CPU情報

der8auerのRyzen 3000シリーズブースト調査により、ブースティングが予想よりも悪いことが判明

投稿日:

ryzen 9

ローマのder8aurは最近、新しいRyzen 3000シリーズCPUを所有しているフォロワーに、CPUのブースト結果を共有するように依頼するかなり広範な調査を実施しました。

合計2726人を超えるユーザーが、実行しているCPU、マザーボード、BIOSリビジョン、AGESAバージョンを示すことにより、有効な結果に参加しました。

ローマのder8aurは、新しいRyzen 3000シリーズプロセッサが経験しているブースティング動作をより現実的に見るために、悪い結果と露骨なアウトライナーを除外してエラーマージンを減らすために時間をかけました。

AMDはCPUの売り上げを独占しているかもしれませんが、今年7月7日に発売されて以来、非常に厄介な問題に対処してきました。

例えば、Ryzen 9 3900Xには4.6GHzのブーストクロックが搭載されており、シングルコアまたはデュアルコアのアプリケーション向けであると期待されますが、私自身や他の多くの人にとっては現実はモニターレーダーのブリップであり、 実際に表示されることはほとんどないでしょう。

私の運は通常、片方のボードで約4.45GHz、もう片方のボードで4.5GHzで最高です。

それは決して悪いクロック速度ではありませんが、宣伝されている4.6GHzでもありません。

AMDは、新しいPBO + Auto OCについても詳しく調べて、最大200MHzのクロック上昇を得る方法を示しましたが、おそらくその1つは動作しませんでした。

※ クリックで別Windwo・タブで拡大します。

 

上記のチャートは、Level1Techsが投稿したレビュアーガイドによるRyzen 9 3900Xの予想されるブースト動作を示しており、Ryzen 9 3900Xの負荷が大きい場合の4.25-4.3GHz付近と4.6GHzへのシングルコアブーストを示しています。
このチャートは、私がRyzen 9 3900Xを購入した理由のほとんどでした。

付属のビデオには、非常にわかりやすい方法で調査の結果を説明しているRomanが含まれています。

Guru3dが報告したようにRomanが触れたことの1つは、AMDがRyzen 3000シリーズプロセッサのブースト動作を減らしてCPUの寿命を延ばす可能性でした。

これは、Asusの従業員がOverclock.netで共有しました。

現実には、これらのチップは優れた性能を発揮しますが、誰もそれを疑問視していませんが、宣伝されているブーストクロックと、ユーザーが最大ブースト周波数の日和見的なマーケティングに光を当てている多くの変数結果があります。

期待を和らげ、これを取り巻く否定性はなくなると思います。これらは非常に安定した性能のチップであり、Ryzen 9 3900Xは私のCore i9 9900Kが私のテストベンチで私に役立っているように私のパソコンでも私に役立っています。

Ryzen 3000シリーズCPUを使用している場合は、読者が体験していることを確認できるように、シングルコアブーストとオールコアブーストを下に追加します。

 

Ryzen 9 3900X 12コア/ 24スレッドCPU、499ドル

AMD Ryzen 9 3900Xは、7nm Zen 2コアアーキテクチャを備えた12コアおよび24スレッドのパーツです。

このチップは、3.8 GHzのベースクロックと4.6 GHzのブーストクロックを備えています。

70 MBのL3キャッシュ、40のPCIe Gen 4レーン(CPU + PCH)、105 WのTDP(基本周波数から派生)があります。

CPUは小売価格499ドルで販売されます。

価格の面では、このチップはIntel Core i9-9900Kに対して位置付けられており、より多くのコア、スレッド、キャッシュ、PCIeレーン、PCIe Gen 4.0などの次世代I / Oのサポートを提供します。

 

Ryzen 7 3800X 8 Core / 16スレッドCPU、399ドル

AMD Ryzen 7 3800Xは、7nm Zen 2コアアーキテクチャを備えた8コアおよび16スレッドパーツです。

このチップは、3.9 GHzのベースクロックと4.5 GHzのブーストクロックを備えています。

36 MBのL3キャッシュ、40のPCIe Gen 4レーン(CPU + PCH)、および105 WのTDP(基本周波数から派生)があります。

CPUは399ドルで小売価格になります。 価格の面では、チップはIntel Core i7-9700Kに対して配置され、より多くのコア、スレッド、キャッシュ、PCIeレーン、およびPCIe Gen 4.0などの次世代I / Oのサポートを提供します。

 

Ryzen 7 3700X 8コア/ 16スレッドCPU、329ドル

AMD Ryzen 7 3700Xは、7nm Zen 2コアアーキテクチャを特徴とする8コアおよび16スレッドパーツでもあります。

このチップは、3.6 GHzのベースクロックと4.4 GHzのブーストクロックを備えています。

36 MBのL3キャッシュ、40のPCIe Gen 4レーン(CPU + PCH)、および65 WのTDP(基本周波数から派生)があります。

CPUは小売価格329ドルで販売されます。

価格の面では、チップはRyzen 7 3800XよりもCore i7-9700Kに対して優れた位置にあります。

これは、TDPの点でより効率的であるだけでなく、価格も低いためです。

 

Ryzen 5 3600X 6 Core / 12スレッドCPU、249ドル

AMD Ryzen 5 3600Xは、7nm Zen 2コアアーキテクチャを備えた6コアおよび12スレッドのパーツです。

このチップは、3.8 GHzのベースクロックと4.4 GHzのブーストクロックを備えています。

35 MBのL3キャッシュ、40のPCIe Gen 4レーン(CPU + PCH)、および95 WのTDP(基本周波数から派生)があります。

CPUは小売価格249ドルで販売されます。

価格の面では、チップはIntel Core i5-9600Kに対して配置され、より多くのコア、スレッド、キャッシュ、PCIeレーン、およびPCIe Gen 4.0などの次世代I / Oのサポートを提供します。

 

Ryzen 5 3600 6コア/ 12スレッドCPU、199ドル

AMD Ryzen 5 3600Xは、7nm Zen 2コアアーキテクチャを採用したエントリーレベル6コアおよび12スレッドパーツです。

このチップは、3.6 GHzのベースクロックと4.2 GHzのブーストクロックを備えています。

35 MBのL3キャッシュ、40のPCIe Gen 4レーン(CPU + PCH)、および65 WのTDP(基本周波数から派生)があります。

CPUは、199ドルで小売価格になります。 価格に基づいて、Ryzen 5 3600は、価格/性能に重点を置いた予算のゲーミングPCを構築することを計画しているゲーマーにとって非常に人気のある6コアチップになるでしょう。

 

AMD Ryzen 3000 シリーズ CPU ラインナップ

CPU名Ryzen 5 3500Ryzen 5 3600Ryzen 5 3600XRyzen 7 3700Ryzen 7 3700XRyzen 7 3800XRyzen 9 3900Ryzen 9 3900XRyzen 9 3950X
コア数/ スレッド数6/66/126/128/168/168/1612/2412/2416/32
ベースクロック3.6 GHz3.6 GHz3.8 GHz不明3.6 GHz3.9 GHz4.1 GHz3.8 GHz3.5 GHz
ブーストクロック4.1 GHz4.2 GHz4.4 GHz不明4.4 GHz4.5 GHz4.3 GHz4.6 GHz4.7 GHz
キャッシュ (L2+L3)35 MB35 MB35 MB36 MB36 MB36 MB70 MB70 MB72 MB
PCIe レーン数 (Gen 4 CPU+PCH)404040404040404040
TDP65W65W95W65W65W105W65W105W105W
価格(USドル)$149 US?$199 US$249 US$279 US?$329 US$399 US$449 US?$499 US$749 US
価格(日本円)20,000程度26,16030,86036,820程度43,41851,25157,673程度65,61898,492程度

※ 日本価格はamazonの販売価格(マーケットプレイスは除く)。未発売の日本価格に関しては現行モデルの価格から計算した概算を示しています。

ソース:wccftech - der8auer’s Ryzen 3000 Series Boost Survey Reveals Worse Than Expected Boosting

 

解説:

Ryzenのブーストクロックが公称値より低いモデルが混ざっている問題に関してですね。

なんと、ネットで呼びかけて2726人ものユーザーからの協力を得たとのことですので、母集団の数としてはそれなりに見るべき点があるデータだと思います。

ただし、使用機材が揃っていないこと、ソフト環境が揃っていないことは明らかなので、動作しているサービスや常駐ソフトなどによっても影響を受けている部分はありそうです。

そのため、ブーストクロックが公称値より低いRyzen3000シリーズがあったとしても100%CPU側の問題とは言い切れないのでは?と思います。

これでRyzen3000シリーズの優位性や先進性が損なわれるものではありませんが、購入した多数のユーザーさんにとっては気になる話でしょう。

こういった話もあるということは頭においておいてください。

気になる方はベンチマークを取る際に不要サービスと常駐ソフトを全て落としてからシングルコア向けのベンチマークを取ってみるとよいと思います。

私のCore i9-9900Kもベンチで測ってもシングルスレッド5.0GHzは出ませんよ(笑。

おそらくギリギリの調整をしているのだと思いますが、熾烈な競争を行っている製品というのはこんなものだと思います。

intel製品ですらもマーケティング上の理由でこのような調整がなされているものと思いますので、そういうものだと割り切った方が良いと思います。

ましてやソフト面が弱いAMDならば、往々にして発生する問題なのではと思います。

Ryzenを買われる方はこうしたことも頭に入れておいた方が良いでしょう。

私の場合、CorsairLinkなどベンチマーク測定時には落とした方が良い常駐ソフトを起動しっぱなしにしていたという関係もあるかもしれません。

Ryzen9 3900Xの公称4.6GHzブーストは1スレッド時のみですので、元記事にもある通り、実使用で確認するのは難しいかもしれませんね。

この辺は私も過去の記事で指摘した通り、1スレッドでも高いクロックが出せれば、公称動作クロックにかけますので、マーケティング上はそれで充分ということです。

実際には4コア負荷時の動作クロックくらいが一般的に確認できるブーストクロックと考えておいた方が良いでしょう。

 

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.