CPU情報

インテル Core i9-12900K Alder CPU シンセティック&ゲーミング ベンチマークが続々とリーク

更新日:

Intel Core i9-12900K Alder Lake CPUの合成およびゲームベンチマークが、広く使われているテストでさらに流出しました。このCPUは、資格サンプルが公開されて以来、新しいベンチマークが出ています。

インテル Core i9-12900K Alder Lake CPUの合成テストとゲームテストのベンチマーク、AMD Ryzen 9 5950Xよりも速い

最初のベンチマークは、BilibiliのメンバーであるEnthusiast Citizenからのもので、彼は以前からIntel Core i9-12900Kのリテールユニットを積極的にベンチマークしていました。

このリーク者は、いくつかのAlder Lakeベンチマークを提供しており、今回はRadeon RX 6600をCore i9-12900Kテストベンチに載せたレビューを提出しました。バグのある未発表のプラットフォームでレビューを投稿することは意味がありませんが、リーク者はそれを行ったのです。

テストプラットフォームには、ヒートシンクのデザインとホワイト/シルバーのカラーから、ASRock Z690 Steel Legendマザーボードと思われるものが採用されていました。

ZADAKのDDR5-3866メモリをGear 1モードでCL14-14-34-2Tのタイミングで動作させていました。i9-12900Kの冷却には標準的なタワー型ヒートシンククーラーを使用し、オープンエアのベンチでテストを行った。

インテル Core i9-12900K Alder Lake フラッグシップCPUの仕様

インテルのCPU「Core i9-12900K Alder Lake-S」は、16コア、24スレッド。

これをPコア(16スレッド)とEコア(8スレッド)に分けて配置しています。また、30MBのL3キャッシュを搭載し、Pコア(Golden Cove)ではコアごとに3MB、Eコア(Gracemont)ではクラスタごとに3MBのキャッシュを配置しています。

つまり、8つのPコアで24MB、4つのEコアで構成される2つのクラスターで6MBのキャッシュを搭載しています。また、L2キャッシュは1.25MBあり、チップ全体で合計12.5MBとなっています。

インテル Core i9-12900Kのクロックスピードは、Pコアのベースクロックおよびブーストクロックが3.2GHz/5.3GHz、Eコアのベースクロックおよびブーストクロックが3.0GHz/3.9GHzとなる見込みです。

これらのブーストクロックはシングルコアのものです。オールコアのブーストクロックは、P-Coreで5.0GHz、E-Coreで3.7GHzを想定しています。

TVB(Thermal Velocity Boost)を有効にした場合のみ上の速度が得られるため、通常のブースト速度はもう少し低くなる可能性があります。

インテル Core i9-12900K Alder LakeフラッグシップCPUの性能

性能面では、まずリーカーが、3DMark Time SpyおよびFire Strikeベンチマークにおいて、インテル Core i9-12900Kの合成性能を披露しています。

その性能指標を以下に示します。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

 

ゲーミングベンチマークについては、唯一の比較性能ベンチマークは「Forza Horizon 4」で行われました。

インテルの「Core i9-12900K」は、Windows 11上で動作させた場合、1080pで193 FPSを記録し、AMDの「Ryzen 9 5950X」は、同じ設定でWindows 10上で動作させた場合、189 FPSを記録しました。

※ ソースとなる画像は下記の通り、Windows10Proと表示されていますので、Windows11ではなくWindows10Proの間違いだと思われます。

※ Windows10Proの、ビルド番号が「10.0.22000」はwindows11Proとなるようです。コメントでご指摘いただきました。

AMDのCPUがWindows 10を採用しているのは、Ryzenチップにはゲーム性能に悪影響を及ぼすL3キャッシュに関する性能低下の問題があり、したがって最高の性能はWindows 10でのみ測定可能であることから、理にかなっています。

これは、Ryzen 9 5950Xと比べて2%の小さなリードです。

ゲーミングベンチマークについては、唯一の比較性能ベンチマークは「Forza Horizon 4」で行われました。

インテルの「Core i9-12900K」は、Windows 11上で動作させた場合、1080pで193 FPSを記録し、AMDの「Ryzen 9 5950X」は、同じ設定でWindows 10上で動作させた場合、189 FPSを記録しました。

AMDのCPUがWindows 10を採用しているのは、Ryzenチップにはゲーム性能に悪影響を及ぼすL3キャッシュに関する性能低下の問題があり、したがって最高の性能はWindows 10でのみ測定可能であることから、理にかなっています。

これは、Ryzen 9 5950Xと比べて2%の小さなリードです。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

インテル® Core i9-12900Kのその他のベンチマークには、1080pで252 FPSを記録した「Rainbow Six Siege」と、1080pで112 FPSを記録した「Shadow of The Tomb Raider」が含まれています。

残念ながら、リーク者はこれらのゲームテストにおける比較を行っていません。

インテル社のAlder LakeデスクトップCPUは、DDR5とDDR4の両方のメモリーコントローラーを搭載し、600シリーズのマザーボードもDDR5/DDR4に特化したオプションが用意されています。ハ

イエンドのマザーボードはDDR5を維持しますが、よりメインストリームの製品ではDDR4のサポートも開放されます。

Intel Alder LakeのCPUラインアップは、それぞれのZ690プラットフォームやDDR5メモリーキットとともに11月に発売される予定です。

ソース:wccftech - More Intel Core i9-12900K Alder CPU Synthetic & Gaming Benchmarks Leak Out

 

 

 

解説:

AlderLakeの初のゲーミングベンチマークがリーク

RocketLakeはSkyLakeと比較するとゲーミング系のベンチマークが弱く、あまりぱっとしなかったので、AlderLakeも同じ傾向があるかもしれないと思っていたのですが、どうも違うようです。

TimeSpyのスコアでかなりの大差をつけています。

ゲーミングベンチマークはシングルスレッドが強いCPUが強い傾向にあるのでこれは仕方ないのかなとも思います。

また、実ゲームでは、Forza Horizon 4で5950Xに対してFullHDで平均4FPS差をつけています。

ベンチマークではかなり強いですが、実際のゲームではそうではない印象です。

この程度だとZen3+で逆転可能範囲内ですね。

逆に言えば、CPUの性能が上がったとしてもゲーミング性能で大差をつけるのが如何に難しいのかを物語っています。

旧世代のCPUでありながら、RocketLakeを打ち負かすSkyLakeが如何に優秀だったかがよくわかります。

そこに果敢に挑んでいってZen3でわずかに追い越したRyzenシリーズの軌跡はかなりドラマチックだったのではないかと思います。

しかし、AlderLakeは今までの基準を全てぶち壊す高性能であることはこれではっきりしました。

あとはゲーミングベンチマークでZen3+がどのくらいの性能を発揮するのかが焦点になるでしょう。

これだけの僅差だと少しのバイアスで結果がひっくり返ることもあると思いますがうちは出来るだけ公平に情報を取り扱っていきたいと思います。

Intelはもちろんのこと、AMDが負けた場合もはっきり「負けた」と書きますよ。

 

 

 

第11世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

Core i5-11400/F

 

第10世代intelCore i9シリーズ(10コア)

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.