CPU情報

AMDのFP8向け次世代Ryzen 7000「Phoenix」ノートPC用APUとAM5プラットフォーム向けRyzen 7000「Raphael」デスクトップCPUの噂

投稿日:

2つの次世代AMD Ryzen 7000デスクトップCPU&ノートPC用APUプラットフォームが、評判の良いリーカー、Patrick Schur氏によって噂されています。

この噂によると、AMDは将来のZenコアをベースにした第7世代ラインナップの一部として、2つのブランドの新しいCPUとAPUファミリーを互いに近い形で発売するという。

AMDの次世代Ryzen 7000ノートPC用APUはFP8プラットフォーム用で、コードネームはPhoenix、Ryzen 7000 'Raphael'デスクトップCPUはAM5用

Raphaelについては以前にも聞いたことがありますが、Patrick氏は新しいコードネームについても言及しています。

このコードネームはPhoenixで、詳細によると、レンブラントのAPUに取って代わるもので、新技術のホストを搭載しているとのことです。

それでは詳細を見ていきましょう。

FP8プラットフォーム用AMD Ryzen 7000「Phoenix」ノートブックAPU

私たちがPhoenix APUがAMD Ryzen 7000のバナーに該当すると言っているのは、Ryzen 5000「Cezanne」APUの後継モデルであるRembrandtの後に来るからです。

もしAMDがPhoenixまでの命名規則を省略しないのであれば、ラインナップは間違いなくRyzen 7000の表記に該当しますが、Renoirは第3世代、Cezanneは第4世代なので、第6世代のZen APUに該当することになります。

ノートPC用APUのPhoenixのラインナップがFP8プラットフォーム用に作られるという噂も興味深い。

AMDのレンブラントAPUはすでにFP7ソケット用と噂されており、FP7はAPUの1世代分しか持たないことを意味します。

AMDが計画を変更し、Phoenix APUが登場する前の中間的な解決策として、FP8にもRembrandtを搭載する可能性があります。

コアアーキテクチャについて言えば、RembrandtはNaviグラフィックスと一緒に更新されたZen 3アーキテクチャを搭載する予定だ。

一方、Phoenix APUはZen 4プロセッサアーキテクチャと更新されたNaviグラフィックスカードを利用する可能性がある。

これらのAPUは2023年頃に発売される予定なので、実際の仕様がどうなっているのかを見てみるにはまだ多くの時間が残されています。

AM5プラットフォームのAMD Ryzen 7000 'Raphael'ノートブックAPU

最後に、2022年にZen 3コアのラインナップ全体を置き換える予定のZen 4がある。

我々は、現時点ではZen 4コアの設計やアーキテクチャについての詳細はほとんどありませんが、EPYC Genoaはさておき、次世代デスクトップクライアントCPUは、新しいコア技術を搭載した最初のものになるようです。

コードネームRaphaelと名付けられたAM5デスクトップCPUファミリは、Ryzen 7000シリーズのプロセッサとしてブランド化されると予想されている。

意外なことに、ロードマップにはRaphaelのセクションにNavi (RDNA 3) IPが掲載されており、AMDがメインストリームのデスクトッププロセッサにiGPUを搭載する可能性があることを示唆しているのかもしれない。

ただし、APUデザインとは対照的に、チップレットパッケージでの提供となる。Ryzen CPU の Raphael ファミリーは、2022 年半ば頃に導入されると予想されます。

AMD Ryzen 7000デスクトップCPUのRaphaelラインは、DDR5とPCIe Gen 5.0をサポートする新しいAM5プラットフォームとの完全な互換性を備えています。

最近の噂では、Zen 4ベースのプロセッサでZen 3よりも最大25%のIPC増加と40%の全体的なパフォーマンス向上が期待できるとされています。

AMD CPU Roadmap (2017-2022)

RyzenファミリRyzen
1000 シリーズ
Ryzen
2000 シリーズ
Ryzen
3000 シリーズ
Ryzen
4000 シリーズ
Ryzen
5000 シリーズ
Ryzen
6000 シリーズ
Ryzen
7000 シリーズ
アーキテクチャーZen (1)Zen (1) / Zen+Zen (2) / Zen+Zen (3) / Zen 2Zen (4)
/ Zen 3+ / Zen 3?
Zen (4) / Zen 3Zen (4)
Process Node14nm14nm / 12nm7nm7nm+ / 7nm7nm+ / 7nm5nm / 7nm+5nm
サーバーEPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Milan'EPYC 'Genoa'不明
最大サーバー
コア数/
スレッド数
32/6432/6464/12864/12864/128不明不明
ハイエンド
デスクトップ
Ryzen
Threadripper
1000 Series
(White Haven)
Ryzen
Threadripper
2000 Series
(Coflax)
Ryzen
Threadripper
3000 Series
(Castle Peak)
Ryzen
Threadripper
5000 Series
(Genesis Peak)
Ryzen
Threadripper
5000 Series
(Genesis Peak)
Ryzen
Threadripper
6000 Series
Ryzen
Threadripper
7000 Series
最大HEDT
コア数/
スレッド数
16/3232/6464/12864/128不明不明不明
デスクトップRyzen
1000 シリーズ
(Summit Ridge)
Ryzen
2000 シリーズ
(Pinnacle Ridge)
Ryzen
3000 シリーズ
(Matisse)
Ryzen
3000 シリーズ
(Matisse)
Ryzen
5000 シリーズ
(Vermeer)
Ryzen
6000 シリーズ
(Warhol)
Ryzen
7000 シリーズ
(Raphael)
最大デスクトップ
コア数/
スレッド数
8/168/1616/3216/3216/32不明不明
APUN/ARyzen
2000 シリーズ
(Raven Ridge)
Ryzen
3000 シリーズ
(Picasso Zen+)
Ryzen
4000 シリーズ
(Renoir Zen 2)
Ryzen
5000 シリーズ
(Cezanne Zen 3)
Ryzen
6000 シリーズ
(Rembrandt Zen 3)
Ryzen
7000 シリーズ
(Phoenix Zen 4)
発売年2017201820192020/20212020/20212021-20222023

ソース:wccftech - AMD’s Next-Gen Ryzen 7000 ‘Phoenix’ Notebook APUs For FP8 & Ryzen 7000 ‘Raphael’ Desktop CPUs For AM5 Platforms Rumored

 

 

 

解説:

Zen4のコードネームはRaphael、APUのコードネームはPhoenix

先日性能に関する情報がリークしたZen4のコードネームがリークしました。

Zen4は2023年発売のRyzen7000シリーズでデビューする予定のようです。

残念ながら、今年デビューするIntelのAlder lakeに対抗する製品はWarholと言うことになります。

この辺の予定はハッキリしていないようです。

WarholがZen3+なのかどうかもはっきりしていませんが、Zen3の改良版でAlder lakeに対抗するのはちょっと難しいように思えます。

Zen4世代の予定ははっきりとしていますが、Warholの情報はあまり出てきておらず、唐突感があります。

この唐突な感じは、TSMCの5nmの空きがあまりないからなのかなと私は感じました。

Zen4が2023年に押し出された形になっているも量が確保できないかったからなのかなと感じています。

Alder lakeは実質8コア16スレッドと言うことになりますが、変則16コア24スレッドのCPUがどこまで受け入れられるのかと言うのが一つの争点になるのではないかと私は思っています。

もしこの変則16コア24スレッドに私が考えている以上のメリットがあるならば、大ヒットする可能性もあります。(もちろん私はそうは思っていません。)

Warholはどの程度の性能になるのかまだ情報が出ていませんが、今までのAMDの小改良のモデルから考えると、良くてZenからZen+程度の性能向上であるか、Ryzen3000シリーズにおけるXTモデル程度の改良になるかでしょう。

何れもあまり性能向上の幅は大きくありませんが、2023年までは苦しい時期が続きそうです。

 

 

新発売!Ryzen 5000シリーズ

高額な転売品にご注意ください。

メーカーの希望小売価格は以下の通り(税込)

Ryzen 9 5950Xが10万6480円

Ryzen 9 5900Xが7万1478円

Ryzen 7 5800X5万8828円

Ryzen 5 5600Xが3万9380円

 

Ryzen 3000XTシリーズ

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.