CPU情報 その他

日本での3950Xを購入するための行列が海外のニュースサイトで記事になる

投稿日:

AMDがRyzen 9 3950X 16コアCPUを日本市場で正式に発売した11月30日にすばらしいシーンが目撃されました。

新しい16コアのメインストリームプロセッサの試用を待ち望んでいたDIYビルダーは、一日中長い列で待機し、クーポンを購入して注文を確認する必要がありました。

 

AMD Ryzen 9 3950X 16コアCPUインベントリ全体がハードウェア小売店の開店前に日本で完売

Akiba-pc.watchが報告したように、AMD Ryzen 9 3950X 16コアプロセッサの販売は、11月30日(日)に開始する予定です。

各店舗では、メインストリームAM4プロセッサを手に入れる前に、ユーザーが購入チケットを取得し、各店舗で並んで待つ必要がありました。

Akiba-pc.watchの編集者である久保勇は、店主から夜中に何人かの客が列に並ぼうとしましたが、禁止されているので早朝に並ぶよう勧められたと述べた。

これは、AMDの最新のCPUに対するDIYユーザーからの熱意の素晴らしいショーです。

東京のコンピューターショップARK、ソフマップAKIBAショップ、ツクモPC本店、ツクモDOS / V PCビル、ツクモeXコンピュータービル、ドスパラ秋葉原本店、PCワークショップ秋葉原など、東京の主要小売店の多くは、Ryzen 9 3950X購入希望者の流入を目にしました 。

提供された数字は、16コアのフラッグシップ製品のためだけに少なくとも200人以上が並んでいたことを示しています。

各店舗がオープンするまでに、日本のRyzen 9 3950X全体が売り切れました。

それだけでなく、小売業者が提案したRyzen 9 3950Xの価格は10万円で、これは約913ドルに相当します。

150ドル以上の価格でも、Ryzen 9 3950Xは日本市場で盛んに売られていましたが、最近ではアジア太平洋市場とともにAMDのDIY CPUの売り上げが急増しています。

AMDのRyzen Threadripper 3970Xの販売も同日中に上昇し、32コアのZen 2ベースのチップを購入する人もかなりいました。

Ryzen Threadripper 3970Xの価格は260,000日本円または2370 USドル(1999 USドルよりも370 USドル高い)です。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

AMD Ryzen 3000 CPUがこの性能を発揮している市場は、日本とアジア地域だけではありません。

Mindfactoryからの最新の数値は、数時間前にAMDによって報告され、AMDは11月に記録的なCPU数を記録し、ドイツ最大の小売業者で記録的な収益を上げました。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

Amazonでさえ、AMD Ryzen 3000およびRyzenプロセッサは一般に、ブラックフライデーの割引と並んでベストセラーCPUチャートのトップになりました。

さらに、多くのユーザーがRyzen 3000 CPUの購入と同時に購入しているため、MSI X570 $199.99のマザーボードでさえCPUベストセラーチャートに登場し始めています。

現在、AMDはAmazonの上位10位までの順位をすべて占めています。

現在、AmazonにはRyzen CPUの特価品もあります。

  • AMD Ryzen 7 3800X 16スレッドロック解除CPU、4.5 GHzブースト付き(329.99ドル)
  • AMD Ryzen 7 2700 16 Thread Unlocked CPU with 4.1 GHz Boost(139.99ドル)
  • AMD Ryzen 5 2600X 12 Thread Unlocked CPU with 4.2 GHz Boost($ 119.99 US)
  • AMD Ryzen Threadripper 1920X 24スレッドアンロックCPU、4.2 GHzブースト付き(199.99米ドル)

AMD Ryzen 3000の勢いはすぐに止まることはなく、AMDのZen 3ベースのRyzen 4000プロセッサーが間もなく登場するというニュースにより、IntelのメインストリームのラインナップはHEDTプラットフォームと同じ崩壊に直面するでしょう。

AMD Ryzen 3000シリーズCPUラインアップ

CPU名Ryzen 5
3500
Ryzen 5
3500X
Ryzen 5
3600
Ryzen 5
3600X
Ryzen 7
3700
Ryzen 7
3700X
Ryzen 7
3750X
Ryzen 7
3800X
Ryzen 9
3900
Ryzen 9
3900X
Ryzen 9
3950X
コア数/
スレッド数
6/66/66/126/128/168/168/168/1612/1412/1416/32
ベース
クロック
3.6 GHz3.6 GHz3.6 GHz3.8 GHz不明3.6 GHz不明3.9 GHz3.1 GHz3.8 GHz3.5 GHz
ブースト
クロック
4.1 GHz4.1 GHz4.2 GHz4.4 GHz不明4.4 GHz不明4.5 GHz4.3 GHz4.6 GHz4.7 GHz
キャッシュ
(l2+L3)
16 MB32 MB35 MB35 MB36 MB36 MB36 MB36 MB70 MB70 MB72 MB
PCIeレーン数
(Gen 4 CPU+PCH)
4040404040404040404040
TDP65W65W65W95W65W65W105W105W65W105W105W
価格
(USドル)
$129 US?$149 US?$199 US$249 US$279 US?$329 US$349 US?$399 US$449 US?$499 US$749 US

ソース:wccftech - Even at $900 US+, AMD’s Entire Ryzen 9 3950X 16 Core CPU Inventory Sold Out In Japan

 

解説:

世界中で吹き荒れるAMD旋風

知っての通り、11月30日にRyzen 9 3950X、Ryzen Threadripper 3970X/3960Xが発売されました。

日本のメディアの行列記事が海外ライターの琴線に触れたのか海外サイトでも取沙汰され、記事になっています。

強調されているのはやはり、代理店チャージの載った日本価格+消費税が高いというところです。

約10万円が消費税込みの価格であることは触れられていません。

出来る限りセンセーショナルに報じたかったのでしょう。

また、現実には始発にのって秋葉に現着し(もしくはそれ以前)から並んで9:30に整理券配布、そのあと11時から販売という流れなので「1日中」ではないのですが、ここもセンセーショナルに報じるためにあえてそう書いてあるのでしょう。

私も並んでRyzen 9 3950Xを購入した口です。

無事、3950Xを購入することが出来ましたので、この場にて報告させていただきます。

東京ではない地方都市ですが、私が並んだところでも買えない人が数名出ていました。

全員3950X狙いで、Threadripper購入希望者がいなかったのが印象的でした。

最近は通販ばかりで、リアル店舗にはほとんど行ってませんでしたが、久しぶりに店舗に行くととても新鮮でした。

特に展示品のケースを見ると物欲が刺激されますね。

写真で見るのと実物で見るのとではやはり違います。

とにかく、3950XとThreadripper3000シリーズの発売は一つのイベントとして成立した感があります。

当面のところ防衛するしかないintelはCPUに関してはしばらく冬の時代を迎えることになると思います。

しかし、来年には単体GPUの発売を控えていますので、また自作界を盛り上げてくれると思います。

CPUに関しても10nmや7nmが起動に乗れば逆転してくると思います。

それまでにAMDがどこまでリードを広げ、売り上げを確保し、次の投資につなげられるかです。

今は鮮烈に勝利していますが、intelとの差は圧倒的と言ってよいほどですのでこれほどまでに大勝利を収めても全く油断のならない状況であることは間違いないでしょう。

AMDが倒産寸前の状態からここまで逆転したということは、Intelなら条件さえ揃えば、もっと楽に勝利することが可能ということです。

もちろんその間、最も利益を受けるのはユーザーである我々になるでしょう。

来年の年末は8コア16スレッドや16コア32スレッドCPUがどのくらいの価格で売られているのか楽しみですね。

 

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

Ryzen 7

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

 

-CPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.