CPU情報

AMD Ryzen 7 5800X 8 コア & Ryzen 5 5600X 6 コア "Zen 3" デスクトップ CPU は SiSoftware によってレビューされました - Zen 2 から最大 40% のパフォーマンス向上

投稿日:

SiSoftwareは、AMDのZen 3搭載Ryzen 7 5800X 8コア&Ryzen 5 5600X 6コアCPUの最初のレビューを投稿しました。

AMDのRyzen 5000デスクトップCPUは、来週発売されますが、SiSofwareのチームは、完全に彼ら自身のCPUベンチマークスイートに基づいて、プロセッサの完全なレビューを投稿することにしました。

AMD Ryzen 7 5800X 8コア&Ryzen 5 5600X 6コアCPUをSiSofwareがレビュー、Zen 2を超えたZen 3は最大40%のパフォーマンス向上を実現

SiSoftware によると、両方の AMD Ryzen 5000 デスクトップ CPU は X570 テストベッド上で特定のメーカーから最新の BIOS をインストールしてテストされました。

レビューでは、Zen 3 と Zen 2 プロセッサの間の重要な違いのいくつかを強調し、非常に包括的な独自のテストスイートを通してプロセッサを評価しています。

テストには、演算、SIMD、暗号化性能などが含まれています。

テスト結果に入る前に、Zen 3 Ryzen 5000デスクトップCPUのスペックと機能面での比較を見てみましょう。

AMD Ryzen 7 5800X "Zen 3 "デスクトップCPU - 8コア/16スレッド、最大4.7 GHzで449ドル

AMD Ryzen 7 5800Xは、8コア16スレッドCPUです。このチップは、ベースクロックが3.8GHz、ブーストクロックが4.7GHzという印象的なクロックスピードで、ゲーマー向けの最高の8コアプロセッサとして販売されている。

このチップは、合計36MBのキャッシュと105WのTDPを備えています。このCPUの価格は449ドルと予想されている。

※ クリックすると別Window・タブで画像を拡大します

 

AMD Ryzen 5 5600X "Zen 3 "デスクトップCPU - 6コア/12スレッドで最大4.6 GHzを299ドルで提供

AMD Ryzen 5 5600Xは、6コア12スレッドCPUです。

このチップは、ベースクロックが3.7GHz、ブーストクロックが4.6GHzという印象的なクロックスピードで、ゲーマー向けの最高の6コアプロセッサとして販売されている。

このチップは、合計36MBのキャッシュと65WのTDPを備えています。

このCPUの価格は299ドルと予想されている。

 

AMDがRyzen 5000 Zen 3プロセッサのために強調した主な機能:

  • IPC全体でZEN2と比較して19%の改善を実現
  • ベースとターボクロックをそれぞれ+5~8%向上
  • 依然「チップレット」CCX(「コアコンプレックス」)を中心に構築されていますが、現在は8C / 16Tおよび16MBL3キャッシュ(依然7nm)です。
  • メモリコントローラとPCIe 4.0ブリッジを備えた同じ中央I/OハブがIF(「Infinity Fabric」)(12nm)を介して接続されている
  • デスクトップ・プラットフォーム上でも最大2個のチップレットを搭載しているため、8コアの最大2倍 (16C/32T 5950X)まで対応可能
  • L3は変わりなく32MBですが、今は統一されています(2x16MBではなく)5950Xも依然64MBまでです。
  • 20 PCIe 4.0レーン
  • 最大3200Mt/sのDDR4メモリコントローラを2基搭載(最大4266Mt/s)

マイクロアーキテクチャ的には、パフォーマンスとセキュリティを向上させるべき変更点がさらにあります:

  • 制御フローの完全性とシャドウスタック
  • マルチキーメモリ暗号化、例:個別に暗号化されたVMメモリ
  • 共有L3(8C以下)によりコア間のレイテンシが削減され、データ共有のためのメモリへのトリップが不要になりました。
  • AMD プロセッサは、ありがたいことに、現在ハードウェアで対処されている 2 つの脆弱性バー (BTI/"Spectre"、SSB/"Spectre v4″) の影響をほとんど受けていません。

AMD Ryzen 5000シリーズ「Vermeer」CPUラインナップ

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
キャッシュ
(L2+L3)
PCIeレーン数
(Gen 4
CPU+PCH)
TDP価格
(米ドル)
AMD Ryzen
9 5950X
16/323.4 GHz4.9 GHz72 MB未確認105W$799 US
AMD Ryzen
9 5900X
12/243.7 GHz4.8 GHz70 MB未確認105W$549 US
AMD Ryzen
7 5800X
8/163.8 GHz4.7 GHz36 MB未確認105W$449 US
AMD Ryzen
5 5600X
6/123.7 GHz4.6 GHz35 MB未確認65W$299 US
AMD Ryzen
5 5600
6/12未確認未確認32 MB未確認65W$219 US?

AMD Ryzen 7 5800X 8コア&Ryzen 5 5600X 6コア デスクトップCPUベンチマーク

テスト結果に来て、SiSoftware は、AMD Ryzen 7 5800X の前身である Ryzen 7 3800X よりも 40% の性能向上を測定し、10/10 のスコアを与えました。

一方、Ryzen 5 5600Xは、前身のRyzen 5 3600Xに16%のリードを与えました。

Ryzen 5 5600Xはまだかなり高速で、いくつかのベンチマークテストでは40%のリードを投稿していますが、すべてのベンチマークで平均した場合、その差はそれほどではありません。

このCPUは9/10のスコアを獲得していますが、これはその印象的な価値と電力効率によるものです。

 

AMD Ryzen 5 5800X 8コア「Zen 3」デスクトップCPUテスト結果:

 

AMD Ryzen 5 5600X 6コア「Zen 3」デスクトップCPUのテスト結果:

SiSoftware レビューの結論:Zen2よりも大きなアーキテクチャの変更はありませんが、(より大きな8コアCCXレイアウトと統一されたL3キャッシュを除いて) - Zen3は、レガシーと重くベクトル化されたSIMDアルゴリズムでかなり速くなり、AVX512とより多くのコア(例えば10コアSKL-X)でも競争相手を打ち負かすことができます。

ストリーミングアルゴリズム(メモリに依存する)でさえも20%以上向上しています。確かにここまでの性能は期待していませんでした。

実質的には、50%以上のコアを取得するようなものです - 8コアのZen3は、12コアのZen2(例えば3900X)のようなパフォーマンス - したがって、10コアの10900Kでさえ太刀打ちできません。

あなただけの既存のAM4メインボード(当然BIOSアップデートで)に "ポップ "することができることを考えると、それは言う、オリジナルのZen1/Zen+からの大規模なアップグレードです。

もし、あなたがそれを買う余裕があれば、特に前例のない時代には、古いAM4ベースのコンピュータを何年も何年も生きられるようにする「ノーブレーナー」アップグレードです。

PCIe4とそのささやかな改善は本当に必要ありません - 新しいPCIe4 NVMe SSDと新しいPCIe4 GP-GPUを必要とするので、300シリーズのボードでも可能です。

Zen2がZen+よりも40%高速であることを考えると(オリジナルのRyzenを考慮する必要はないでしょう)、Zen3は実質的にZen+よりも2倍高速です。

また、16コア/32スレッドのAM4 CPU(Zen3)があることを考えると(元々は6コアまでしかなかった), それは従来のAM4(CPU)で32コアのRyzenがあるようなものです - 全体的なパフォーマンスは5.3倍の増加。

SiSoftwareより

SiSoftwareによると、Ryzen 5 5600Xのリードは小さいものの、前世代の8コアを凌駕するのに十分であるとのことです。

だから、あなたは本質的に6コアCPUと同じ価格で、はるかに高速な8コアプロセッサを得ることが出来るでしょう。

Ryzen 7 5800Xについては、8コアは驚異的なパフォーマンスを発揮し、発売時には在庫が減り、OEMからの需要の増加により、12月5日の発売後すぐにチップの価格が上昇する可能性が高いとサイトは主張しているので、できるだけ早く予約注文して購入することをお勧めします。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7 5800X 8 Core & Ryzen 5 5600X 6 Core “Zen 3” Desktop CPUs Reviewed By SiSoftware – Up To 40% Performance Jump Over Zen 2

 

 

解説:

SiS SoftがRyzen5000シリーズのレビューを公開

11/5予定のRyzen5000しリーズのパフォーマンスを絶賛しています。

6コア12スレッドは従来の8コア16スレッドと同じ、8コア16スレッドは従来の12コア24スレッドと同じと評価しています。

これはほとんど絶賛と言ってもよい評価ではないかと思います。

Zen3はZen2の改良と言ってもよいCPUですが、その効果は絶大です。

行きつくところまで行きついたという感があります。

これにIntelの次の手はSkyLakeアーキテクチャーではもはや対抗できず、SunnyCoveを投入します。

Sky Lake・・・2015年

Canon Lake(Palm Cove)=キャンセル

Ice Lake(Sunny Cove)・・・2019年(モバイルのみ)

Tiger Lake(Willow Cove)・・・2020年(モバイルのみ)

Intelのアーキテクチャーはこのように進化してきたわけですが、来年ようやくSunnyCoveの14nm版CypressCoveを投入します。

デスクトップは実に6年ぶりにアーキテクチャーを更新することになります。

私の身立てではZen3より10-15%程Rocket Lakeの方がシングルスレッド性能が優れているのではないかと思います。

その次のVeermer Refleshと見做されているWarholがどうなるのか?

さらにその次のZen4がどうなるのかを考えるとまだまだCPU戦争は続きそうです。

 

 

新発売!Ryzen 5000シリーズ

高額な転売品にご注意ください。

メーカーの希望小売価格は以下の通り(税込)

Ryzen 9 5950Xが10万6480円

Ryzen 9 5900Xが7万1478円

Ryzen 7 5800X5万8828円

Ryzen 5 5600Xが3万9380円

 

Ryzen 3000XTシリーズ

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.