CPU情報

AMD Ryzen 7000 CPUの低電圧化により、周波数とTDPの余裕を大幅に確保、温度も大幅に低下

投稿日:

昨日、AMDのRyzen 7000 CPUが純正設定で動作すると非常に熱くなることをお伝えしましたが、心配ご無用、低電圧化がその状況を救ってくれます。

AMDのRyzen 7000デスクトップCPU、Undervoltingで周波数とTDPの余裕を確保しつつ温度を低下させる可能性も

前回のレポートでは、AMDのRyzen 7000 CPUが、純正のTDP定格でも非常に高温になることが指摘されていることを紹介した。

PPTが230WのRyzen 9 7950Xと、PPTが130Wに近いRyzen 5 7600Xは、純正構成で90~95℃の温度を記録すると言われており、これはほぼ温度の上限値に達している。

この閾値を超えると、CPUはダウンクロックして5.0GHzというかなり低い周波数で動作するようになり、-700MHzの低下となる。

Harukaze5719は、AMD Ryzen 5 7600X CPUのものとされるAIDA64エントリーを発見しました。

最初の結果は、ESチップが5.05GHzで動作している純正構成を示しています。AIDA64 FPUストレステストでは、温度が93.1℃、122Wであることが確認できる。

これは非常に高い温度ですが、2つ目のウィンドウでは、手動でVcoreを調整し、5.05GHzを維持しながら温度を56.5Cまで大幅に下げ、ワット数もわずか68Wに抑えていることが分かります。

AMD Ryzen 7000 ES/QSに電源または電圧のバグがあり、それがこのような高温を引き起こしている可能性がありますが、低電圧化によって問題は多かれ少なかれ修正されます。

あとは、手動で調整した電圧が、Ryzen 7000 CPUが提供する5.5~5.7 GHzのクロック速度に対応するのに十分なものであるかどうかを確認することになる。

低電圧化は5GHzのクロックには十分ですが、より高い周波数を達成するためには、より多くの電圧が必要になる可能性があります。

Zen 4のチップレットは前モデルよりも小さくなっていますが、密度はかなり高いので、優れた冷却が必要になります。

これは、チップレットからIHSに多くの熱を効果的に移動させるために、今回、チップレットも金メッキされている理由の1つかもしれません。

リーク者のEnthusiast Citizenによる新しいスクリーンショットは、結果はESチップによるもので、問題は最終的なシリコンで微調整されている可能性がありますが、彼の主張が再確認できます。

これらのことから、AMDのRyzen 7000デスクトップCPUを搭載した新しいPCを構築する予定なら、ユーザーは間違いなくハイエンドのAIOクーラーに投資することを期待する必要があることがわかる。

もちろん、これは現時点では単なる噂であり、この噂の妥当性を確認するには最終的なテストとレビューを待つ必要がありますが、AMDは、ここに詳述したように、IHSとZen 4 CCDの両方に金メッキを施すことによって、CPUからの放熱を確実にするための最善の努力を行っています。

AMD Ryzen 7000 CPUは、9月27日にAM5プラットフォームと同時に発売されます。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7000 CPU Undervolting Can Leave A Lot of Frequency & TDP Headroom, Also Drops Temps Signficantly

 

 

 

 

解説:

色々悲観的なことを書きましたが、単に電圧の調整が済んでないという可能性があるようです。

Ze4のES/QSを使用した新しいレポートが投稿され、単にES/QSとマザーボードの組みあわせで、電圧の調整が済んでないという可能性があるようです。

前の情報はさすがにあまりにひどくて、それを否定する新しい情報が出てきて、ちょっとほっとしました。

リーク情報なので仕方ないですが、やきもきさせてくれた、エンスージアスト市民氏には恨み言の一つも言いたい気分です。(苦笑。

ただ、ここ最近はあまり聞かないバグなので、動作クロックに関してはギリギリまで調整した結果なのでしょうね。

5年に一度のプラットフォームの更新はかなり大変なのだろうなあとは思います。

こういう話を聞いて気になるのはX3Dがちゃんと出せるのかどうかと言う点ですね。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥78,980 (2022/09/29 07:59:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.