CPU情報

インテルのAlder Lake版Pentium Gold G7400とCeleron G6900のエントリーレベルCPUを掲載

投稿日:

100ドル以下の価格帯を狙ったIntelのAlder Lake搭載のエントリーCPU「Pentium」と「Celeron」がオンラインに掲載されていることを、Momomo_US氏が発見しました。

インテル、第12世代Alder Lakeラインの新CPU「Celeron」と「Pentium Gold」を製造へ

現在、インテル社は、最新の第12世代Alder LakeシリーズのCPUをさらに追加するのではないかと推測されています。

同社のComet LakeファミリのCPUの更新に伴うものである可能性もわずかながらありましたが、両CPUの特殊な仕様を見る限り、同社の第12世代Core CPUの可能性が高いと思われます。

「Pentium Gold」と「Celeron」のいずれかのCPUバージョンが見られたのは、インテルの第10世代Comet Lakeシリーズの時でした。

インテルの第11世代Rocket Lakeコアプロセッサーの時、インテルはCore i3以下のSKUを一切製造しませんでした。

実際、インテルはその間、Comet Lakeプロセッサーのクロックを上げることを選択しましたが、大きな変更はありませんでした。

Team Blueは、特にすべてのチップメーカーを悩ませている大量供給不足の時期に、エントリーレベルのCPUの新バージョンを製造して、より安価なチップで追加販売を行うことを計画しているのでしょうか?

https://twitter.com/momomo_us/status/1461294810795425795?ref_src=twsrc%5Etfw

スクリーンショットでは、Intel Pentium Gold G7400 & Celeron G6900の2つのモデルが表示されています。

これらは、従来の「Pentium Gold G6400」と「Celeron G5900」の後継チップとなる可能性が非常に高い。この2つの新チップはデュアルコアデザインを採用し、Pentium GoldチップにはHyper-Threadingが搭載されると推測されています。

また、掲載されている2つのチップの部品番号は「BX80715」で始まり、Alder LakeのCPUと同じ番号です。「Pentium Gold G7400」は123カナダドル(97米ドル)、「Celeron G6900」は91カナダドル(72米ドル)で販売されています。

これらは初期のリストであるため、最終的な価格はさらに低くなる可能性があります。

Core i3とCore i5の一部はAlder Lakeのハイブリッド・マイクロアーキテクチャーに対応していないため、この2つの新CPUは前モデルのGolden Coveの「Performance」コアにしか対応していないと考えられます。

インテルPentium Gold G7400のベースクロックはG6400モデルよりも300MHz低く、新しいAlder LakeラインのCeleron G6900プロセッサーは、先代が持っていた3.4GHzのベースクロックを維持するという。

Pentium Goldモデルは6MBのL3キャッシュを搭載していますが、Celeronモデルは4MBのL3キャッシュを搭載しており、これまでのComet Lakeのバリエーションよりもはるかに多くのL3キャッシュを搭載しています。

インテルは、2022年初頭に登場するロック解除モデル以外のCPUのリリース情報を公開しており、上記のインテルの2つのチップは、そのシリーズの後にリリースされると予想されます。

ソース:wccftech - Intel’s Alder Lake Pentium Gold G7400 & Celeron G6900 Entry-Level CPUs Listed

 

 

 

解説:

PentiumとCerelonにもGoldenCove採用か?

ゲームとはあまり関係ないですが、今回新しくなるPentiumやCeleronにもGoldenCoveが採用されるのではないかと話題になっています。

Intelは安価なモデルで前世代のアーキテクチャーを採用することがよくありますが、CypressCoveはよほど製造上の都合が悪いのか、こうした安価なモデルにも採用されずに終わるようです。

クロックを落としてそのまま安価なモデルに投入されるようですね。

CypressCoveはそのままだとダイのサイズが大きくなりすぎるのかなあと思いました。

Intelがわざわざ低価格モデルに最新の技術を採用するのは製造上の理由以外はあり得ないと思うからです。

何れにしても新世代のPentiumやCeleronはコスパ重視の一部ユーザーに最強モデルとしてはもてはやされる可能性が出てきたということになります。

4コアあれば、下位のGPUと組み合わせてFullHD程度までのゲームにも十分使えるでしょう。

 

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

末尾K付きロック解除モデル以外の通常モデルは2022年発売予定です。

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.