GPU情報 その他

NVIDIA GeForce GPUは、ディスクリートDIY市場でAMDのRadeonと激突-2019年第3四半期にAMDシェアが30%を下回ると、グリーンチームシェアが5%上昇

投稿日:

2019年第3四半期のディスクリートグラフィックス市場シェアレポートが発表され、NVIDIA GeForce GPUがディスクリートDIY市場でAMDのRadeonラインナップよりもはるかに多く売れたことを示しています。

最新のレポートはJon Peddie Researchによって発行され、NVIDIAがAMDのRadeonおよびNaviベースのリリースで目立ってGPU市場シェアを大幅に増やしたと報告しています。

 

NVIDIA GeForce GPUがAMD Radeonに反撃し、2019年第3四半期に5%のディスクリート市場シェアを獲得

AMDは第4四半期にグラフィックスユニットの出荷を増やしましたが、NVIDIAはAIB製品やプレインストールされたOEMグラフィックスカードを含むディスクリートグラフィックスユニットを出荷することに成功しました。

この市場とDIY市場は、NVIDIAのGeForceディスクリートグラフィックスカードを完全に支持し、2019年第2四半期の67.92%に対して、2019年第3四半期のシェアは72.92%に上昇しました。

AMDのRadeon RXグラフィックスのシェアは、2019年第2四半期の32.08%から2019年第3四半期の27.08%に低下しました。

現在、世界中のPCにインストールされている4枚のグラフィックカードのうち3枚はNVIDIAベースであり、グリーンチームにとっては非常に見事です。

AIB市場は、一般的に2019年第3四半期に前四半期から42%増加し、NVIDIAのGeForceラインナップがこの背後にある主なドライバーであると述べられており、AIB市場全体を引き上げています。

AMDとNVIDIAから合計28億ドル相当のAIBカードが出荷され、グリーンチームがこの数字のかなりの部分を占めています。

2019年第3四半期には合計1,050万個のAIBが出荷され、AIB市場は2023年までに150億ドルの収益に達すると予想されています。1981年以降、合計1億2,900万個のAIBが出荷されました。

JPRより

また、2019年第3四半期がAIBの出荷で最も強い四半期であると報告されています。

今回は、10年平均の14.9%を上回っていました。

第3四半期に、AMDとNVIDIAの両方が最新の製品をリリースしました。

NVIDIAは、RTX 2080 SUPER、RTX 2070 SUPER、RTX 2060 SUPERなどのRTX SUPERシリーズで開始し、AMDは、Radeon RX 5700 XTおよびRadeon RX 5700を含むNavi RDNAアーキテクチャに基づいた最初の7nmグラフィックスカードラインを発売しました。

AMDは、ごく最近まで、Radeon RX 500シリーズカードに依存していましたが、つい先日、米国市場で200ドルを狙うRadeon RX 5500シリーズのメインストリームラインナップを発表しました。

最近発売されたNVIDIA GeForce GTX 1660 SUPERもGeForce GTX 1650 SUPERも、2019年第4四半期に発売されたように、2019年第3四半期の売り上げに反映されませんでした。

AMDはまだ小売チャネルでRX 5500シリーズのカードを正式に発売しておらず、12月中旬の発売を示す噂があります。

2019年第4四半期は、主流のGeForce GTX 16 SUPERシリーズカードから早期の販売優位性があったため、NVIDIAの市場シェアをわずかに増やす可能性があります。

Steamのハードウェア調査で、NVIDIA GPUは75.6%のシェアを占め、AMD GPUは15%のシェアを占めています。

Steamプラットフォームは2019年に合計1850万人の同時ユーザーでピークに達し、登録ユーザーの合計は1億人近くになりました。

Steamで最も人気のあるGPUを分析する場合、多くのゲーマーが中古市場で安価な価格で購入できるため、GeForce GTX 1060およびGeForce GTX 1050 Tiは依然として最高です。

それが彼らのシェアが一貫して上昇している理由です。

リストに登場する最初のRTXカードは、2019年10月時点で1.60%のシェアを持つRTX 2060で、SteamユーザーがPCで実行している10番目に人気のあるGPUです。

AMD Radeon RX 580は、RTX 2060と同じシェアで11番目のスポットを占め、11月末までにそれを上回ると予想されます。

RTX 2070は、1.47%のシェアでRX 580に隣接し、GTX 1660 Tiは1.40%のシェアで12位になりますが、RTX 2070、RTX 2060、RX 580を合わせたよりも大きなマージンで上昇します。

RTX 2080Ti(0.56%)とRTX 2080(0.93%)の両方のシェアは、現時点で0.16%のシェアであるRX 5700 XTよりもはるかに大きくなっています。

より驚くべき数字は、GTX 1080 Tiが現在9位であり、1.62%のシェアを占めていることです。これは、パフォーマンスに対する比類のない価格によるものです。

約500 USドルでカードを購入することができ、RTX 2080に近いパフォーマンスを提供し、11 GBのメモリを利用できるためです。

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce GPUs Strike Hard At AMD’s Radeon In The Discrete DIY Market – Green Team Share Climbs 5% As AMD Share Falls Below 30% In Q3 2019

 

解説:

JPRのGPUシェアに関するレポートが出ました。

それによると2019年Q3はQ2と比較してAMDが-5%、nVidiaが+5%となったようです。

RX5700/XTを発売して一旦は盛り返したAMDですが、SUPERシリーズの発売などでまた押し戻されてしまったようです。

SUPERシリーズのラインナップには疑問を感じることもありますが、このようにして数字が出るとやはり効果があるのだと納得せざるを得ないです。(笑

さらに実態に近いSteamの調査によると、GTX1060やGTX1050Tiの中古を購入する人もまだまだ多く、かなりのシェアを占めているようです。

また、意外なことに型落ちとなったGTX1080Tiが1.62%も使われているようです。

確かに同じ性能のRTX2080はあまりお得感はありませんから、GTX1080Tiを求める人がいるのもわかるような気がします。

レイトレーシング無しとはいえ、メモリは11GBでRTX2070/SUPERよりは性能が明確に上です。

日本では7万円くらいですが、アメリカだと$500程度で売っているようですので、1ドル=100円の間隔だと確かにお得感があります。

この集計にはGTX1660SUPERとGTX1650SUPER、RX5500は含まれていませんので、Q4の結果が出たらどうなるのか興味深いところです。

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

新製品RTX2000SUPERシリーズ

GTX1600SUPER

 

ハイエンド(性能重視)

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

 

-GPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.