GPU情報

Intel の最新の Arc グラフィック ドライバーは、Saints Row のゲームオン サポート、Spider-Man Remastered の最適化、Arc Control ソフトウェアのいくつかの問題の修正を提供します。

投稿日:

インテルは、新しいタイトルのゲームオンサポートを追加し、既存のタイトルを最適化し、いくつかの問題を修正した新しいArcグラフィックドライバを公開しました。

Intelの最新Arc Graphics Driver「30.0.101.3268」はGame-On対応、Arc Control Softwareの最適化・修正など。

今回のドライバの目玉は、Arc AシリーズグラフィックスカードでSaints RowとMadden NFL 23のGame-Onをサポートしたことだ。

また、最近リリースされたPC版スパイダーマン・リマスタードを含む様々なゲームタイトルのパフォーマンスを最適化します。

ゲームの最適化に加え、この新しいドライバは、Windows Updateドライバのロールバックなどの内部インストーラの問題を修正し、スムーズシンク技術、ゲーム内オーバーレイのテレメトリ、ULスケーリング、パフォーマンスチューニングの修正によりArc Controlソフトウェアでの体験を向上させます。

IntelのArcグラフィックドライバはまだ長い道のりがありますが、これらの変更は、ブルーチームがコミュニティからのフィードバックに耳を傾け、Arcグラフィックカードでの体験を最適化するために最善を尽くしていることを示すものです。

以下は、ドライバリリースのキーノート全文です。

ゲームのハイライト

Intel Game On Driverは、Intel Arc Aシリーズ・グラフィックス上でSaints RowとMadden NFL 23をサポートします。

※ 画像をクリックすると別Windowで拡大します。

 

修正された不具合:

  • Marvel's Spider-Man*(DX12)で、Intel Arc A-series Graphicsのパフォーマンスが期待より低くなることがある。
  • Shadow of the Tomb Raider* (DX12)で、Ray Traced Shadow QualityをHighに設定すると、アプリがクラッシュすることがあります。回避策としては、[中]または[オフ]に変更することです。
  • Battlefield 2042*(DX12)の特定のマップでテクスチャの破損が見られることがあります。
  • Halo Infinite* (DX12)の一部のオブジェクトとテクスチャが黒くレンダリングされ、ロードに失敗することがある。
  • Stray (DX11)では、ゲームプレイ中にTDRやアプリケーションハングが発生する可能性があります。
  • Horizon Zero Dawn (DX12)では、ゲームプレイ中にアプリのクラッシュやシステムのハングアップが発生することがあります。
  • Windows Updateが、より新しいバージョンのIntel Arc Aシリーズドライバーを誤って上書きする可能性があります。

インテル・アーク・コントロールの修正された不具合:

  • パフォーマンス グラフ セクションに移動した後、In-Game Overlay Telemetry が応答しなくなることがある。
  • 特定のオーバーレイメトリクスで、In-Game Overlay Telemetryグラフが断続的に利用できないことがある。
  • In-Game Overlay Telemetryのグラフの値のタイトルが断続的に表示されないことがある。
  • システム再起動後、In-Game Overlay Telemetryウィンドウがデスクトップに正しく表示されないことがある。
  • In-Game Overlay Telemetryの "Media Activity "の値が、誤って負のパーセンテージで表示されることがある。
  • システム情報]タブの[GPU情報]セクションで、GPU周波数が "1MHz "と正しく表示されないことがある。
  • キャプチャーやハイライトでファイル名を調整すると、断続的に数値にしか変更されないことがある。
  • バグ番号: UDevC001681920 キャプチャとハイライトでファイル名を調整すると、希望のファイル出力名が正しく無視されることがあります。
  • バグ番号: UDevC00167012 メニューカスタマイズウィジェットを無効にすると、システ ム再起動後に間違って再有効化されることがあります。
  • バグ番号: UDevC0016818012 スタジオタブの「ブロードキャスト」トグルは、ストリーム URL 情報を入力する と使用できなくなることがあります。
  • カメラ]タブの[背景の置き換え]を使用すると、カスタムイメージが重複して表示されることがある。
  • ブロードキャストタブのシャープストリームを有効にした状態でライブ配信を行うと、アークコントロールが断続的に反応しなくなることがある。
  • Arc Control がプライマリディスプレイで開いている時に、セカンダリディスプレイでキーボードとマウスの入力が無視されることがある。
  • 低いディスプレイの解像度を高いディスプレイの解像度に調整したとき、Arc Control が不正に大きなスケールを保持することがある。
  • "Your Games" や "Live Performance Monitoring" などの特定の Arc Control UI 要素でマウス スクロールが応答しないことがある。
  • Arc Control のスクリーンショットをキャプチャするために "PrintScreen" を受け入れるようになりました。
  • Smooth Sync」を有効にすると、特定のゲームタイトルで表示が乱れることがある。
  • パフォーマンスチューニングの値を調整する際に、一度だけ免責事項が表示されるようになりました。

既知の問題:

  • Marvel's Spider-Man*(DX12)でエンパイアステートビルの写真を撮ろうとすると、ソフトロックがかかることがある。
  • Marvel's Spider-Man*(DX12)でレイトレース反射を有効にしてゲームにロードすると、アプリケーションがクラッシュすることがあります。
  • 映画とテレビのアプリケーションでは、HDR ビデオを再生してビデオをフルスクリーンに変更するときにハングすることがあります。
  • Call of Duty: Vanguard* (DX12)では、ゲームメニューのパフォーマンスが期待よりも低くなることがあります。
  • Gears 5* (DX12)では、ゲームプレイ中にアプリケーションのクラッシュ、システムハング、またはTDRが発生する可能性があります。
  • 一部のサードパーティ製カメラアプリケーションで、録画したビデオをフルスクリーンで再生すると映像が乱れることがある。
  • Sniper Elite 5* (DX12)では、Windows®の "グラフィックのパフォーマンス設定 "オプションが "高パフォーマンス "に設定されていない場合、一部のハ
  • イブリッドグラフィックスシステム構成でアプリケーションクラッシュが発生する場合があります。
  • CrossFire*でプレイした場合、マップテクスチャの読み込みに失敗したり、表面が真っ白になったりすることがある。
  • Intel Arc A380シリーズグラフィックス製品の一部のファンは、グラフィックスカードまたはシステムがアイドル状態のときにも動作し続けることがあります。

intel arc control の既知の問題:

  • Arc Controlのインストールと起動には、管理者権限が必要です。
  • CMAAをグローバルに強制ONに設定すると、一部のアプリケーションでウィンドウが透明または空白になることがあります。
  • グローバルにシャープネス フィルタを有効にすると、一部のアプリケーションでピクセルが破損することがあります。
  • 一部のゲームタイトルで、ゲームプレイ中に ALT+I で Arc Control を開くと、正しく表示されないことがあります。
  • インストリーム」モードを有効にして Arc Control Studio Capture を使用すると、1080p の解像度設定の下でクリップ全体を正しく記録できない場合があります。
  • Arc Control Studio Capture の「インストリーム」モードを有効にしてレコーディングを行うと、出力ビデオファイルが希望の長さで保存されないことがあります。
  • Arc Control Studio Capture の「インストリーム」モードを有効にしてストリーミングを行うと、希望するプラットフォームへの予期せぬ不安定な接続が発生することがあります。
  • ディスプレイのネイティブ解像度が 4K の場合、Arc Control Studio Capture の 1440p 解像度選択が利用できないことがあります。
  • Arc Control Studio Camera のオーバーレイの位置が、システムの再起動後に希望の位置とサイズを保持しないことがあります。
  • Arc Control を開いている間にカメラ、マイク、ディスプレイなどの周辺機器をホットプラグすると、Arc Control が応答しなくなることがある。
  • 1080p の解像度から 4K の解像度に変更した場合、Arc Control が自動的に拡大縮小しないことがあります。
  • Arc Control カメラの「背景の置き換え」オプションを使用すると、一部の画像タイプが読み込まれないことがある。
  • 一部の Arc Control Telemetry メトリクスが、サードパーティのアプリケーションまたは OS の内蔵機能と一致しないことがあります。
  • Arc Control Studio Camera タブの最初のナビゲーションで、期待される応答より時間がかかる場合がある。

インテル Arc Control Performance Tuning (BETA):

  • インテル Arc Control Performance Tuning は現在ベータ版です。
  • そのため、パフォーマンスや機能が予期せぬ動作をする可能性があります。
  • インテル は、今後のリリースでパフォーマンス・チューニング・ソフトウェアを改良していく予定です。
  • パフォーマンス・チューニングの値を高い値から低い値に調整すると、チューニング値がデフォルトにリセットされることがあります。

リファレンスOS:

  • Microsoft Windows 10-64 - October 2020 Update (20H2)
  • Microsoft Windows 10-64 - 2021年5月アップデート (21H1)
  • Microsoft Windows 10-64 - 2021年11月アップデート(21H2)
  • Microsoft Windows 11-64 - 2021年10月のUpdate(21H2)

プラットフォーム(対応OS):

  • 第12世代インテル Core プロセッサー・ファミリー(コードネーム:Alder Lake-H、Alder Lake-P)(20H2+)
  • インテル Arc グラフィックス(コードネーム Alchemist)(20H2+)

ソース:wccftech - Intel’s Latest Arc Graphics Driver Delivers Game-On Support For Saints Row, Optimizes Spider-Man Remastered & Fixes Several Arc Control Software Issues

 

 

 

解説:

Intel ARCドライバ・ソフトウェアの不具合一覧

出始め製品のドライバの不具合はつきものですが、今回の記事をよく見てみると、あまりに多すぎてピックりしました。

想像の10倍多かったです。

初期の製品に不具合はつきものですが、Intelが製品の安定化にどれほど苦労しているかが伺えます。

第一世代の製品のユーザーは有料のベータテスターみたいなものです。

A380の国内レビューがぽつぽつ出ていますが、さすがにどこのメディアも「お勧めします」などとは書いてないのは良心的かなと思います。

幾ら広告を入れてもらっていても、これほど不安定さが報告されている製品を「おすすめ」と書いたら正気を疑われるでしょうね。

こういった問題は時間をかけて根気強く不具合を修正していくしかないのかもしれませんね。

地道な作業をコツコツと積み上げていくのが一番の近道でしょう。

人材の引き抜きから始まって、GPU事業に投資した金額は「できないので途中で止めました」とは言えないレベルになっているでしょうから、元来た道を戻るという選択は出来ないでしょう。

このまま突き進むしかありません。

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.