CPU情報

intelの第11世代8コア&16スレッドRocket Lake CPUは、MSI Z590-A PROマザーボード上でベンチマーク流出 - 初期の4.2 GHzのサンプルは、シングルコアテストではi7-10700Kよりも21%高速

投稿日:

昨日、Intelは正式に2021年第1四半期に発売される予定の第11世代Rocket LakeデスクトップCPUの幕を開けた。

Intelは、そのラインナップの機能と仕様の概要を高レベルで説明し、メインストリームのデスクトップセグメントにも何かが来ることを消費者に伝えるための手段であることは間違いない。

現在、IntelのRocket Lake CPUの最新のベンチマークがUserBenchmarkデータベース(TUM_APISAK経由)にリークされており、初期のエンジニアリングサンプルでシングルコアの性能が大幅に向上していることが示されています。

Intelの第11世代Rocket Lake "Core i9-11900K" ESデスクトップCPUは、MSIのZ590-A PROマザーボード上でテストされ、最大4.2 GHzのクロックで、シングルコア性能はCypress CoveコアとともにSkylakeよりも大きくリードしています。

ベンチマークには、未発表の第11世代Intel Rocket LakeデスクトップCPUが掲載されている。

この CPU は 8 コアと 16 スレッドを搭載しており、Rocket Lake のラインアップで最大のコア数とスレッド数になるはずです。

また、CPUのクロック速度は3.4GHzベースと4.2GHzブーストと記載されていますが、これはIntelがほのめかしたものよりも低いものです。インテル自身によると、インテル Rocket Lake デスクトップ CPU コア i9, コア i7, コア i5 フレーバーとロック周波数 5 GHz を超えて来るので、4.2 GHz の最大クロックは、来年初めに起動する最終的な小売亜種にも近いではありません。

このベンチマークでもう一つ驚いたのは、Z590マザーボード上で実行されたことだ。

問題のボードはMSIZ590-A PRO-12VO(MS-7D10)で、これはLGA1200ソケットに対応し、同社が2021年第3四半期にさらに別のソケットであるLGA1700に移行するまで、第10世代Comet Lakeと第11世代Rocket Lake CPUの両方をサポートします。

テストセットアップについての他の注目すべきスペックは、32GBのDDR4-2667メモリと160GBのWD Blue HDが含まれています。

テストベンチマークは台湾の会社によって実施されましたが、それによってこのリークを行ったのが誰なのか簡単に想像がつきます。(その解釈は読者に任せます)。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します。

 

CPUが何と呼ばれるかは公式には分かっていませんが、8コア&16スレッドチップがRocket LakeがMAXになる場所であることを考えると、Core i9-11900KかCore i7-11700Kのどちらかになるのではないかと思われます。

CPUのスコアは、1コアで179点、2コアで368点、4コアで682点、8コアで1115点、64コアのテストで1623点となっています。これらの結果が、Intelの既存の10th Genラインナップと比較してどのような結果になるかは下の表の通りだ。

Intel 8コア&16スレッドのRocket LakeデスクトップCPUベンチマーク:

CPU名Intel Core i7
-10700K
@ 5.1 GHz
Intel Core i9
-10900K
@ 5.3 GHz
Intel Core i9
-11900K? @
4.2 GHz
対i7-10700K対 i9-10900K
1-Core14815217921% 高速18% 高速
2-Core29230236826% 高速22% 高速
4-Core56759968220% 高速14% 高速
8-Core1045115611157% 高速3.6% 遅い
64-core1553198816234% 高速22% 遅い

上のベンチマーク表を見てもわかるように、Intel Rocket Lake Desktop CPUは、シングルコアベンチマーク内で同量のコア数&スレッド数を持つCore i7-10700Kと比較して、最大21%高速化されています。

同時に、Core i7-10700Kは、4.2GHzよりも21%速い5.1GHzのクロックアドバンテージを持っています。

これらの数字を考えると、5GHz+のRocket Lake CPUは、シングルスレッドのワークロードではCore i7-10700Kを駆逐することになりそうです。

また、5.3GHzで26%もクロックで優位性を持つCore i9-10900Kよりも18%速い結果だった。

マルチコア テストで ES がはるかに高いオールコア ブースト レート 5 GHz の 10th Gen の Core i7 と Core i9 CPU の結果を下しました。

ESのオールコアブーストレートは、第10世代Corei7およびCorei9CPUの5GHz以上のレートよりもはるかに低いため、マルチコアテストでは状況が急速に変わります。

それにもかかわらず、Intel Rocket Lake CPUは、8コアで7%、64コアテストで4%、10700Kを上回っています。

これは、Intelが既存のSkylake製品よりも2桁の性能向上を提供するRocket Lake Cypress Coveコアについて主張していることを示していますが、Rocket Lakeのパフォーマンスを評価するには、さらに結果が出るまで待つ必要があります。

これらの恩恵が最終的な小売サンプルに引き継がれる場合、Intelの第11世代CPUは、AMDのRyzen 5000 Zen 3ファミリからシングルコアパフォーマンスクラウンをすぐに取り戻すことができるでしょう。

AMDのRyzen5000 Zen 3ファミリは、19%という非常に高速なシングルスレッドCPUとなります。 IPCは旧製品を上回ります。

第11世代Rocket LakeデスクトップCPUについて知っていることを全て紹介します

IntelのRocket Lake-SデスクトップCPUプラットフォームは、LGA 1200ソケットをサポートすると予想され、400シリーズのマザーボードではあるが、Comet Lake-S CPUと一緒にデビューすることになる。

Intel Rocket Lake-Sプロセッサは500シリーズのマザーボードと一緒に発売されるが、LGA 1200マザーボードがRocket Lake-S CPUをサポートすることが確認されている。

特に、PCIe Gen 4.0がZ490マザーボードの顕著な機能であることを考えると、Rocket Lake-SデスクトップCPUを使用することでのみ有効になる。

インテルのデスクトップ向けCPU「Rocket Lake」の主な特徴は以下の通り。

  • 新しいCypress Coveコア・アーキテクチャによるパフォーマンスの向上
  • 新しいXeグラフィックス・アーキテクチャ(Gen9より最大50%高いパフォーマンス)
  • 増加したDDR4 3200 MHzのメモリサポート
  • CPU PCIe 4.0レーン (Z490 & Z590マザーボードで利用可能)
  • エンハンスドディスプレイ(統合HDMI2.0b、DP1.4a、HBR3
  • CPU PCIe 4.0レーンを追加 = 20 CPU PCIe 4.0レーンの合計
  • エンハンスドメディア(12ビットAV1/HVEC、E2E圧縮
  • CPUアタッチドストレージまたはIntel Optaneメモリ
  • 新しいオーバークロック機能と機能
  • USB オーディオのオフロード
  • 統合されたCNViとWireless-AX
  • 統合USB 3.2 Gen 2x2 (20G)
  • 2.5Gbイーサネット・ディスクリートLAN
  • ディスクリート Intel Thunderbolt 4 (USB4準拠)

Rocket Lake CPUのアーキテクチャは、Sunny CoveとWillow Coveのデザインのハイブリッドと言われていますが、Xe Gen 12 GPUアーキテクチャを搭載すると言われています。

また、Thunderbolt 4.0対応のZ590マザーボードシリーズも今年後半に発表されると伝えられているので、今後数ヶ月の間にRocket Lake CPUに関する情報を期待したいところだ。

IntelデスクトップCPUの世代比較:

Intel CPU
ファミリ
製造
プロセス
最大
コア数
TDPチップセットプラット
フォーム
メモリ
サポート
PCIe
サポート
発売
Sandy Bridge32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02015
Kaby Lake14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02017
Coffee Lake14nm6/1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake14nm8/16未確認400/500-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 4.02021
Alder Lake10nm?16/24未確認未確認LGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2021
Meteor Lake7nm?未確認未確認未確認LGA 1700DDR5PCIe Gen 5.0?2022?

ソース:wccftech - Intel’s 11th Gen 8 Core & 16 Thread Rocket Lake CPU Benchmarked on MSI Z590-A PRO Motherboard – Early 4.2 GHz Sample Up To 21% Faster Than i7-10700K in Single-Core Tests

 

解説:

マルチコア競争から降りてひたすらシングルスレッド性能の強化を目指すRocket Lake-S

Rocket Lake-SがSunny Coveコアの14nm版と言うリークが出たばかりですが、今度はUser Benchmarkの結果がリークしました。

元記事中で匂わせていますが、ライバル製品が発売直前の時期でのこのリークはわざとやっている可能性もあります。

察するに「うちの新製品は凄いから、ライバルに乗り換えるのは待て」と言うメッセージでしょうか。

さて、10コア20スレッドだったComet Lakeのフラッグシップから一転、8コア16スレッドに逆戻りするRocket Lake-Sですが、ひたすらにシングルスレッドの向上を目指したCPUのようです。

元記事にもある通り、4.2GHzのクロックで5.3GHzのSkyLakeコアを18%も上回っています。

CPU名Intel Core i9
-10900K
@ 5.3 GHz
Intel Core i9
-11900K? @
4.2 GHz
Intel Core i9
-11900K? @
5.0 GHz
対 i9-10900K
1-Core152179234154%
8-Core115611151327115%

上はシングルコアターボが5.5GHz、オールコアターボが5.0GHzとしたときの性能値です。(計算して出した仮想的なものであることはお断りしておきます。)

シングルスレッド性能はなんと1.5倍以上も速くなるという結果になります。

これだと、Ryzen5000番台もぶっちぎりと言う性能でしょう。

一度ESでシングルコアターボ5.5GHz、オールコアターボ5.0GHzと言うエンジニアリングサンプルのベンチマーク・リークが出ましたので、強ち間違っているとはいいがたい想定であることは付け加えておきます。

 

問題なのはこれがユーザーに受け入れられるかどうか

ゲームの性能で言えば、シングルスレッド性能が高い方が圧倒的に良いです。

しかし、永らくIntelはゲームでは使い物にならないGPUを付けて、4コア8スレッドにとどめてきました。

コスト効率としてはこれは非常に良いのでしょうが、IntelがCore-Xを高額で販売し続けたこともあり、少しずつしか性能が上がらないデスクトップCPUに対してユーザーの不満がどんどん積み重なっていきました。

それもあってのRyzenの爆発的な人気だったと思います。

「ゲーミングPCのCPUとしては16コア32スレッドでシングルコア性能が低いよりも8コア16スレッドでシングルコア性能が圧倒的に高い方が良い」

これは一般的な事実です。

しかし、ユーザーの感情的にこれが受け入れられるかどうかはわかりません。

Intelは業界の盟主であり、Intelの言うことには誰も逆らえません。

しかし、そのために永らくデスクトップCPUは停滞し、ユーザーの不満が積もっていきました。

そして、マルチコア性能が欲しかったらLGA2066とCore-Xのような高額なプラットフォームを買いなさいとメッセージを発し続けてきました。

マルチコア性能が高いRyzenの登場によってこのマーケティングをそっくり利用され、実質的にCore-Xは死んだと言ってもよいでしょう。

Intelはこのような構造を瘢痕組織と表現しましたが、この8コア16スレッドの押し付けをユーザーがどこまで受け入れるのか?

Rocket Lakeの成功のカギはそこにあります。

大手のメディアはみんなIntelの味方をして、マルチコアのネガキャンをするかもしれません。

私はそのように想定しています。

大手メディアの情報を読むときはそういったバイアスがかかっていないかどうかよく吟味してください。

私はAMDのファンですが、だからと言ってAMDの製品が無条件に良いとは言いません。

自分で情報を吟味して正しいと思う方を選択してください。

それこそがユーザーに与えられた唯一無二の特権です。

どちらを選ぶかはユーザー次第です。

 

 

※ 私がIntelがデスクトップは8コア16スレッドまででよいと結論を下したと判断したのはAlderlakeがbig8コア+little8コアのハイブリッド構成になったからです。これは恐らく、実質8コア16スレッドになるのではないでしょうか。

 

 

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.