GPU情報

NVIDIA GeForce RTX 3090は24GB GDDR6X&RTX 3080は10GB GDDR6Xメモリを搭載しています

投稿日:

新Ampereアーキテクチャを採用したGeForce RTX 3090&GeForce RTX 3080を含むNVIDIAのGeForce RTX 30シリーズグラフィックスカードが来週発売されるが、これらのカードのメモリ仕様がVideocardzによって確認された。

NVIDIA GeForce RTX 3090フラッグシップは24GB GDDR6Xメモリ、RTX 3080は10GB GDDR6Xメモリを搭載

NVIDIA GeForce RTX 30シリーズのメモリスペックについては、これまでもいくつかの噂がありました。

現在、フラッグシップのGeForce RTX 3090は、他のラインナップと比較した場合、純粋に超マニアックなポジションに置かれるようです。

Videocardzによると、この情報は、NVIDIA GeForce RTX 3090が24GBのGDDR6Xメモリを搭載するのに対し、GeForce RTX 3080は10GBのGDDR6Xメモリを搭載することを確認したAIIBからのものだという。

メモリ容量に関しては、RTX 3090とRTX 3080の間には大きな違いがあるが、これはFounders Editonのカードが最終的に保持するものである。

AIBがGDDR6Xメモリ容量を2倍にしたGeForce RTX 3080のバリエーションを用意するかもしれないという噂がある。

それはGeForce RTX 3080に合計20GBのVRAMを与えるだろうが、その噂が本当かどうかは確かなことは言えない。

来年後半のスーパーリフレッシュでは、メモリ容量が2倍になる可能性があるが、来週発表されるカードに主眼が置かれているため、それはまだ見ていない。

Videocardzは、GeForce RTX 3070もイベントで発表されると予想されていることにも言及している。

価格とカードの一般的な仕様は提供されますが、パフォーマンス、サーマル、パワーナンバーなどのカードのより詳細な&技術的な側面は、レビューがウェブにヒットしたときに後で提供されます。

NVIDIAのGeForce RTX 3090 - 最速アンペアゲーミンググラフィックスカード

リークされた詳細情報によると、GeForce RTX 3090にはGA102-300-A1 GPUが搭載されるという。

GA102-300-A1 GPUは、5248個のCUDAコア、つまり82個のSMで構成されるという。

合計すると、GeForce RTX 2080 Tiよりも20%もコアが増えていることになる。

クロック速度やTMU/ROP数などの詳細は提供されておらず、ゲーミングパーツとHPCパーツでは構成階層が異なるため、Ampere A100ダイを参考にすることはできない。

メモリ側に移動すると、カードはより高速なGDDR6Xピン速度で最大24GBのメモリを取得すると述べられているように、物事は興味深いものに見え始めます。

それは我々が見ている384ビットバスなので、それはほぼ1 TB/秒の帯域幅を提供することができるようになります。

NVIDIA GeForce RTX 3080 - ハイエンドのゲームのためのGA102

GeForce RTX 3080に移動して、このカードはGA102-200-KD-A1 SKUを搭載すると噂されている。

このSKUは、RTX 2080 Tiと同じ4352個のCUDAコアを搭載し、合計68個のSMに配置される。このカードは、最大10GBのメモリを搭載し、それもGDDR6Xになると伝えられている。メモリが 320 ビット バス インターフェイスを介して 19 Gbps で実行されていると仮定すると、我々 は 760 GB/s までの帯域幅を期待することができます。

RTX 2080のTU104からGA102への切り替えは確かに興味深いものです。

ハイエンドのSKUはまた、より高いワット数と熱量になりますが、これはGA104ベースのRTX 3070とRTX 3060で構成されるべき500ドル以下のセグメントのバーを上げるために行われると信じています。

最新の性能リークはまた,合成ベンチマークでRTX 2080とRTX 2080 Tiよりもかなりの性能向上を示しています.

同じことがゲーム性能にも当てはまるならば、Ampereは今まで約2年間待っていたゲーマーのための超魅力的な製品のように見えます。

NVIDIA GeForce RTX 30 "Ampere "グラフィックスカードの噂の発売/スペック。

カードネームチップ名SM数/
CUDAコア数
メモリ容量
種類
メモリ
バス幅
発売
スケジュール
NVIDIA GeForce
RTX RTX 3090
Ampere
GA102-300?
5248 (82)?24 GB
GDDR6X?
384-bit?2020/9
NVIDIA GeForce
RTX 3080
Ampere
GA102-200?
4352 (68)?10/20 GB
GDDR6X?
320-bit?2020/9
NVIDIA GeForce
RTX 3070 Ti?
Ampere
GA104-400?
2944 (46)?8/16 GB
GDDR6X?
256-bit?2020/10
NVIDIA GeForce
RTX 3060
Ampere
GA106-300?
TBD6/12 GB
GDDR6X?
192-bit?2020/11

NVIDIAのGeForce RTX 30「Ampere」ゲーミンググラフィックスカードのラインナップは、NVIDIAのCEOであるJensen Huang氏が主催するデジタルイベントで9月1日に発表される見込みだ。

このイベントでは、少なくともGeForce RTX 3080 Ti(またはRTX 3090)、GeForce RTX 3080、次世代のTitanを含む3つの新しいグラフィックカードが発表されると予想されています。

Ampere GPUについては、まだまだ多くの情報がありますが、より多くの情報が来るまで待たなければなりません。

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce RTX 3090 To Feature 24 GB GDDR6X & RTX 3080 To Feature 10 GB GDDR6X Memory

 

解説:

Ampereのメモリ仕様が判明

RTX3090 24GB

この記事から確認できる仕様を見るとやはり、RTX3090の異様さが際立ちますね。

まさにパラノイア的な仕様と言ってもよいでしょう。

これまでの常識を超える3スロットの威容と言い、最低850Wが必要と言われるnVidia12Pといい、今までの常識を超えたGPUといってもよいと思います。

しかもフルシリコンではないので、後にTitan Ampereが控えていると言うことになります。

ただし、3スロットと300Wを超える爆熱で扱いにくいので、RTX2080Tiまで最高性能モデルを求めていたユーザーの一部は脱落し、RTX3080に流れると思います。

3スロットのバカデカい筐体といい、思いのほか売上に影響が出る可能性もあると私は思っています。

 

RTX3080 10/20GB

次にRTX3080です。こちらは恐らく2スロットモデルの中で一番高性能なモデルになるとともに、GA102でもあります。

RTX2080は上位モデルの中でも一番の不人気モデルでしたが、Ampereの発売第一陣では恐らく、一番の人気モデルになると思います。

腐ってもGA102ですので、CUDAコア数にかなりの差があるGA104との性能差は相当あると思われ、この点でも一番人気になると思われます。

また、以前の噂でGA103と言うチップが存在するというものがありましたが、GA102とGA104との間にはかなりの性能差があり、その間を埋めるモデルがあってもおかしくはないのかなと思います。

ここまで、RTX+DLSSで4K60FPS出せれば、一番人気は確実になるでしょう。

逆にRTX+RLSSで4K60FPS出せなければRTX3090にこだわる理由になるのかなと思います。

 

RTX3070Ti 8/16GB

なぜ末尾にTiが付いているのかちょっとよくわかりません。

後にSUPERを出す予定ならば、末尾にTiは付けないと思いますが、不思議な感じですね。

RTX3070TiもRTX2070と比較するとかなりのパワーアップをしており、こちらも人気が出そうなモデルです。

GA102までは買えないけど、標準よりは上の性能が欲しいという方向けですね。

Turingからの性能向上を考えると、この辺迄はレイトレーシングなしで4K60FPSが出せるラインかもしれません。

 

RTX3060 6/12GB

ミドルレンジのRTX3060もかなりパワーアップされるようです。チップはGA106になるので、GA104とは明確な性能差が存在することになると思います。

CUDAコア数は1920か2560になると思われます。

恐らく、1920になるのではないかと思います。

 

RTXとDLSSの普及を急ぐnVidia

年内に発売されるモデルはミドルレンジ迄だと思います。

今回、RTX3060より下のモデルがどうなるのかはわかりません。

GTX2660系があって、GTX2650となるのか、

GTX2650のみになるのか?どちらも可能性はあるのかなと思います。

 

Big NaviとRTX3090

Big NaviとRTX3090の関係ですが、私の予想では、RTX3090>Big Navi>RTX3080になると思っています。

nVidiaのRTX+DLSSは確かに素晴らしい技術です。

RadeonはレイトレーシングではnVidiaにかなわないかもしれません。

しかし、DLSSには性能の真空地帯と言うものが存在します。

DLSSはレイトレーシングと組み合わせて、45-50FPS程度のフレームレートを60FPS程度に底上げする技術です。

※ もちろんレイトレーシングなしでも機能します。

60FPSより上のフレームレートに関しては効果がありませんので、以降DLSS無しで60FPSに達するまで性能がほとんど変わらないという性能の真空地帯が存在します。

ここにうまくBig NaviがハマればAmpereに対するかなりの価格下落要素になってくれるかもしれません。

そのため、ハイエンド狙いの方は、待てるならば、RTX3090、RTX3080、Big Naviが全部出そろうまで待った方が無難だと思います。

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

MSI GeForce RTX 3090 GAMING X TRIO 24G

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥145,000 (2020/10/21 10:37:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

RTX2000SUPERシリーズ

 

GTX1600SUPER

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.