CPU情報

インテル Core i5-12400 6コアCPU、PugetBenchベンチマークでAMD Ryzen 5 5600Xに匹敵、1ドルあたりの性能では小さなi5がトップのRyzen 5を破壊へ

更新日:

インテルのCPU「Core i5-12400 Alder Lake」の新しいベンチマークがPugetBenchでリークされ、AMD Ryzen 5 5600Xに対して1ドルあたりのパフォーマンスが高いことがわかりました。

Intel Core i5-12400 Alder Lake CPUのリークされたベンチマークは、200USドル以下のAMD Ryzen 5 5600Xと同等の速さで、バジェットPCの王者になるかもしれないことを示しています。

Intel Core i5-12400は、Alder LakeのCore i5 CPUセグメントの中で最もエントリーレベルのチップとなる予定だ。

コア数は6、スレッド数は12で、ゴールデンコーブ(Pコア)のみを使用します。

12400にはGracemontコアは搭載されません。また、ベースクロックは2.5GHzで、最大4.4GHz(オールコアは4.0GHz)までブーストすることができます。このCPUのベースTDPは65Wですが、最大ワット数は100〜150Wになるはずです。

実際には、Core i5アンロックチップの最上位機種であるCore i5-12600Kがこの値なので、150Wではありませんが、このチップをテストしてみないとわかりません。

PugetBench での Intel Core i5-12400 のテスト構成は、ASRock Z690 Extreme WiFi 6E マザーボード、16 GB DDR4-2400 メモリ、Windows 10 オペレーティングシステム、RTX 3060 Ti グラフィックスカードです。

これはAlder Lakeチップにとって最も理想的な構成ではありません。メモリはXMP速度にさえ設定されていませんし、Windows 11はEコアを備えたハイブリッドデザインにしか有効ではありませんが、Golden CoveアーキテクチャをベースにしたPコアは、新しいWindows 11オペレーティングシステムではまだパフォーマンスが改善されています。

Intel Core i5-12400 Alder Lake CPUと、ASRock X570 Extreme 4マザーボード、16GB DDR4-4000メモリ、RTX 3060 Ti GPUを使用してWindows 10オペレーティングシステムでテストしたAMD Ryzen 5 5600Xを比較しています。

ご覧のとおり、Ryzenシステムはメモリ面で圧倒的な優位性を持ち、Windows 10では、当初のWindows 11のようなAMD製CPUでのパフォーマンス低下やレイテンシーの問題は見られません。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

性能面では、Intel Core i5-12400が712点、78.7点の標準スコアを記録したのに対し、AMD Ryzen 5 5600Xは722点、79.3点の標準スコアを記録しました。Ryzen CPUはCore i5チップに勝っていますが、この程度の差であれば、適切なメモリとOSのサポートがあれば、Core i5-12400は上位のRyzen 5チップを簡単に上回ることができます。

また、Core i5-12400の価格は200ドル以下であり、50%以上高いRyzenチップと競合することは信じられないほどの価値があります。

これまでのベンチマークでも、Core i5-12400は同じ消費電力でRyzen 5 5600Xと同等かそれ以上のパフォーマンスを示しており、全体的に見て、12600K(F)がメインストリームの王者となる中で、小さなi5は格安PCビルダーの夢となることを目指しています。

Intelは今回、メインストリームと低価格のセグメントを釘付けにしましたが、AMDがこれにどう対応するのか、値下げや3D V-Cacheでブルーチームの製品に対抗できるのか、楽しみです。

 

インテル第12世代Alder LakeデスクトップCPUのスペック "速報値"

CPU名Pコア数Eコア数全コア/
スレッド数
Pコア ベース /
ブースト (最大)
Pコアブースト
(全コア)
Eコア ベース /
ブースト
Eコアブースト
(全コア)
L3キャッシュTDP (PL1)TDP (PL2)予想
小売価格
Core i9-
12900K
8816 / 243.2 / 5.3 GHz5.0 GHz
(全コア)
2.4 / 3.9 GHz3.7 GHz
(全コア)
30 MB125W241W$599 US
Core i9-
12900
8816 / 243.2 / 5.2 GHz4.9 GHz
(全コア)
未確認未確認30 MB65W~200W$509 US
Core i9-
12900T
8816 / 24未確認 /
4.9 GHz
未確認未確認未確認30 MB35W未確認未確認
Core i7-
12700K
8412 / 203.6 / 5.0 GHz4.7 GHz
(全コア)
2.7 / 3.8 GHz3.6 GHz
(全コア)
25 MB125W190W$429 US
Core i7-
12700
8412 / 203.6 / 4.9 GHz4.6 GHz
(全コア)
未確認未確認25 MB65W~200W$359 US
Core i7-
12700T
8412 / 20未確認 /
4.7 GHz
未確認未確認未確認25 MB35W未確認未確認
Core i5-
12600K
6410 / 163.7 / 4.9 GHz4.5 GHz
(全コア)
2.8 / 3.6 GHz3.4 GHz
(全コア)
20 MB125W150W$279 US
Core i5-
12600
606 / 123.7 / 4.8 GHz4.4GHz
(全コア)
未確認未確認18 MB65W~200W$249 US
Core i5-
12600T
606 / 12未確認 /
4.6 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i5-12500T606 / 12未確認 /
4.4 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i5-
12400
606 / 12未確認未確認未確認未確認18 MB65W~200W$203 US
Core i5-
12400T
606 / 12未確認 /
4.2 GHz
未確認未確認未確認18 MB35W未確認未確認
Core i3-
12200T
404 / 8未確認 /
4.2 GHz
未確認未確認未確認12 MB35W未確認未確認
Core i3-
12100T
404 / 8未確認 /
4.1 GHz
未確認未確認未確認12 MB35W未確認未確認

ソース:wccftech - Intel Core i5-12400 6 Core CPU Matches The AMD Ryzen 5 5600X In PugetBench Benchmarks, Little i5 To Destroy Top Ryzen 5 In Perf Per $

 

 

 

解説:

Core i5-12400のベンチマークがリーク5600Xに対して圧倒的な性能を叩き出す

環境はWindows10で、Core i5の方はDDR4のあまり高速ではないメモリを使っているとのこと。

メモリ性能にあまり左右されないCoreの特性が出た形になっています。

一方のRyzenはメモリもそこそこ高速の環境で負けています。

Golden Coveの優秀性が際立っている結果になっています。

Core i5に使われているコアは上位モデルとは別で、コスト的にもかなり有利でしょう。

スケールメリットも十分に生かした素晴らしい製品だと思います。

個人的にはCore i5を買うならば今年ではなく、来年のRaptorLakeの方が良いと思っています。

なぜならば、高効率コアが搭載されるからですね。

6コアだけだとちょっと不安なところ、オマケの4コアが付くことによって割と安心できる性能になるのではないかと思います。

AMDもZen4が出ているはずですので、RapttorLakeとどのような勝負になっているのか興味深いところです。

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

末尾K付きロック解除モデル以外の通常モデルは2022年発売予定です。

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.