CPU情報

AMD Ryzen 7000「Raphael」CPUのスペックと価格の噂。Ryzen 9 7950X 24/16コア 最大5.4GHz、Ryzen 9 7900X 12コア 最大5.3GHz、Ryzen 7 7800X 8コア 最大5.2GHz、Ryzen 5 7600X 6コア最大5.1GHz

投稿日:

AMDのRyzen 7000「Raphael」デスクトップCPUの噂される仕様の詳細が明らかになり、新しいZen 4コアアーキテクチャで最大5.4GHzのクロックスピードを実現することが指摘されています。

AMD Ryzen 7000「Raphael」デスクトップCPUの噂のスペック。Intelの第13世代Raptor Lakeに対抗するため、最大24コアの仕様と5.4GHzのシングルコアクロックが発表されました。

AMDのRyzen 7000デスクトップCPUラインナップに関する新たな噂と推測の詳細がRedGamingTechとアジア市場の大手小売店Taobaoが運営するオンラインチャンネル「Zhongzheng Evaluation」によって明らかにされました。

2番目のソースは、過去にいくつかのハードウェアリリースをカバーしてきた小売店と技術レビューのアウトレットが混在しており、今回、Zen 4 CPUアーキテクチャをベースにした次期Raphaelチップについて言及した疑惑のスペックシートを掲載したとのことです。

詳細については、両社ともRyzen 7000のラインナップには少なくとも4つのバリエーションがあるだろうと考えています。

RedGamingTechは4つのSKUとそのコア構成およびクロック速度にのみ言及していますが、中国のアウトレットはそれらをAMD Ryzen 9 7950X, Ryzen 9 7900X, Ryzen 7 7800X & Ryzen 5 7600Xと命名しています。

既存のSKUからネーミングは容易に推測できますが、各ソースによって異なるのはコア構成です。

AMD Ryzen 9 7950X デスクトップCPU。24/16コアで最大5.4GHzを実現

SKUの詳細から説明すると、まずフラッグシップのAMD Ryzen 9 7950Xは24コアまたは16コアを搭載すると推測されています。

これまでの噂では、Ryzen 7000 CPUは現行のコア数(16コア、32スレッド)を維持するとされてきました。

しかし、中国ベースのアウトレットからの新しい噂は、24コアと48スレッドになるとのことです。

IntelもRaptor Lake CPUで24コアを目指しており、8個のPコアと16個のEコアの合計24コアと32スレッドを搭載する予定であることを覚えておいてください。

L3キャッシュの増加とともに、CPU全体の性能はかなり向上するでしょう。

さて、現実的には24コアというと、AMD Zen 4チップレットが3つ必要になるが、AMD Ryzen 7000のパッケージは既存のAM4 CPUと同じパッケージサイズなので、4チップレット(3 x Zen 4 + 1 x IOD)を搭載できるかどうかは断言できません。

ただ、ハイエンドSKUでは、ほとんどのユーザーがハイエンドのX670マザーボードを同梱することになるため、メインストリームとは異なる小型のIODを搭載する可能性がある。X670チップセットはチップレットデザインに対応し、PCIeレーンやその他の必要なIOの大部分をPCHに移し、メモリ/IFCコントローラをメインIODに搭載したままにすると予想されます。

とはいえ、AMD Ryzen 9 7950Xの上位SKUは、シングルコアで最大5.4GHzのクロックを実現し、Ryzen 9 5950Xから10%周波数が向上すると予想されます。

上位SKUのTDPは125~170Wと予想されている。もう1つ有力な説は、24コアと16コアのバリエーションが存在し、170Wの場合、16コアはコア数と高クロックをトレードし、24コアは周波数をトレードしている、というものです。

ともあれ、Zen 4で24コアのチップが実現すれば面白いことになりそうです。

また、ThreadripperのラインナップがデスクトッププラットフォームでAWOLになったことで、メインストリームのデスクトッププラットフォームで高コア数のチップを提供することは理にかなっていると言えるでしょう。

上位チップは6501人民元(約900ドル)程度になるそうなので、ハイエンドパーツのプレミアム価格も期待できそうです。

AMD Ryzen 9 7900X デスクトップCPU、最大5.3GHzで12コア

AMD Ryzen 9 7900Xは、上位SKUの動向次第で16コアまたは12コアのいずれかになる可能性があります。

このチップは、シングルコアのブーストクロックが最大5.3GHzで、価格は4502中国元(約650USドル)程度になると言われており、既存の12コアチップ「Ryzen 9 5900X」の549USドルに近い価格設定になっています。

性能面では、12個のZen 4コアが性能を向上させ、より高いクロック速度が性能スペクトルを15~25%押し上げることになります。

AMD Ryzen 7 7800X デスクトップCPU、8コア、最大5.2GHz

本命のAMD Ryzen 7 7800Xは、8コア16スレッド設計を維持し、シングルコアで最大5.2GHzのクロックを実現すると見られています。

価格は、発売時の希望小売価格が449ドルだったRyzen 7 5800Xよりも50ドル高い500ドル程度になると言われています。

このチップは、最速の8コアチップとなる可能性を秘めており、クロックの向上により、アプリケーションとゲームパフォーマンスの両方でRyzen 7 5800X3Dに対して優位に立つことができるかもしれません。

AMD Ryzen 5 7600X デスクトップCPU。6コアで最大5.1GHzを実現

最後に、6コアと12スレッドのZen 4を搭載する6コアRyzen 7 7600Xがあります。

このチップは、AMDがよりローエンドのSKUを進める計画の前に、発売時に最もエントリーレベルのSKUとなる。価格は約2404人民元(約350ドル)とされています。

これは、価格的にはCore i5-12600Kに近く、Ryzen 5 5600Xから50USドル上昇することになります。

5600Xは現在200ドル程度まで下がっており、これは非常識な価値だが、5600Xで見たように、古いCPU(当時は3600/3600X)がより安い価値で発売されたにもかかわらず、新しいRyzen 5はかなりの数量を出荷することに成功しました。

しかし、消費者がまた50ドルの値上げを飲み込めるかどうかはわかりません。

AMD Ryzen 7000「Raphael」デスクトップCPUの噂のスペック:

CPU名アーキテクチャー製造プロセスコア数/
スレッド数
クロック
(シングル
コア最大)
TDP価格
AMD Ryzen
9 7950X
Zen 45nm24/48 または
16/32
5.4 GHz105-170W~$900 US
AMD Ryzen
9 7900X
Zen 45nm16/32 または
12/24
5.3 GHz105-170W~$650 US
AMD Ryzen
7 7800X
Zen 45nm8/165.2 GHz105W~$500 US
AMD Ryzen
5 7600X
Zen 45nm6/125.1 GHz65W~$350 US

AMD Ryzen「Zen 4」デスクトップCPUの期待される機能

  • 新設計のZen 4 CPUコア(IPC/アーキテクチャの改善)
  • 新規TSMC 5nmプロセス・ノードと6nm IOD
  • LGA1718ソケットのAM5プラットフォームでサポート
  • デュアルチャネルDDR5メモリサポート
  • AMD EXPO (Extended Profiles For Memory Overclocking)のサポート
  • 28 PCIe Gen 5レーン(CPU排他)
  • TDP 105-170W(上限値:170W)

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

プラットフォーム自体は、AM5マザーボードはLGA1718ソケットを採用し、かなり長い間使用される予定です。

このプラットフォームは、DDR5-5200メモリ、28のPCIeレーン、より多くのNVMe 4.0 & USB 3.2 I/O を特徴とし、ネイティブUSB 4.0をサポートして出荷される可能性もあります。

AM5用の600シリーズチップセットは、当初、X670フラッグシップとB650メインストリームの少なくとも2種類が用意される予定です。

X670チップセットのマザーボードは、PCIe Gen 5とDDR5メモリの両方をサポートする予定だが、サイズの増加により、ITXボードにはB650チップセットのみが搭載されると伝えられています。

また、Raphael Ryzen Desktop CPUは、RDNA 2オンボードグラフィックスを搭載する見込みで、Intelのメインストリームデスクトップラインナップと同様に、AMDのメインストリームラインナップもiGPUグラフィックスに対応することになります。

新しいチップに搭載されるGPUコアの数については、2~4個(128~256コア)と噂されている。これは、まもなくリリースされるRyzen 6000 APU「Rembrandt」に搭載されるRDNA 2 CU数よりは少ないが、IntelのIris Xe iGPUを寄せ付けないだけの十分な数です。

Ryzen 7000デスクトップCPUの詳細については、こちらをご覧ください。

AMDメインストリームデスクトップCPUの世代間比較:

AMD CPU
ファミリ
コードネーム製造プロセス最大コア数/
スレッド数
TDPプラット
フォーム
チップセットサポートメモリPCIe世代発売
Ryzen 1000Summit Ridge14nm (Zen 1)8/1695WAM4300-SeriesDDR4-2677Gen 3.02017
Ryzen 2000Pinnacle Ridge12nm (Zen +)8/16105WAM4400-SeriesDDR4-2933Gen 3.02018
Ryzen 3000Matisse7nm (Zen 2)16/32105WAM4500-SeriesDDR4-3200Gen 4.02019
Ryzen 5000Vermeer7nm (Zen 3)16/32105WAM4500-SeriesDDR4-3200Gen 4.02020
Ryzen 6000Warhol?7nm (Zen 3D)16/32105WAM4500-SeriesDDR4-3200Gen 4.02022
Ryzen 7000Raphael5nm (Zen 4)16/32?105-170WAM5600-SeriesDDR5-4800Gen 5.02022
Ryzen 8000Granite Ridge3nm (Zen 5)?未確認未確認AM5700-Series?DDR5-5000?Gen 5.0?2023

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7000 ‘Raphael’ CPU Specs & Price Rumors: Ryzen 9 7950X 24/16 Core Up To 5.4 GHz, Ryzen 9 7900X 12 Core Up To 5.3 GHz, Ryzen 7 7800X 8 Core Up To 5.2 GHz, Ryzen 5 7600X 6 Core Up To 5.1 GHz

 

 

 

解説:

Raphaelの新しい噂がリーク

なんとRyzen 9 7950X、7900Xの両モデルがそれぞれ24コア48スレッド、16コア32スレッドになるということです。

まだ単なる噂なのか真実なのかわかりせまんが、7950Xが24コア48スレッドになったならマルチスレッド性能でRyzenが勝利するのはほぼ確実です。

RaptorLakeはまたもRyzenの後塵を拝することになります。

以前ゲルシンガーCEOは「AMDはバックミラーに映ってもう2度と前を走ることは無い」と発言しましたが、またしてもAMDに追い抜かされるという屈辱的な展開になる可能性が出てきました。

前にも言いましたが、調子に乗って他社をdisると自分に帰ってくるというビジネスマンあるあるです。

経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

出来るだけ穏便な表現で自社製品にの自信をちらつかせつつ、他社の製品も持ち上げておく謙虚な姿勢が大事だと私は思います。

さて、後はクロックですが、7950Xが5.4GHzとありますが、出来れば是非もう100MHz上乗せしてほしいところです。

RaptorLakeは5.8GHzと言う噂ですので、5.8GHzは無理でも少しでも近づけて欲しいところです。

私の今までの予想では7:3でRaptorlake有利でしたが、様々なリークが出始めて、今は五分五分だと思います。

なかなか面白くなってきたと思います。

今年の夏から秋にかけては大いに盛り上がることと思います。

KabyおじさんとSkylakeおじさんは買い替える準備をしておきましょう。

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥78,980 (2022/09/30 08:00:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.