CPU情報

AMD Ryzen 4000、Zen 3デスクトップCPUは、最大20%のIPC増加をもたらす可能性があります。 内部性能と効率性の数値は、大きな差でインテルのCPUを上回る

投稿日:

AMD Ryzen 4000デスクトップCPU、コードネームはVermeerで、今年後半にAM4ソケット向けに発売される予定だ。

これらのプロセッサについていくつかの噂がありますが、最新のものは、著名なリーク情報提供者であり、過去に真実であることが判明した多くの情報をカバーしているIce Universeから来ています。

それにもかかわらず、これは噂なので、情報が真実であるかもしれないし、そうでないかもしれないので、常に少し割り引いて考えることをお勧めします。

AMD Ryzen 4000 "Vermeer" Zen 3デスクトップCPUは、最大20%のIPC増加を特徴とする可能性があります - 内部の数字は、パフォーマンスと効率の両方でIntelを上回るサンプルを示しています。

Ice UniverseがWeiboアカウントに投稿した情報によると、友人のDavidが見たところによると、AMD Ryzen 4000デスクトップCPUは以前に言われていたよりも大きな取引になるかもしれないとのこと。

https://twitter.com/chiakokhua/status/1261122002540060673?ref_src=twsrc%5Etfw

頑張りすぎて>>また折れます。

何人かの方から「Ice Universe」さんのこの投稿の翻訳を依頼されました。以下、どうぞ。

免責事項:私はZen3のIPC向上幅を知りません。噂はかなり割り引いて考えてください。

私が支持するのは最後の一言だけです。AMD YES!

この噂では、有名な2つのOEMのエンジニアが、Zen 3アーキテクチャをベースにしたRyzen 4000 CPUの性能が「驚くべきレベル」にまで上昇していると指摘していることに言及しています。

次の声明では、これらのOEMはまた、Ryzen 4000の性能をIntelの次期製品と比較し、その結果に基づいて、AMD Ryzen 4000は性能と効率の両方の数字でIntelを完全に打ち負かすだろうと報告されています。

現在、OEMメーカーがAMDのRyzen 4000デスクトップCPUとIntelのComet Lakeとの性能比較をしているのか、それとも次世代のRocket LakeラインのデスクトップCPUとの性能比較をしているのかは不明だが、これまでのところ、AMDのRyzen 4000デスクトップCPUとIntelのComet Lakeを比較しているのではないかと思われる。

私の知る限りでは、AMDのRyzen 4000 CPUと比較されているのはRocket Lake-Sに違いない。

Rocket Lake-Sも標準的なチップではありません。

Rocket Lake CPUは、Sunny CoveまたはWillow Coveコアを14nmにバックポートする。

Sunny CoveコアはSkylakeよりも少なくとも18%のIPCの向上をもたらすが、Willow CoveはさらにIPCを向上させる。

Intelにとっての主なハードルは、Skylake 14nmアーキテクチャの成熟度が高く、クロック速度の面で追いつくのは難しいということだ。

そのため、18%という数字を基準にしながら、Zen 2がIPCにおいてSkylakeコアと同等かそれをわずかに上回ることを考慮すると、戦いは本当に近いものになるだろう、特に次の声明で報告されていることが真実であれば。

同じリーカーのレポートによると、AMDはZen 3の理論上のIPC向上率を約15~17%と主張しているが、OEMによる内部テストでは、AMD自身の主張よりもはるかに優れたIPCであることが再び明らかになっているという。

先進的な7nm+アーキテクチャを採用した最初のAMD Ryzen 4000チップは、予想を上回るIPCを備えていますが、これはZen 3コアで15%から20%までのIPC向上が期待できることを示しています。

これが本当ならば、Ryzen 4000 Zen 3 CPUのIPCは大幅にアップリフトされることになるので、2020年の下半期頃に予想される公式発表を今一度待ちましょう。

 

ここでは、Zen 3ベースのRyzen 4000「Vermeer」デスクトップCPUについて知っていることをすべて紹介します。

AMD Zen 3アーキテクチャは、初代Zen以来の偉大なCPUデザインと言われている。

それは、グループアップから完全に刷新されたチップであり、大幅なIPCゲイン、より高速なクロック、およびより高い効率性を含む3つの重要な機能に焦点を当てています。

AMD はこれまでのところZen 3 は、大幅な IPC 向上、高速なクロック、および以前よりもさらに高いコア数を提供するのに役立ちますブランドの新しい CPU アーキテクチャをもたらすことを自分自身を確認しています。

一部の噂では、IPCが17%増加し、Zen 3の浮動小数点演算が50%増加し、主要なキャッシュの再設計が行われると指摘されています。

Zen 3として知られるMilanのCPUコア・マイクロアーキテクチャーが、Romeが採用しているZen 2マイクロアーキテクチャーと比較して、CPUクロックサイクル(IPC)あたりに処理される命令数の面でどのようなパフォーマンスの向上をもたらすのかを尋ねられたとき、Norrod氏は、第一世代のEpyc CPUに搭載されているZenマイクロアーキテクチャーを進化させたZen 2とは異なり、Zen 3は全く新しいアーキテクチャーをベースにしていると述べました。

Norrod氏は、Zen 2が進化的なアップグレードでは通常のアップグレードよりも大きなIPC向上を実現したことを指摘して発言を修飾した。

しかし、彼はまた、Zen 3は「まったく新しいアーキテクチャに期待するものとほぼ一致したパフォーマンスの向上を実現する」と断言しています。

- ストリート

他の噂では、浮動小数点の全体的なパフォーマンスが50%向上したと指摘されています。

また、EPYCプレゼンテーションでキャッシュデザインに大きな変更が加えられました。

これにより、Zen 3は、Zen 2と比較して各Zen 3コアがアクセスできるキャッシュを本質的に2倍にする統合キャッシュデザインを提供することが示されました。

また、CPUは最大200〜300 MHzのクロック向上を期待されており、これによりZen 3ベースのRyzenプロセッサが第9世代Intel Core製品のクロックに近づくはずです。

これは、IPCの大幅な増加とアーキテクチャへの一般的な変更により、AMDがつい最近発表したように、既存のRyzen 3000プロセッサよりもはるかに高速なパフォーマンスを実現します。

考慮すべき重要な点は、チップレットアーキテクチャの復活と、AMDが既存のAM4ソケットのサポートを維持することです。

AM4ソケットは2020年まで使用される予定だったので、AMDがDDR5やUSB 4.0などの将来の技術を中心に設計されたAM5に移行する前に、Zen 3ベースのRyzen 4000 CPUがこのソケットを使用する最後のファミリになる可能性が高いです。

AMDのX670チップセットは、今年末までに到着することがほのめかされており、PCIe Gen 4.0のサポートが強化され、M.2、SATA、USB 3.2ポートの形でI/Oが増加することを特徴とする。

最近、AMDはRyzen 4000デスクトップCPUが500シリーズのチップセットでしかサポートされないことを確認し、技術コミュニティに大きな騒動を引き起こしたが、マザーボードメーカーに話を聞いたところ、AMDはX470やB450のような少なくとも400シリーズのチップセットでRyzen 4000互換性のためのBIOSリビジョンをリリースする可能性がまだわずかにあるという。

競合については、AMDのRyzen 4000「Zen 3 Vermeer」のラインアップは、IntelのComet Lake-SやRocket Lake-Sデスクトッププロセッサと競合することになる。

最近のパフォーマンスリークから明らかなように、Ryzen 3000 CPUはラインナップ全体に対して競争力のある位置にあるため、Intel Comet Lake-Sへの取り組みはそれほど難しくありませんが、Rocket Lake-SはIntelの主要なアーキテクチャの向上であるようです(まだ 14nmプロセスに基づく)これは、デスクトップの主流市場におけるIntelの道のりかもしれません。

とはいえ、Rocket Lake-Sはまだ何か、Zen 3の挑戦者と呼ぶことができる前に、そのリリース前に評価する必要がありますが、時間がそれを明らかにするでしょう。

今のところ、AMDがZen 2ベースのRyzen 3000で持っている競争上の優位性は、Intelが今年に向けて袖の中に持っているものと比較すると、あまりにも大きすぎます。

AMD CPUロードマップ(2018-2020)

Ryzen
ファミリー
Ryzen
1000 Series
Ryzen
2000 Series
Ryzen
3000 Series
Ryzen
4000 Series
Ryzen
5000 Series
アーキテクチャー Zen1 Zen1/Zen+ Zen2/Zen+ Zen3 Zen4
製造プロセス 14nm 14nm / 12nm 7nm 7nm+ 5nm/6nm?
ハイエンド
サーバー
(SP3)
EPYC 'Naples' EPYC 'Naples' EPYC 'Rome' EPYC 'Milan' EPYC 'Genoa'
最大サーバー
コア数/
スレッド数
32/64 32/64 64/128 112/224 不明
ハイエンド
デスクトップ
(TR4)
Ryzen Threadripper
1000 Series
Ryzen Threadripper
2000 Series
Ryzen Threadripper
3000 Series
(Castle Peak)
Ryzen Threadripper
4000 Series
Ryzen Threadripper
5000 Series
最大HEDT
コア数/
スレッド数
16/32 32/64 64/128 不明 不明
メインストリーム
デスクトップ
(AM4)
Ryzen 1000 Series
(Summit Ridge)
Ryzen 2000 Series
(Pinnacle Ridge)
Ryzen 3000 Series
(Matisse)
Ryzen 4000 Series
(Vermeer)
Ryzen 5000 Series
最大
メインストリーム
コア数/
スレッド数
8/16 8/16 16/32 不明 不明
APU(AM4) N/A Ryzen 2000 Series
(Raven Ridge)
Ryzen 3000 Series
(Picasso 14nm Zen+)
Ryzen 4000 Series
(Renior)
Ryzen 5000 Series
2017 2018 2019 2020 2021?

ソース:wccftech - AMD Ryzen 4000, Zen 3 Desktop CPUs Could Bring Up To 20% IPC Increase, Internal Performance & Efficiency Figures Outperform Intel CPUs By Huge Margin

 

解説:

製造プロセスの進化で殴られるというのはこういうことです

Ryzen4000シリーズの通常版(非APU版)の噂がやっと出てきました。

製造プロセスの進化で殴られるというのはこういうことという内容になっています。

Zen3は設計当初にあってもZen2までに入れられなかった要素をすべて取り入れた内容になっているようです。

かなり不確定な情報ですが、それでもIPCが20%向上しているとのこと。

また、クロックも200-300MHz上がるとのことですので、シングルコアブーストで5GHzという表記が踊ることになるかもしれません。

各マザーボードメーカーはRocket LakeとVeemerを比較してどっちが優れているか値踏みしているようですね。

恐らく、単純にZen2を7nm+にしただけでもクロックの向上によって相当の性能向上が見込めるはずです。

Rocket Lake-Sは噂されている仕様を見るとマルチコア化を捨ててシングルスレッド性能向上にすべてをつぎ込んだCPUなので、ここでRyzenに負けると、もういいところが全くないということになってしまいます。

製造プロセスの進化がアドバンテージになって、その他の要素がIntelよより仮に劣っていたとしてもそれだけで期待感があるAMDと違って、旧世代のプロセスを使い続けるIntelは苦しいところでしょう。

 

逆転の期待は全てがAlder Lakeにかかっているが・・・・

逆転の期待はビッグコア8+リトルコア8の合計16コアになるというAlder Lakeにかかっています。

しかし、まず一番の問題はComet Lake-Sからたったの半年で発売されるといわれているRocket Lake-Sが予定通りにちゃんと出せるかどうかだと思います。

予定よりもかなり遅れたComet Lake-Sでも起きていたと思われる、製造上のトラブルを回避できるかどうかでしょう。

それをクリアできたとしても最大8コアのRocket Lake-Sのシングルスレッド性能がZen3に勝てるかどうかという問題があります。

さらにAlder Lakeがマッチアップするのは残念ながらZen3ではなくZen4となります。

ここからさらに性能と省電力性が上がり、製造技術もワンランク上になるZen4に対してビッグコアとリトルコアを組み合わせるというデスクトップCPU向けとはあまり思われないアーキテクチャーでどこまで対抗できるかということになりますね。

ただし、このビッグ-リトル・アーキテクチャー向けの仕組みを何か用意しており、それを圧倒的に有利になる形で展開できれば、Zen4に対して一気に優位に立てる可能性はあると思います。

わかりやすい例で言えば、Intelのターボブーストという仕組みも出た当初、AMDは「通常、動作におけるCPUへの負荷というのは一瞬なのでクロックが動的に変化するのは意味がない」としていましたが、その後追従しているのは周知のとおりです。

intelが豊富な資金で画期的な技術を導入し、AMDが後追いするという構図はずっと長らく続いてきたものであり、莫大な投資を行って常に技術的に優位な地位を占めてきたIntelがAlder Lakeで逆転できる目はまだ十分に残されていると個人的には思います。

私は別にポジショントークとは縁のない人間ですから、AMDに不利な真実だったとしてもはっきり書きます。(笑

AMDは長らく、周辺技術や新規の技術に対する投資を抑えてIntelという巨人と互角に渡り合ってきた企業です。

体の小さな牛若丸が巨漢の弁慶に勝つからギャラリーが沸くのであって、逆ならば苛めのように見えてしまいます。

その点はIntelは気の毒かなと思います。(笑

というか私はAMDのファンですが、別にIntelが嫌いというわけではないので、ぜひともIntelには頑張って逆転してほしいと思っています。

たまにAMDが逆転するのもいいんじゃないかなとも思います。

 

Ryzen 5000シリーズ(2020/11/5発売予定)

検索リンク

AMD Ryzen 9 5950Xをamazonで検索

AMD Ryzen 9 5900Xをamazonで検索

AMD Ryzen 7 5800Xをamazonで検索

AMD Ryzen 5 5600Xをamazonで検索

 

Ryzen 3000XTシリーズ

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen2000シリーズ(旧モデル)

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥34,569 (2020/10/22 20:08:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥40,400 (2020/10/22 20:08:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥19,980 (2020/10/22 20:08:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥18,980 (2020/10/22 20:08:46時点 Amazon調べ-詳細)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.