その他

Appleはすでに将来のiPhone、Mac、iPadモデルのためにTSMCから3nmチップの生産を確保している

更新日:

現在、Appleはリソグラフィーの面でチップ業界をリードしており、5nmチップセットを最初に発表した企業であるため、ほとんどの人がA14 Bionicとして知っている。

その後、Appleは最新のMacモデルに搭載されているM1を発売しました。しかし、新しいレポートによると、Appleは競争の一歩先を行きたいと考えており、そのためにTSMCの3nm生産をすべて確保しているとのことです。

Appleが3nmチップの初期バッチを確保したが、TSMCは利益を上げるために数百万個売らなければならないとレポート

以前、AppleがTSMCの2021年の5nmオーダーの80%を確保したとの報道がありましたが、UDNは、カリフォルニアに拠点を置く同社が一歩先を行き、3nmチップのオーダーも確保したとしています。

しかし、iPhone、Mac、iPad用の新しいチップが2022年に登場する可能性が高いので、このシリコンが何をしてくれるのかを見るにはまだ時間がありそうです。

今のところ、TSMCの試作は計画通りに進んでおり、年間約60万個のプロセッサが生産される予定で、月産5万個となっている。

2022年には量産が開始される可能性があるが、1つの小さな問題が残っている。

TSMCがAppleを含む様々な顧客のために3nmチップを生産するために行った投資額を考えると、同社が利益を上げるためには最低でも3億個のプロセッサを販売する必要があるとUDNは言及している。

AppleがTSMCとの間で、全体でどのくらいの受注を確保するつもりなのかは確認されていない。

それでも, iPhoneの巨人が数百万で製品を販売していることを考えると, TSMCは、その投資のほとんどをカバーするために、その有利なビジネスパートナーに頼ることができます。

3nm技術の恩恵については、TSMCは以前、将来のプロセッサの電力効率が20~25%向上することを期待すべきだと述べています。

また、TSMCのチップ開発競争における最大のライバルであるSamsungが、5nmから3nmへの直接ジャンプを行っているとも報じられている。

韓国の巨大企業が独自に開発した技術の性能や電力効率の評価が、近いうちにTSMCが提供するものを追い越すほどのものになるかどうかはわかりませんが、続報をお届けします。

来年、AppleのA15 BionicはTSMCのN5Pアーキテクチャで作られる可能性が高く、A14 Bionic M1シリコンの製造に使用されている現行世代の5nmノードよりもわずかな性能と効率の向上を提供しています。

ソース:wccftech - Apple Has Already Secured 3nm Chip Production From TSMC for Future iPhone, Mac and iPad Models

 

 

解説:

TSMCの3nmは全てAppleが予約

2022年に量産がローンチ予定のTSMC3nmは全てAppleが予約したとのこと。

これによって5nmに大量の空きが出て、ようやくPC業界が利用できるようになるでしょう。

2021年まではAppleがやはり大量に5nmを占有していますので、大量生産はなかなか難しいところでしょう。

Zen4が1年延びてWarholが入ったのも、これが主な原因だと私は考えています。

RadeonのRDNA3は5nmになると私は考えていますが、これも厳しいかもしれませんね。

最新・最高性能の技術は全てスマホ業界が持っていき、余ったものをPC業界が使うというまさにスマホと言う巨人の隙間をPC業界と言うネズミがお零れを狙ってチョロチョロしているようなイメージです。

A14・・・2020年5nm

A15・・・2021年5nm+

A16・・・2022年3nm

と言う形になると思います。

元々の予定では3nmの量産は2023年になると言われていました。

そのため、2020/2021/2022は5nmが最新で、2018年あたりでは来年5nm製品が問題なくローンチされるような予定になっていましたが、私は当時からこれが疑問で、どうなるのだろうと思っていましたが、やはりこうした工場のキャパシティと言う物理的な問題がどうにかなるわけもなく、AMDは押し出されてしまったようです。

そのためのWarholなのでしょう。

あとはRDNA3 Radeonが5nmが使えることを祈るばかりです。

-その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.