CPU情報

wccftech独占:AMD Ryzen CPUの割り当てと可用性のアップデートQ1 2021 - 良いこと、悪いこと、そして悪いこと

投稿日:

今四半期にRyzenプロセッサをアップグレードしようとしている読者の皆様には、良いニュースと悪いニュースがあります。

私たちの情報源は、AMDの暫定的なCPU割り当てとビルドプラン、および特定のRyzenモデルの可用性の点で何を期待するかを私たちに知らせてくれました。

AMDが圧倒的な需要で溢れていることを考えると、この情報は、ユーザーがより良い購入の意思決定をしたり、AMDの需要の高いZen 3ベースのRyzen CPUについての期待値を管理したりするのに役立つはずです。

2021年第1四半期のAMD Ryzen CPUの割り当てと入手性

TSMCは、(ファブレス企業にとってはともかく)半導体業界のほぼすべての中心的なチョークポイントになりつつあり、ウェハの確保が非常に難しくなっています。

これが、AMDのような企業が、圧倒的な需要の波に対抗して自社の供給量を最大化するために、SKUミックスを継続的に管理し、特定の製品の割り当てを更新しなければならない理由です。

AMDの2021年第1四半期のCPU割り当ては以下のようになっている。

AMDの2021年第1四半期の工場製造計画(Ryzen割り当て)

CPU需要/供給に関する注意
5950X, 5900X, 3800X, 3300X,3100非常に少量
3900X, 3700X, 3200G, 3400G,3600Xある程度の量
5800X, 5600X,3600適正な量

AMD HEDTのお客様にとって残念なことに、Ryzen 5950Xと5900Xは四半期を通して非常にタイトになりそうです(これらの製品は大量の需要があります)。

執筆時には、799ドルの希望小売価格のRyzen 5950Xは、1199ドル、50%のプレミアム価格でAmazonで売られています。

Ryzen 5900Xの希望小売価格は549ドルで、Amazonでは840ドルで、53%のプレミアム価格で販売されています。

我々の情報筋によると、この供給不足/需要の多い状況は、今四半期の残りの期間も変わらないという。

AMDの旧モデルである、Ryzen 3800X、3300、3100も今期は供給が非常に少なくなるだろう。

しかし、興味深いことに、AMDは旧型のRyzen 3900X、3700X、3600Xに「一部」の割り当てを行っている。

これらは過去にAMDが提供する製品の主力モデルであることが証明されており、同社はこれらのSKUが入手性が維持され、価格は比較的納得できる価格のままであるはずです。

Ryzen 3200Gと3400Gもこの入手できる範囲内である-これは以前のものよりも優れている-が、まだ大量と言うほどではない。

最後に、「良いニュース」がある。AMDのZen 3は、以下のSKUで今期中に良い数量/大量配分で入手可能になりそうだ:Ryzen 5800XとRyzen 5600Xの両方が今期中にかなり大量に供給され、入手可能になる。

Ryzen 5800Xの希望小売価格は449ドルで、Amazonでは548ドルで販売されています。Ryzen 5600Xの希望小売価格は299ドルで、Amazonで388ドル、または29.7%のプレミアムで購入することができます。

AMD Ryzen 3600も2021年第1四半期のビルドプランで非常に良い配分が与えられており、こちらも価格が安定することが期待できます。

AMDのZen 3にアップグレードしたいのであれば、Ryzen 5800Xが最低限のプレミアムという点では最良の選択となるでしょう。

予算を抑えたいのであれば、Ryzen 3600も良い選択肢です。

これら3つのプロセッサは、いずれも配分が良いので、チャネルが供給に追いつき、物流の遅れが解消されれば、これらのプロセッサの価格はさらに下がると予想されます。

ソース:wccftech - Exclusive: AMD Ryzen CPU Allocation & Availability Update Q1 2021 – The Good, The Bad And The Ugly

 

 

 

解説:

あまりに抽象的な話になりますが、今後(3月まで)、Ryzen5000シリーズの入手性がどのくらい改善するかについての記事がwccftechに上がっていました。

それによると、5950X、5900X、3800X、3300X、3100は非常に少量になるようです。

また、Zen2コアのRyzen3000シリーズも併売されるようです。

入手性が改善するのは5800X、5600X、3600の三モデルで、上の本文でも5800Xが狙い目と解説されています。

発売が待たれている5700Xや5600の話は上がっていませんので、5700XはCezanne(APU)の5700Gで置き換えになるという私の予想通りになるのかもしれません。

同じ7nmであるZen2コアの供給も継続して行われることから、5000シリーズが7nm+で、3000シリーズが通常の7nmと言う噂の通りのようですね。

 

 

 

新発売!Ryzen 5000シリーズ

高額な転売品にご注意ください。

メーカーの希望小売価格は以下の通り(税込)

Ryzen 9 5950Xが10万6480円

Ryzen 9 5900Xが7万1478円

Ryzen 7 5800X5万8828円

Ryzen 5 5600Xが3万9380円

 

Ryzen 3000XTシリーズ

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.