GPU情報

Intel Arc Desktop Gaming Graphics Cardが最新ドライバで確認される。Alchemistのラインナップは、A310、A380、A580、A770、Pro A40、Pro A50となる予定です。

投稿日:

IntelのデスクトップPC向けゲーミンググラフィックスカード「Arc Alchemist」が最新のGPUドライバで確認されました。

30.0.101.1732 ドライバは、Arc A370M & Arc A350M などの Arc A シリーズモビリティ GPU に新しいゲームサポートと最適化をもたらしますが、デスクトップカードの最終ネーミングも明らかになりました。

Intel Arc Aシリーズ デスクトップ・ゲーミング・グラフィックカード A310, A380, A580, A770 と 2つのPro シリーズAlchemist モデルを含みます

ラインナップは、すでに報告されているものとほぼ同じですが、今回はIntelから直接提供されています。

Arc A750とArc A350のようなドライバに欠けているいくつかのバリエーションがありますが、それらは後でリリースされるかもしれないので、リストされたカードに予備サポートが追加されています。

Arc Alchemistのラインナップには、32個のXe-Coreと256-bitバスインターフェイスを備えたArc ACM-G10 GPUをフル搭載するフラッグシップモデル「Arc A770」が含まれる予定です。

以前の噂では、Arc A770はより低いメモリで登場すると言われていましたが、16GBと8GBの両方を搭載するため、実質的に全く別のSKUだったようです。

コア仕様は同じままです。

次に、中位のArc A750とArc A580があります。

これらのカードは、NVIDIA GeForce RTX 3060シリーズのラインナップと競合する可能性が高く、それぞれ24 Xe-Core (3072 ALU) & 16 Xe-Core (2048 ALU)を搭載すると予想されています。

Arc A750は8GBメモリ(256bit)を搭載する見込みだが、3060シリーズと真っ向勝負するつもりなら、12GBメモリ(192bitバス)を搭載する可能性もあります。

Arc A580は、8GBのメモリを搭載する見込みです。

エントリーレベルのラインナップとしては、Arc A380、A350、A310の3機種が用意される見込みです。

Xe-Coreは8、6、4基で、上位機種は6GB GDDR6(96bit)、他の2機種は4GB GDDR6(64bit)メモリを搭載する見込みです。

NVIDIAの3050やAMDのNavi 24に対抗するエントリーモデルです。

また、ゲーミングモデルに加え、IntelはArc A50とArc A40という2種類のProモデルを用意します。

前者はACM-G10 GPUを利用し、後者はACM-G11 GPUを利用することができます。

  • Arc A770。ACM-G10 GPU、最大16GBメモリ(RTX 3060 Tiより高速)
  • Arc A750:ACM-G10 GPU、最大12 GBメモリ(RTX 3060より高速)
  • Arc A580: ACM-G10 GPU、最大8 GBメモリ(RTX 3060と同レベル)
  • Arc A380。ACM-G11 GPU、最大6 GBのメモリ(RTX 3050より高速)
  • Arc A350:ACM-G11 GPU、最大4 GBメモリ(RTX 3050と同レベル)
  • Arc A310: ACM-G11 GPU、最大4GBメモリ(RX 6400より高速)

最後に、今のところ確認されていないモデルが1つあり、それがIntel Arc A780です。

すでにフラッグシップとなっているA770の構成に対して、この製品が何を提供するのかはわからないが、これが「リミテッドエディション」モデルである可能性は非常に高いでしょう。

Intelは最近、ソフトウェアドライバの準備不足とCOVIDロックダウンがサプライチェーンに影響を与えたため、Arcデスクトップカードのラインアップを2022年晩夏にリスケジュールしなければならないことを確認しました。

Arcシリーズ全体で利用できるGPUは、ノートPC向けのA370MとArc A350Mのみで、それも韓国やAPACなどの特定市場向けです。

Intelは、2022年第2四半期末までに、他の地域でもモバイルGPUを展開する予定です。

Intel Arc Aシリーズデスクトップグラフィックスカードのラインナップ「噂」:

グラフィック
カードモデル
GPUモデルGPUダイ実行
ユニット数
シェーディング
ユニット数
(コア数)
メモリ容量
・種類
メモリ速度メモリバス幅TGP
Arc A780Xe-HPG
512EU (不明)
Arc ACM-G10512 EU
(不明)
4096 (不明)16 GB GDDR616 Gbps256-bit~275W
Arc A770Xe-HPG
512EU (不明)
Arc ACM-G10512 EU
(不明)
4096 (不明)16 GB GDDR616 Gbps256-bit~250W
Arc A770Xe-HPG
512EU (不明)
Arc ACM-G10512 EU
(不明)
4096 (不明)8 GB GDDR616 Gbps256-bit~250W
Arc A750Xe-HPG
384EU (不明)
Arc ACM-G10384 EU
(不明)
3072 (不明)12 GB GDDR616 Gbps192-bit~200W
Arc A580Xe-HPG
256EU (不明)
Arc ACM-G10256 EU
(不明)
2048 (不明)8 GB GDDR616 Gbps128-bit~150W
Arc A380Xe-HPG
128EU (不明)
Arc ACM-G11128 EU
(不明)
1024 (不明)6 GB GDDR616 Gbps96-bit~100W
Arc A350Xe-HPG
96 (不明)
Arc ACM-G1196 EU
(不明)
768 (不明)4 GB GDDR616 Gbps64-bit~75W
Arc A310Xe-HPG
64 (不明)
Arc ACM-G1164 EU
(不明)
512 (不明)4 GB GDDR616 Gbps64-bit~50W

ソース:wccftech - Intel Arc Desktop Gaming Graphics Cards Confirmed Through Latest Drivers: Alchemist Lineup To Include A310, A380, A580, A750, A770, Pro A40, Pro A50

 

 

 

解説:

Intel ARCのリークまとめ

先日からお伝えしていたとおり、Intel ARCは予定より遅れます。

理由はドライバの準備不足とコロナによるサプライチェーンの影響のためとされています。

8月予定から8月後半予定、今のところの最新情報では9月になるのではないかと言われています。

残念ながら9月では次世代のGPUが出てしまうので、Intelとしてはちょっと苦しいところです。

第一世代の単体GPUとしてはこんなものなのかなと思います。

正直、AMD、nVidiaの2強時代がずっと続き、市場が成熟しきってから参入ですから、出せるだけでも大したものだと思います。

Intelのような体力のある企業でなければ不可能な芸当でしょう。

 

私はIntelがGPUに参入するのは基本的には歓迎しています。

理由はXeSSのようなDLSSに類似した技術を他社のGPU向けにも開放する可能性が高いことと、競争があった方が市場が活性化するからです。

第一世代のXeはあまりぱっとしない製品になりそうですが、第二世代のBattlemage以降、Intelがどんな新しい風を吹かせてくれるのか期待しています。

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.