GPU情報

NVIDIA Image Scalingがオープンソース化、NISがすべてのゲームで利用可能に

投稿日:

 

NVIDIAが空間アップスケーラーをオープンソース化、AMD FSRに対抗か

NVIDIA NISがオープンソース化する。

本日発表されたDLSS 2.3やICATなどの発表は、NVIDIAからのニュースだけではありません。

何年も前からドライバに搭載されていたImage Scaling技術もオープンソース化されます。

この技術は、以前からドライバに搭載されていましたが、本日、より使いやすくなっています。

NISは現在、すべてのゲーム、そしておそらく市場にあるすべてのGPUで動作します。

これは明らかに、AMD FidelityFX 超解像技術がすべての開発者に公開され、比較的容易に実装できるようになったおかげで、広く利用できるようになったAMD FidelityFX 超解像技術への直接的な反応です。

NVIDIAは、NISがGeForce ExperienceまたはControl Panelのいずれかを通じて利用できることを確認しています。

前者では、オーバーレイを通じてゲームごとのシャープネスの調整も可能です。

11月16日にリリースされた最新のGame Ready Driverでは、既存のNVIDIA Image Scaling機能がアップデートされており、クラス最高の空間スケーリングおよびシャープネス・アルゴリズムにより、すべてのゲームおよびGeForce GPUのパフォーマンスを向上させます。

NVIDIA Image Scalingは、NVIDIA Control PanelとGeForce Experienceの両方からアクセス可能で、NVIDIAのゲーム内オーバーレイから調整可能なゲームごとのシャープネス設定が含まれています。

NVIDIAは、クラス最高の空間スケーリングとシャープネスを実現し、すべてのGPUでクロスプラットフォームに対応するNVIDIA Image Scalingアルゴリズムを、オープンソースSDKとしてリリースします。

このSDKは、すべての開発者がゲームに統合できるよう、11月16日にGitHubで公開されます。

NVIDIAは、Native、FSR、NIS、DLSSのパフォーマンスを比較したスライドを公開しました。

Necromunda Hired Gunでは以下のようになっています。

NVIDIA Image Scalingは、最新のGeForce Game Readyドライバで本日公開されます。

NVIDIAは、NISのコードを本日Githubで公開することを約束します。

ソース:Videocardz.com - NVIDIA Image Scaling goes open source, NIS now available to all games

 

 

解説:

「冷静」ではない、いつものnVidia

nVidiaがnVidiaコントロールパネルやFSRで使われている画像補正アルゴリズムであるLanczosを使ったNISをオープンソースで公開しました。

NISはFSRとほぼ同じものであると思います。

これは、「FSRとDLSSは明確に違う」と言うことを主張したかったのだと思いますし、実際にそうなのですが、あまり冷静なやり方ではないと私は思います。

nVidiaは「FSRとDLSSは明確に違う」と主張しても細かい違いがよくわからないエンドユーザーにとっては似た機能を提供する以上同じものとして扱いますし、実際に各レビューサイトなどでもそう言う扱いになっています。

彼らはエンドユーザーの情報源で、エンドユーザーの期待に応えるのが仕事ですので当然と言えば当然です。

それにいらだったのか、Lanczosを使ったアップスケーラーであるNISをオープンソース公開しました。

これはとても感情的な行動のように感じます。

わざわざnVidiaもAMDと同じものを無料で公開する必要性は全くないと思うからです。

AMDの目的はnVidiaが目指す独占を崩す事であり、FSRを普及させることではありません。

FSRを普及させることがイコールになっているからこそ普及させていましたが、Radeonでも使えるアップスケーラーがあるならば、別にFSRでなくてもよいと思っているのではないかと思いますし、だからこそFSRをオープンソースとして公開したのではないかと思います。

NISが普及してもDLSSがFSRに普及の面で勝つとは限りませんし、あまり論理的な行動ではないように感じます。

FSRがここまでクローズアップされるのはXboxとPS5と言う二大ゲーム機に搭載されている都合もあるのかなと思います。

後にはXeSSも控えていますし、今年から、来年にかけてはnVidiaとDLSSにとってかなりの厄年になりそうです。

 

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3090 24GB amazon検索リンク

 

RTX3080Ti

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3080 10GB amazon検索リンク

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

 

RTX3060 12GB GDDR6

約55,000円~60,000円程度

 

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1600SUPER

 

エントリー(価格重視)

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.