その他

NVIDIA、Supermicro、Appleの受注が爆発的に伸びる、TSMCが設備投資機会を3倍に引き上げる

投稿日:

TSMCの7/5nmの容量が不足しており、確認できる注文の量から、少なくとも2021年半ばまでは容量一般になると見られている。

 

伝染病とHuaweiの解禁に直面しても、TSMCの業績は2020年の今のところ堅調に推移しており、TSMCは先日、予想通り7nmと5nmの月産能力を引き上げ、予定よりも前倒しでフル稼働を見せています。

また、TSMCのサプライチェーンでは、3回目の設備投資額を上方修正し、過去最高の5%程度の増加が見込まれている。

9月中旬に発効したHuaweiの禁止令にもかかわらず、TSMCの第3四半期の収益は過去最高を更新し続け、第4四半期はAMD、Qualcomm、MediaTek、Xilinxなどの中国チップメーカーからの受注が流入しているため、TSMCの収益は横ばいか微減となる旨。

 

TSMCは今年、設備投資を3回見直す可能性がある

TSMCはこのほど、顧客の旺盛な需要に対応するため、7nmと5nmの月産能力を増強した。

 

アップルの旧型端末やiPhone 12シリーズの調達が好調なことに加え、新たに発売されたタブレットPCや年末にデビューするアップルシリコンプロセッサシリーズの受注も予想を上回り、5nmの容量をほぼカバーしている。

注目すべきは、サプライチェーンによると、TSMCの7/5nmの容量が不足していることであり、確認できる注文の量から、TSMCは少なくとも2021年半ばまでは満杯になるとみられる。

ソニーのPS5は、CPUがSupermicro Zen 2アーキテクチャの7ナノメートル、GPUがRDNA 2アーキテクチャのセミカスタム版が間もなく発売されるが、TSMCの7nmプロセスではそれ以上の容量を確保できていないため、2021年前半に大量の出荷が予定されているという。

また、サムスン電子の大幅に値引きされた8nmプロセスを採用していたNVIDIAのRTX 30シリーズが、2021年にTSMCの7nmプロセスに切り替わると噂されており、大量の注文が殺到している。

NVIDIAの7nm受注は、2021年にTSMCの7nmの高い稼働率を維持するための最重要顧客の1つである。

設備サプライチェーンの最近のニュースによると、TSMCは顧客の旺盛な需要により、生産拡大を加速させるために7月に限って2回目の設備投資を引き上げたという。

現在の設備投資予算は160億ドルから170億ドルとなっており、さらに5%増額する必要があるが、設備投資の上方修正は7/5nm化だけでなく、やや遅れている3nmの研究開発・建設のためのものである。

全体の5nmオーダーの見通しは少なくとも2021年末までで、3nmの量産目標も発表されており、2022年後半には月産能力が5.5万個に跳ね上がるという。

サプライチェーンによると、TSMCの設備投資の増加はサプライチェーンにとって朗報だが、2020年も過去最高の業績を達成するTSMCは、最近の2021年の受注・価格交渉会でも、ASMLのようなかけがえのない技術や製品を除いて、平均10~20%の範囲で購入価格を切り下げたという。

ソース:DigiTimes - NVIDIA、超微、蘋果訂單爆發 台積電三度上修資本支出機會大

 

 

解説:

参考:NVIDIA、2021年にアンペアを7nmのTSMCに移行すると報道

の記事を取り上げたところ、反響が大きかったので、大本になったDigiTimesの記事を取り上げてみました。

こちらはあまり余計なことを書きませんので、記事の内容を見て判断してください。

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.