることの意味理解できたでしょう。

[問題が見え始めます]

第二に、7nmについて考えると、2.4スケーリングや2.7スケーリングをしようとはしません。

5nmについて考えると、2.0を歴史的な傾向に戻します。これは競合他社の3nmに相当します 。

2021年第4四半期の最初の7nm製品では...

また、10 nm前後の課題のいくつかの肯定的な点は、14nmを改善する方法を学んだことであり、14nm +、14nm ++があり、 4年間同じノードでしたが、現在10nmに進むにつれてチップのパフォーマンスが改善され続ています。

-Intel CEOボブスワン

Intelが7nmの2倍のスケーリング係数を追いかけ、EUVにも移行しているため、同社は2021年の第4四半期に最初の7nm製品(TSMC 5nmに相当)を導入する準備が整っているようです。

ボブはさらに、2024年までに5nm(TSMC 3nmに等しい)に達すると予想していると述べました。

ソース:wccftech - Report: Intel CPU Supply Issues Will Likely Persist Through 2020

 

解説:

Intelの供給問題は2020年まで続く

2019年Q3まで続くと言われていたIntelの供給問題はその後も改善されず、2020年まで続くという話です。

印象的なのは後半のBob Swanのインタビューです。

このインタビューは以前の記事でも取り上げたのですが、「瘢痕組織」という言葉をよく調べてませんでした。

この「瘢痕組織」というのは傷跡が醜く残った状態のことです。

機能的には問題はないが、見かけがよくないという意味なのでしょう。

これはIntelが現状をはっきり「病的な状態」と認めたということです。

もちろん機能的には問題はありません。

しかし、Intelの美学に反する状態ということなのでしょう。

今までノートPCやメーカー向けのPCはIntelの牙城でしたが、それも今年は様変わりしそうな感じです。

世の中で最も尊いことは多くの人を食わせていくことだと言いましたが、その期待にこたえられなくなった時、Intelのブランドが崩壊するときかもしれません。

 

-CPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.