CPU情報

AMD Zen 3ベースのRyzen 5000 CPUは、オリジナルのZenアーキテクチャと比較して81%の大幅なパフォーマンス向上を達成しました

投稿日:

Golem.deは、世代別性能レビューの中で、AMD Ryzen 5000 CPU用のZen 3アーキテクチャが、初代Zenアーキテクチャと比較して89%の大幅な性能向上を達成したことを紹介しています。

このような大幅な向上は10年以上も前から見られていませんでしたが、AMDはわずか4年で初代Zenコアの約2倍の性能を実現しました。

AMD Zen 3は不可能を可能にし、世代別のパフォーマンス結果では、ゲームとアプリでオリジナルのZenコアのほぼ2倍のパフォーマンスを示しています。

Zenが市場に出る前は、業界はIntelが提供していた5~10%の世代間性能の向上に慣れていました。

Sandy BridgeがIntelからの最後の大幅なパフォーマンスの向上であり、HaswellやSkylakeはその限界をさらに押し広げたが、Zenのような破壊的な方法ではなかった。

効率を重視したアーキテクチャであるZen+はさておき、各ZenコアはIPCで非の打ちどころのない利得をもたらした。

最初のZenコアでは、Excavatorと比較して52%のIPC向上を実現し、Zen 2ではZen 1と比較してさらに13%のIPC向上を実現し、Zen 3ではZen 2と比較して19%のIPC向上を実現して、さらに高い水準を達成しました。

Zen+では、より保守的に3%のIPC向上を実現しましたが、前述したように、Zenの効率性を高めるための最適化に重点を置いたもので、現在ではZen 2とZen 3のチップでその改善が見られるようになりました。

Golemが達成したテスト結果によると、彼らのテストプラットフォームには4世代のRyzen CPUがすべて含まれていました。

8コアと16スレッドのSKUは、AMDのRyzen 7 1800X、Ryzen 7 2700X、Ryzen 7 3800X、Ryzen 7 5800Xが含まれています。

それぞれのCPUは、X570とX470のように最高のサポートを提供する独自のボードプラットフォームでテストされました。

AMD Ryzen世代CPUのスペック:

AMD Ryzen
7 1800X
AMD Ryzen
7 2700X
AMD Ryzen
7 3800X
AMD Ryzen
7 5800X
コードネームSummit Ridge
(Zen)
Pinnacle Ridge
(Zen +)
Matisse (Zen 2)Vermeer
(Zen 3)
製造プロセス14LPP (GloFo)12LP (GloFo)N7 (TSMC) +
12LP (GloFo)
N7 (TSMC) +
12LP (GloFo)
ダイサイズ213 mm² (SoC)213 mm² (SoC)74 mm² (CCD) +
125 mm² (IOP)
81 mm² (CCD) +
125 mm² (IOP)
トランジスタ数48億48億39億+20.9億41.5億+29.9億
コア数/
スレッド数
8/168/168/168/16
動作クロック3.6 GHz から
4.1 GHz
3.7 GHz から
4.35 GHz
3.9 GHz から
4.5 GHz
3.8 GHz から
4.7 GHz
L3キャッシュ16 MB16 MB32 MB32 MB
サポート
メモリ
DDR4-2666DDR4-2933DDR4-3200DDR4-3200
TDP95W105W105W105W
最大パワー
リミット
142W142W142W142W
発売時価格
(米ドル)
$499 US$329 US$399 US$449 US

各ボードのメモリは、Zen用のDDR4-2666、Zen+用のDDR4-2933、Zen 2とZen 3チップ用のDDR4-3200というデフォルトのスペックで動作していました。

しかし、最新のRyzen CPUは、より高速なメモリをサポートしており、適切な高速モジュールを実行した場合、パフォーマンスの差も非常に大きくなります。

AMD Zen (Ryzen Desktop CPU) ゲームにおける多世代の性能向上 (Golemより):

 

AMD Zen (Ryzen Desktop CPU) アプリの多世代パフォーマンス向上 (Golemより):

パフォーマンスチャートを見てもわかるように、AMD Ryzen 5000デスクトップCPUは、ゲーム性能で81%、アプリケーション性能で72%のリードを得ています。

これは、第1世代のRyzen CPUと比較すると、ほぼ2倍の性能ジャンプです。

3DCenterは、全体の平均性能を集計して詳細なチャートを作成しましたが、アプリケーション性能は89%、ゲーミング性能は84%と、さらに大きく向上しています。

AMD Multi-Generation Zen Architectureの性能向上:

CPU名アプリケーション
性能
世代間
性能向上率
ゲーミング
(平均FPS)
ゲーミング
(下位1%FPS)
世代間
性能向上率
AMD Ryzen
7 5800X
189%27% (対Zen 2)176%184%25% (対Zen 2)
AMD Ryzen
7 3800X
148%28% (対Zen+)142%148%20% (対Zen+)
AMD Ryzen
7 2700X
116%16% (対Zen 1)120%123%23% (対Zen 1)
AMD Ryzen
7 1800X
100%-100%100%-

これは、古いZenとZen+ベースのRyzen CPUのユーザーに、最新世代のAMD Zenプロセッサに移行するのに十分な理由を与えるはずです。

新しいRyzen 5000 CPUは、アプリに優れているだけでなく、Intelが提供している何よりも先にそれらを置く優れたゲーム性能を提供しています。

しかし、もう少し待てば、AMDは2021年に向けて、次世代Ryzen CPUをサポートする新しいプラットフォームをリリースする予定です。

今後のAMDデスクトップCPUプラットフォームについては、こちらをご覧ください。

AMD CPUロードマップ(2018-2020):

Ryzen
ファミリー
Ryzen 1000
シリーズ
Ryzen 2000
シリーズ
Ryzen 3000
シリーズ
Ryzen 5000
シリーズ
Ryzen 6000
シリーズ
Ryzen 7000
シリーズ
アーキテクチャーZen1Zen1 / Zen+Zen2 / Zen+Zen3 / Zen 2Zen3 + / Zen 3?Zen4 / Zen 3?
製造プロセス14nm14nm / 12nm7nm7nm+ / 7nm7nm+ / 7nm5nm / 7nm+
サーバーEPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Milan'EPYC 'Genoa'
最大サーバー製品
コア数/スレッド数
32/6432/6464/12864/128不明不明
ハイエンド
デスクトップ
Ryzen
Threadripper
1000 シリーズ
(White Haven)
Ryzen
Threadripper
2000 シリーズ
(Coflax)
Ryzen
Threadripper
3000 シリーズ
(Castle Peak)
Ryzen
Threadripper
5000 シリーズ
(Genesis Peak)
Ryzen
Threadripper
6000 シリーズ
Ryzen
Threadripper
7000 シリーズ
最大HEDT製品
コア数/スレッド数
16/3232/6464/12864/128?不明不明
メインストリーム
デスクトップ
Ryzen 1000
シリーズ
(Summit Ridge)
Ryzen 2000
シリーズ
(Pinnacle Ridge)
Ryzen 3000
シリーズ
(Matisse)
Ryzen 5000
シリーズ
(Vermeer)
Ryzen 6000
シリーズ
(Warhol)
Ryzen 7000 Series (Raphael)
最大メインストリーム製品
コア数/スレッド数
8/168/1616/3216/32不明不明
低価格APUN/ARyzen 2000
シリーズ
(Raven Ridge)
Ryzen 3000
シリーズ
(Picasso Zen+)
Ryzen 4000
シリーズ
(Renoir Zen 2)
Ryzen 5000
シリーズ
(Cezanne Zen 3)
Ryzen 5000
シリーズ
(Rembrandt Zen 3)
発売年2017201820192020/20212020/20212022

ソース:wccftech - AMD Zen 3 Based Ryzen 5000 CPUs Achieved A Massive 81% Performance Improvement Over The Original Zen Architecture

 

 

解説:

4年で1.8-1.9倍の性能になったRyzen

1st Zenは冷ややかな目で見られていたRyzenシリーズですが、たったの4年でマルチスレッドでもシングルスレッドでも完全にIntel製品を追い越し、実に2倍弱の性能向上を果たしていた記事が海外で出回っています。

これだけの性能向上が果たせたのはTSMCの製造技術向上に負うところが大きいです。

Ryzenがここまで性能を向上させ、Intel製品を追い抜くとは2017年時点では誰も思ってもみなかったのではないでしょうか。

Cinebench R15 Singleスレッド性能に見るIntelとAMDの性能向上

intelAMD
2014Core i7-4790K169
2017Core i7-8700K208Ryzen 7 1800X163
2018 Core i9-9900K219Ryzen 7 2700X177
2019Core i9-9900KS222Ryzen 7 3800X209
2020Core i9-10900K234Ryzen 7 5800X270

上の表を見ると、1st Ryzenが2014年のCore i7-4790Kのやや下程度の性能で発売され、以降、猛烈に性能向上を果たし、追い上げていることがわかります。

特にIntelは2018年と2019年にかけて新しいラインナップを発売することが出来ずにあえなくAMDに追いつかれていることがはっきりとわかるのではないでしょうか。

競争のない世界と言うのは死んだ世界です。

近年、急速にコア数とスレッド数が増え、シングルスレッド性能が向上したのはやはりIntelとAMDが激しく競争しているからではないでしょうか。

 

 

新発売!Ryzen 5000シリーズ

高額な転売品にご注意ください。

メーカーの希望小売価格は以下の通り(税込)

Ryzen 9 5950Xが10万6480円

Ryzen 9 5900Xが7万1478円

Ryzen 7 5800X5万8828円

Ryzen 5 5600Xが3万9380円

 

Ryzen 3000XTシリーズ

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.